「インド」の検索結果(384件)

記事

ドアミラーの外側や下側にある黒い線、これってなに?

長年、後方を確認する補助として役割を果たしてきたのがミラー(鏡)だ。後方確認用として最初にミラーが採用された時期や車種は定かではないが、その登場時から素材は鏡。ルームミラーもドアミラー(かつてのフェンダーミラーもサイドアンダーミラー)もすべて鏡で、後方を視認する一躍を担ってきた。...

  
9255

日本で人気のミニバン、なぜ海外では人気がないの?

日本市場で大人気のミニバン。輸入車モデルも日本市場で販売されてはいますが、街で見かけるミニバンのほとんどは日本車。これだけ日本車のミニバンが街にあふれているということは、海外でも日本車のミニバンが人気なのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、じつはそうでもありません。なぜミニ...

  
6572

車庫証明のステッカーが貼られていない車。これっていいの?

たまに、車庫証明のステッカー(保管場所標章)が貼られていない車を見かける。車庫法によって貼る義務があるはずだが、罰則はないのだろうか。今回は保管場所標章についてみていこう。文・山本晋也

  
65360

ベントレー100周年!最高速度333km/hの新型コンチネンタルGTコンバーチブルを発表

2017年秋のフランクフルト・ショーにて世界初公開されたベントレー三代目コンチネンタルGT。初代および二台目の通例から、コンバーチブル版の追加設定は時間の問題とも目されていた。その予測を裏付けるかのごとく昨2018年晩秋に、まずはオフィシャルフォトと概要のみが発表されたことは、記...

  
32360

平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part.2

まもなく、2019年4月30日をもって平成が終わります。平成は、ホンダ NSXや日産 スカイラインGT-Rなど、多くの名車が誕生した一方で、何らかの事情ですぐに販売終了となってしまった短命のクルマもありました。そんな、平成に誕生するもすぐに消えてしまった短命のクルマ5選 Part...

  
5948

街のバイク屋がなくなる日 VOL.1

昨年6月、カワサキモータースジャパンが国内販売網の再編を発表した。カワサキ全モデルを扱う「カワサキ専門店」と、排気量400㏄までとする「カワサキ正規取扱店」の2チャネルとし、2019年度までにカワサキ専門店を現状の6店舗から120店舗まで増やす計画だ。text:山下 剛 phot...

  
1088

いい大人が乗ってもさまになる HONDA CRF250RALLY

このバイクはいわば「ラリー・レプリカ」である。2013年にダカールラリーに復帰したホンダのファクトリーチーム、HRCのCRF450ラリーのスタイリングをできるだけ忠実に再現し、250㏄というリーズナブルな排気量クラスで商品化した。写真で見るより実物はずっとカッコいい。text:春...

  
805

帰ってきたインサイトに公道試乗!普遍的なクルマの良さを実感した

ホンダから3代目となる「インサイト」が登場した。「インサイト」という名前は、初代、2代目とハイブリッド専用モデルであった。1999年に登場した初代は超空力性能を持つアルミボディと専用の3気筒エンジンによって世界最高レベルの燃費性能を実現した2シータークーペ。2009年にデビューし...

  
5199

【妄想記事】2000万円で何台買ってもOK!あなたならどんな車を買う?

年末ジャンボ宝くじは予定通り(?)とはいかず、むなしい結果に終わってしまったという人が大半でしょう。しかし、もし宝くじが当たったらどんなクルマを買おうか…と妄想するのはクルマ好きにとっては楽しい時間。さすがに億単位になると妄想するにもK点オーバー。今回はリアリティの感じられるギリ...

  
12582

有鉛ガソリン仕様車には、今どのガソリンを入れればいいの?

もはや、ほとんど見ることはないが、旧車系ミーティングなどにいくと「有鉛ガソリン」というステッカーが、リアウインドウに貼られているクルマを見かけることがある。文・山本晋也

  
6142

オールドファンには懐かしいTグレードがポルシェに復活!

2017年10月、ポルシェ911シリーズに、ツーリング(Touring)を意味する「T」グレードが追加されました。2018年には、ボクスターとケイマンにも追加されたTとは、どんなモデルなのでしょうか。文・西山昭智

  
1560

滅多にない大雪注意報が発表!事前にできる対策は?

普段、滅多に雪の振らない地域に住んでいると、雪への備えは怠りがちです。そんな地域であっても、雪のなかを運転しなければならないことがあります。翌日の天気予報で雪が予想されるとき、どんな備えが必要なのでしょうか。私たちが、雪の前にできる対策について確認しておきましょう。文・吉川賢一

  
5893

キャリイ、ハイゼット、アクティ。似ているようで違う、軽トラック3車種

農作業から宅配便、さらには移動販売など、さまざまなシーンで活躍する軽トラック。現在、新車で販売されているのは、スズキ キャリイ、ダイハツ ハイゼット、ホンダ アクティの3車種です(※この他のメーカーはOEMとなります)。今回は、これら3車種の特徴のいくつかを項目別に比較していきま...

  
4840

SPECIAL ISSUE クルマとバイクの世代論

「クルマ」や「バイク」と一言で言うが、世代によってその捉え方はまったく異なる。品格ある絶対的存在としてクルマがあった時代、自らの成功を証しするものとしてクルマやバイクに憧れを抱いた世代、そしてクルマやバイクが単にひとつのツールとなった世代。世代によってクルマ観はさまざま。それでも...

  
981

ドライバーの飛距離アップをヘッドスピード以外の要素で実現する方法

ゴルフボールはなぜ遠くまで飛ぶのか?色々な要素があるのに、ほとんどのゴルファーはヘッドスピードにしか興味がない。ドライバーを飛ばしたいという気持ちとストレートに結びつくのがヘッドスピードだからでしょう。その結果、力み、手打ちが生じます。女子プロはヘッドスピードが40m/sなのにド...

  
1343

旧車なのに未来感あふれるクルマ5選

過去と未来を行き来する映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場してくるデロリアンDMC-12は、1985年の公開当時は非常に未来的なモデルに映ったという方も多いはず。デロリアンは未来のクルマを具現化したモデルだが、旧車なのに未来感あふれるクルマというのは昔から存在する。ここで...

  
23685

目指せ!カントリージェントルマン VOL.13 2回目がいいところ

サーキットを走るとき、素人が犯しやすいミスがある。早めにブレーキングを終えてしまい、ブレーキペダルの踏力を緩めてしまうのである。けれどレーシングドライバーの友人曰く、ブレーキのタイミングは最初が全てであり、セカンドチャンスはないという。text/photo:吉田拓生 [ahead...

  
212

目指せ!カントリージェントルマン VOL.14 懐かしさに変わる頃

今日も“群サイ”は雨と深い霧に包まれていた。微かに勾配のついたホームストレートの真ん中に立ってみると、今でもやっぱり膝から下の筋肉がしびれたようになって、力が入らなくなる。text/photo:吉田拓生 [aheadアーカイブス vol.190 2018年9月号]

  
178

インドアゴルフスクールが人気です!今はレッスンもデータを駆使する時代!

ゴルフを愛するゴルファーの皆様は、ゴルフの楽しさをもちろんよくご存知だと思います。しかし、近年のゴルフそのものの人気は、あまり好調とは言えません。例えばゴルフ人口は、2000年には1300万人ほどだったのに対して、2015年には720万人にまで減少してきています。特に若年層のゴル...

  
253

EVオヤジの未来予想図 VOL.5 EVシフトに必要な勇気

現在のガソリン自動車の原型は、1886年にカール・ベンツとゴットリーフ・ダイムラーの2人によって発明された。つまり現代の自動車は、19世紀の技術の継承に過ぎないのだ。‌text:舘内 端  [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
531
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives