「エアコン」の検索結果(292件)

記事

高速道路がラクで楽しい!VTECターボエンジン搭載のヴェゼルに試乗してみた

昨年、ビッグマイナーチェンジを果たしたホンダのコンパクトSUV「VEZEL」(ヴェゼル)。2019年1月末、1.5リットル直列4気筒のVTECターボエンジンを搭載した「VEZEL TOURING・Honda SENSING」が新たに追加された。先に結論から申し上げると「運転がとて...

  
5927

ランチア・ストラトスの英国製レプリカ「the STR」、日本での輸入販売開始!

先ごろ東京都墨田区にガレージをオープンした「ジェイブランディング:UK CLASSIC FACTORY」では、英国リスターベル社が開発・製作するランチア・ストラトスのレプリカ「the STR」および、同じく英国AKスポーツカーズ社が製作するACコブラ427のレプリカ「AK427」...

  
1621

レースカバーや木製ビーズクッションなど…最近見かけなくなったシートアクセサリー3選

シートの色や素材は、インテリアの雰囲気を決定づける大事な要素。最近では、レザーとファブリックを組み合わせたものや、ステッチのパターンや色でアクセントをつけたものなど、さまざまなタイプが存在していますが、それでもさらにオリジナリティを求めてレザー調のシートカバーを装着する人もいます...

  
9564

ジャパンキャンピングカーショー2019で見つけた、キャンピングカーのおもしろ機能たち

年々、快適性能が上がっているキャンピングカー。もはや家といえるような内容であったり、キャンピングカーならでは、という機能がいっぱいあります。先日行われた「ジャパンキャンピングカーショー2019」で見つけたそんな機能を紹介します!文/写真・栗原祥光

  
30473

デザインや技術など、未来的なコクピットのクルマ5選

どの時代も挑戦的ともいえるデザインやユーザーインターフェイスを備えたインパネ(コクピット)のクルマが存在してきた。現行モデルで未来的(近未来的)なクルマをピックアップしてみよう。文・塚田勝弘

  
4974

コクピットのトレンドを調査せよ

発売されたばかりの新型アウディTTにはホントに度肝を抜かれた。コクピットのことである。text:今井優杏 [aheadアーカイブス vol.155 2015年10月号]

  
696

自動運転車へのサイバー攻撃は防ぐことができるのか

テスラモーターズやウーバーなど、IT系企業も参入を始めている自動運転車ですが、現時点では車両の技術的課題に加えて、インターネットを使用するために、車両がサイバー攻撃を受ける危険性もささやかれています。現在、自動運転に取り組んでいるメーカーは、サイバー攻撃をどのように考えているので...

  
1323

断熱により燃費アップ!? グラスピッドのクールベールの効果とは?東京オートサロン2019

グラスピットは「熱さ」と「紫外線」を大幅カットして車内温度の上昇を抑える「クールベール」をメインとした出展となりました。グラスピットは2005年からRE 雨宮レーシングチームの公式スポンサーになっていますが、今年のオートサロンではRE雨宮の隣にブースを構え、グラスピットのデモカー...

  
6345

車内に白を取り入れよう!車でできる運気アップに有効な5つの方法〜基礎編【2019年版】

いつも乗る車を開運仕様にできたら、嬉しいですよね!身の周りの環境を整えることで運気をアップさせることのできる「風水」は、住宅やインテリア、身に着けるものだけでなく、車にも当てはまります。車に乗る時の行動をあらためて意識することで、これからのカーライフはもちろん、日々の生活において...

  
1988

ハイブリッドカーの補機バッテリーがあがったときの対処法は?

ハイブリッドカーは、大容量のバッテリーを搭載しているため、「バッテリーあがりがない」と考えている方も多いようです。しかし駆動用バッテリーのほかに、普通の乗用車と同じ12Vのバッテリーが載っており、長期間クルマに乗らなかったりするとバッテリーあがりを起こします。今回は、ハイブリッド...

  
2454

【冬キャンプにおすすめ】関東近郊の通年営業しているキャンプ場5選

関東近郊の冬キャンプを楽しめる設備が充実している通年営業のキャンプ場をご紹介します。

  
567

いつもとは違う携行品が必要!? スノードライブに役立つアイテムとは?

普段のドライブとは、まるで違うシチュエーションになる降雪地帯。だからこそ、いつもとは違う携行品が必要となります。今回はスノードライブで役立つアイテムをご紹介しましょう。文・山崎友貴

  
21185

初代から現行ハイエースまで、歴代モデルを振り返る。

さまざまな業種で活用されているだけでなく、キャンピングカーのベースとしても人気の高いトヨタ ハイエース。その信頼性と耐久性の高さは、世界各国で認められ、多くの人に愛用されています。そんなハイエースの歴史をたどってみましょう。文:立花義人

  
1657

じつは間違いだった!? タイヤの正しい保管方法とは?

いよいよ冬シーズンも本番となり、夏用タイヤからスタッドレスタイヤに交換するという人も多いのではないでしょうか。ところで、あなたはタイヤの正しい保管方法を知っていますか?今回は意外と誤解されているタイヤの保管方法についてお話します。文・山崎友貴

  
10173

中古車を購入するなら必ずチェックすべきこと4選

中古車は一期一会。新車であればどこで買っても同じ状態であることが担保されているといえるが、中古車は個体差があるものだ。オークションが広まったことで、割合に全国どこでもコンディションと価格は同じ程度になっているが、同じ値段で同じものが買えるという商品ではない。つまり、まだまだユーザ...

  
2331

ラジエターに詰まった汚れ、これってどうやって落とせばいいの?

年末といえば大掃除。普段は目にしないところに、ほこりがたまっているのを見つけることもあるだろう。クルマにもそうした場所はある。洗車をまめにしていても、ホイールの内側までは洗っていないだろうし、ボンネットを開ければエンジンルームに土ぼこりが付着しているのを見つけることもある。なかで...

  
12202

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種

農作業から宅配便、さらには移動販売など、さまざまなシーンで活躍する軽トラック。現在、新車で販売されているのは、スズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼット、ホンダ アクティの3車種です(※この他のメーカーはOEMとなります)。今回は、これら3車種の特徴のいくつかを項目別に比較していきま...

  
4840

新型ジムニーシエラ、「JC」と「JL」どちらのグレードが売れている?人気ボディカラーは?

先代の1.3Lから「K15B」型の1.5Lエンジンに排気量アップが図られたジムニーシエラ。軽自動車のジムニーが同モデルの本筋なのは間違いないとはいえ、速度域の高い郊外路や高速道路も頻繁に走るとなると、新型はとくにジムニーシエラの存在感が高まるのは必至だろう。ジムニーよりも生産台数...

  
5699

ピンクと緑の冷却水。色によって違いはあるの?

メンテナンスのチェック項目に入っている冷却水。正式名称をロングライフクーラント(LLC)といい、水冷エンジンの冷却に欠かせない重要な部品です。その冷却水には、ピンクや緑など色が付いていますが、色によって違いはあるのでしょうか?文・赤井福

  
8892

2018年を代表する新型SUV「スズキ ジムニー」の売れ筋グレードは?

本格クロカン系からスーパースポーツカーブランドの超高級SUVまで、2018年も新型SUVが続々と登場した。日本市場でクルマ好き以外からも注目を集めた1台を取り上げるならやはりスズキ ジムニーだろう。20年ぶりにフルモデルチェンジを受けた最新モデルの売れ筋グレードは?文/写真・塚田...

  
22291
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives