「ウインカー」の検索結果(94件)

記事

トヨタC-HRの外装画像レビュー【SUVクーペの注目ポイントを徹底チェック】

発売前から話題のトヨタの小型SUVのCHR/C-HRが2016年12月14日に発売されましたね。このモデルは発売前から大人気となっており、納期・納車待ちが日に日に長くなっているそうです。そんなCHR/C-HRですが、東京お台場にあるトヨタのショールームメガウェブ(MEGA WEB...

  
1646

ホイールを光らせるチューニング…これって車検通るの?

クルマやオートバイのカスタムで、ひそかにブームとなっているのが「光るホイール」ではないでしょうか。ホイール自体は発光していなくとも、ブレーキ周りなどにLEDを仕込んだり、ホイールキャップやバルブを光らせるようにすると、ナイトドライブでホイールに、まさに輝きがプラスされます。周囲へ...

  
32701

新型シビックタイプRの外装比較!ハッチバックとはここが違う!

2017/10/26

  
3062

スタイリッシュなデザインがかっこいい!N-BOXカスタムの外装デザイン

新型N-BOXには、比較的大人しめの外観のノーマルモデルと、よりスタイリッシュなカスタムモデルが用意されます。2017/10/12

  
1780

新型カローラは安全性能が抜群!【Toyota Safety Sense Cの性能とは?】

新型カローラアクシオ、フィールダーには、様々な安全装備が充実しております。メーカーの売り文句としても、全方位型セーフティーとなっていますので、カローラの安全装備の本気具合が伝わってきます。この記事ではカローラの安全装備について解説します。2017/12/13

  
1739

新型アルファードHYBRID Xの外装をチェック!【 マイナーチェンジの変更点は?】

2018年1月8日に発売された新型アルファード。3代目が登場してから初のマイナーチェンジとなります。この記事では、ハイブリッドモデルの最廉価グレードである「HYBRID X」を中心に、新型アルファードの外装の特長についてご紹介いたします。2018/2/15

  
2323

新型ムーヴの外装デザインチェック!【グリルとホイールが新しくなった】

2017年8月にマイナーチェンジを行ったダイハツ ムーヴ。見た目ではどこが変わったのでしょうか、変更点について説明していきたいと思います。※画像はムーブXSAⅢのものです。2018/1/11

  
646

新型ヴェルファイア HYBRID Zの外装をチェック!【マイナーチェンジの変更点は?】

2018年1月8日にマイナーチェンジをおこなったヴェルファイア。今回は主に外装・エクステリアの変更点について、説明していきたいと思います。※今回試乗したのはヴェルファイア HYBRID Zですが、画像はヴェルファイア Zのものとなっています。2018/2/19

  
8411

マツダ CX-8 XD L Package外装画像レビュー【標準車とのデザインの違いをチェック!】

2017年にデビューしたマツダの3列シートSUVのCX-8ですが、見た目は他のマツダと同様のデザインなのでしょうか?写真とともに似ている点そうでない点含めて説明していきます 2018/4/24

  
30968

マツダ CX-8 XD L Package試乗レビュー②【取り回しのしやすさ&安全性能をチェック!】

運動性能ばかりに目が行きがちなCX-8ですが、安全装備や安全性能に関しても抜かりはないはずです。どんな安全性能があるのか、それ以外にも視界がいいのか取り回しがどうなのかも気になりますね。それらについて説明していきましょう。2018/2/27

  
3352

デジタルアウターミラーや靴べら差しなど…今新車で買えるユニークな装備を持つ国産車5選

1980~1990年代の国産車では「日本初」、「世界初」といった装備を与えていることがセールストークのためには必須といえる状況もあった。さすがにクルマ社会も熟成すると、重箱の隅をつついたような世界初や、何の役に立つのかわからないような日本初を求めることはなくなってきたが、それでも...

  
31078

運転で他車をキレさせないコツと、キレられた時の対処法はコレだ

今回のテーマは話題の「路上でキレられない方法」です。“堪忍袋の緒が切れる”という慣用句がありますが、人はそれぞれ固有の堪忍袋を持っていて、容量も貯まるスピードもそれぞれ違うもの。同じ人にいつもと同じようなことを言っただけなのに、相手の虫の居所がたまたま悪かったのか、予想外にキレら...

  
4082

軽自動車も!? 流れるウインカーを標準装備している国産車たち

流れるウインカーは、光が連続的に流れるように点滅するため、シーケンシャルウインカーやシーケンシャルフラッシャーなどと呼ばれている。シーケンシャルは「連続的な」という意味。輸入車やダンプカーではお馴染みだったが、2014年10月の「装置型式指定規則」および「道路運送車両の保安基準の...

  
4528

SUZUKI 隼(ハヤブサ)

今回、隼に初めて乗ったのだが、見た目とは違い乗り易かった。197馬力を発揮しているバイクとは思えないほど従順で、低速域を多用する渋滞路から、峠道や高速ツーリングまで、すべてのシチュエーションを受け入れてくれる懐の深さがある。隼は上品なグランドツーリングマシンだと思う。text:神...

  
1023

丸目4灯ではないハコスカGT-R、エクサ…個性的なテールランプの国産車5選

ヘッドライトやフロントグリルはクルマが個性をアピールするのに打ってつけのエリアだが、走り去るときに印象的なのはテールランプ。明るさや高さなど様々な法規要件を満たす必要があるため、どうしても「どこかで見た感じ」になりやすい。とはいえデザイナーも工夫を凝らしている。ここでは幅広い時代...

  
9652

どこにあるの!? ウインカーレバーがないクルマ3選

運転中、頻繁に操作する必要があるウインカーレバー。国産車なら、ステアリングコラムの右側に、ライトなどの操作も兼ねたレバーが装着されています。ところが最近、ウインカーレバーのないクルマが現れました。それはどんな構造で、どうやって操作するのでしょうか?文・立花義人----------...

  
9382

日本仕様の輸入車、なぜ右ハンドルなのにウインカーは左のままなの?

最近では、輸入車といっても右ハンドル仕様を選ぶユーザーが増えています。しかしウインカーレバーの位置は、ハンドルポストの左側。左ハンドルのときと変わっていません。レバーが右側にある国産から輸入車に乗り換えた直後は、誰しも戸惑います。左ハンドルをわざわざ右ハンドル仕様に変えているので...

  
9668

あなたもじつは違反かも!? うっかりやっている違法改造3選

フロントスクリーンにステッカーを貼ってしまう、ドライブレコーダーを法規以外の場所に設置してしまうなど、知らずにうっかりやってしまいそうな違法改造を集めてみた。文・塚田勝弘-------------------------------------------------------...

  
8952

和製デロリアン!? いすゞのピアッツァとはどんな車?

およそ日本車とは思えないほどスタイリッシュなデザイン。これが本当に1980年代の日本で市販されていたのかと、訝しんでしまうであろう車がありました。その名前は「Piazza(ピアッツァ)」。和製デロリアンとも称される1台をご紹介します。文・西山昭智

  
4639

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.107 関税25%の思惑

トランプ米大統領が、通商拡大法232条に基づき乗用車の関税を現在の2.5%から25%に引き上げることを検討していると報じられた。これが実行されたら日本の自動車メーカーは大打撃だ。いや、大打撃どころか息の根が止まるだろう。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.187...

  
1557
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives