「エコ」の検索結果(280件)

記事

新年度の始まり!4月にもっとも読まれた記事をプレイバック!

新年度が始まり、早くももうすぐ2ヶ月が経とうとします。新しい生活・環境が始まった方は、慣れましたでしょうか。さて、CarMe[カーミー]では4月公開された記事の中で、どの記事が一番読まれたのか、もっともアクセス数の多かったトップ10を紹介します。文・CarMe[カーミー]編集部

  
2913

GWドライブに行く方必見!山道での燃費に良い走り方

ゴールデンウィークシーズンが到来しました。島国の日本でドライブを楽しむとなると、山道を走る機会も多くなります。ここでは、安全に、かつ燃費の良い山道の走り方をご紹介します。

  
6447

【プロフェッサー武田の試乗記】懐古派ジャガー愛好家、良い意味で裏切られた4気筒ターボ「F-TYPE」

1922年に「スワロー・サイドカー」として創業して以来、あと数年で100周年を迎えようとしているジャガー。その長い歴史の中で創造された「最高傑作」と言えば、筆者を含む多くのファンが「E-TYPE」の名を挙げるに違いない。文・武田公実

  
4234

エコで燃費に良いのに!アイドリングストップが好まれない理由

燃費向上、環境に優しいという理由で、近年広く普及している「アイドリングストップ機能」。しかしこの機能を好まないというドライバーも多いようです。各メーカーが広く採用しているのに嫌われてしまうのは、どんな理由があるのでしょうか。文・吉川賢一

  
38665

アクセル操作でスロコンON!シエクルのレスポンスブースターフルオートとは?

日常的にクルマに乗っていると、急勾配の坂道や、高速道路での合流など、瞬発力が必要なシーンで「もう少しレスポンスよく加速してくれたらなあ」と思うこともありますよね?そうなると、パワー不足を嘆きたくなるところですが、実はこれ、電子スロットルが原因ということも少なくないのです。

  
4125

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.40 ブランディングの重要度

クルマ業界に限らず、日本企業に不足しているのがブランディングだ。ブランド価値のない商品は泥沼のような価格競争に巻き込まれ、企業だけでなく下請けや小売店も次第に疲弊していく。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.120 2012年11月号]

  
159

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.60 燃料電池車を照らす大発見

トヨタが来年に市場投入を予定している燃料電池車(FCV)。ホンダもそれに追随する見込みで、ついにFCVが街を走る時代がやってくる。text: 岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.140 2014年7月号]

  
484

きちんと理解していますか?エコカー減税についてあらためて確認!

4月となり、会社や役所が新しい年度に入りました。それにともない、エコカー減税の内容や対象車が見直されています。2018年(平成30年)度のエコカー減税は、どのように変わったのでしょうか。乗用車のエコカー減税について紹介します。

  
2355

岡崎五朗のクルマで行きたい VOL.58 クルマにスマイルランプ

先日、横浜で首都高が主催するトークショーに出演した。テーマは「首都高を楽しく安全に走ろう」というものだったのだけれど…いざスタートすると思わぬ方向へと話題が進んでいったのだった。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.138 2014年5月号]

  
527

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.84 BMWのテーマパーク

特集原稿でも少し触れたが、お台場にオープンした「BMWグループ東京ベイ」は度肝を抜く規模とクォリティをもつ施設だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.164 2016年7月号]

  
923

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.37 ドライバー視点が欠けている

ネットサーフィンをしていたら「海外道路調査団派遣」なるちょっと気になる海外ツアーを発見した。募集元は高速道路調査会という公益財団法人。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.116 2012年7月号]

  
109

フェアレディZ、ソアラ、RX-7…"ネオクラシックカー"のススメ

最近、「ネオクラシックカー」が注目を浴びています。日本車の場合、「クラシックカー」と呼ばれる車が1960年代から70年代あたりを指すのに対して、「ネオ」はそれよりも新しい世代、つまり1980年代から90年代頃までの車を指します。

  
9083

実用的なスタンダートタイヤ KUMHO ecowing ES31をテスト

CarMe編集部ではこれまで、クムホタイヤの実力を確認するためいくつかのタイヤを評価してきました。いずれのモデルも期待を裏切らない高い性能を見せつけてくれましたが、これはすべてプレミアム系タイヤでの話。真の実力というのはベーシックなモデルを評価してみないとわからないということで、...

  
3699

フランス車を考える

「サイクル・オブ・ライフ」という言葉をご存知だろうか。ルノーのデザイナーであるオランダ人のローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏が2013年に発表した全く新しいデザイン構想のことだ。text:岡崎心太朗 [aheadアーカイブス vol.146 2015年1月号]

  
516

おしゃべりなクルマたち Vol.52 同伴免許という制度

息子が16歳を迎え、自動車学校に通いはじめた。彼が待ちこがれていたイベントのスタートだ。当地でも普通免許の取得年齢は18歳からだが、それより2年前、16歳になると同伴免許なるものを取得することが出来る。text:松本 葉 イラスト:武政 諒 [aheadアーカイブス vol.12...

  
108

史上最高の曲線美をもつアルミホイール 新生WORK SCHWERTシリーズを新型リーフに装着

WORKが2008年に発表したVARIANZA SCHWERT(ヴァリアンツァ シュヴァート)はコンフォートVIPをラグジュアリーへ進化させるべく誕生し、数多くのファンを魅了しました。SCHWERTの名前の通り西洋剣をデザインモチーフとし、天面にポリッシュ、ベースカラーにブラック...

  
8135

ビッグマイナーチェンジしたスバル BRZ

シンメトリカルAWDを採用し、安定した走りを提供することが信条だったスバル。だからこそFRレイアウトを採用するBRZは異端児だった。トヨタとの共同プロジェクトでスタートしたFRスポーツカーは、今にして思えばスバルに新たなる風を吹き込んだ1台だ。text:橋本洋平 [aheadアー...

  
318

ポルシェとBMWがベンチマークにされる理由

若かりし頃は新型車の試乗となったら、とりあえずアクセルを床まで踏みこみ、コーナーへは可能な限り高いスピードを保ったまま飛び込んでみたいという衝動に駆られたものだが、最近ではもっと手前、いやむしろクルマが動きだす瞬間など微細な領域が気になるようになってきた。text:石井昌道 [a...

  
1534

電動パーキングブレーキにはどんなメリットがあるのか?

車を駐車する際に、必要なパーキングブレーキには、これまで運転席シートの横にあるサイドレバー式や、運転席の足元にあるフット式などが多く使われてきました。しかし最近では、電動パーキングブレーキを搭載する車が増えています。パーキングブレーキが電動になることで、車にはどういったメリットが...

  
32254

売る側の責任の果たし方

ルノースポールは、「Journees passion(ジュルネ・パッション─情熱の日)」というドライビング・レッスンを開催している。もともとはフランスの小さなサーキットで行っていたが、人気が高いため規模が拡大していき、今では欧州各国のF1サーキットも使用する。その「Journee...

  
202
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives