「インチアップ」の検索結果(66件)

記事

大径メッキ・US鍛造・ディッシュ・小径リム深…ホイール流行20年の軌跡

この20年のホイール流行の軌跡…と言っても2017年現在から20年前と言えば1997年ですから、そう遠い昔でも無いように感じます。現在に至るホイールのデザインは、すでに出尽くしていた感があり、そこから純正採用まで普及していく過程に入った時期でしょうか。

  
29733

アバルト124スパイダー、マツダ ロードスターがベースだけど全く違う!?

伝統のモデル復活となったアバルト124スパイダー。前回の記事では、そのベースがマツダ ロードスターであることや、パワーユニットなどの違いを紹介しましたが、まだまだ細かいこだわりや違いがあります。そこで今回は、両車比較の第2弾をお届けします。

  
31885

ツライチやインチアップをすることで速くなるのか?

足回りのドレスアップカスタムの定番ともいえるのが、インチアップやツライチ加工。これは見栄えに直結しますので、そうした方向性を求める方には満足度の高いカスタムメニューです。では、実際の走行性能にはどんな影響があるのでしょうか?

  
39019

「ハイパーマックスG」に変えたら、ロングドライブが楽しくなった。

すべて自社で生産されているHKSのサスペンションキット。その利点を存分に活かして製作された最新モデルが「ハイパーマックスG」シリーズです。上質であることにこだわって、設計された「ハイパーマックスG」は、車高ダウンによるネガをすべて排除したといっても過言ではない、素直なハンドリング...

  
22475

初心者だけど玄人感を出したい!そんなカスタム術とは 〜足回り編〜

「初めてのカスタムなんだけど、どうしたら素人っぽさを消せるんだろう?」なんてことを考えながらカスタムする人は少なからずいるかと思います。カスタムして、そのたびに変わっていく相棒の姿を見るのが楽しくて、とりあえず色んなモノをつけてみる。カスタムの第一歩ってそこですよね。しかし周りか...

  
14706

最近のMのブレーキが気になる、ハイパフォーマンスカーブレーキ事情

クルマのドレスアップの定石といえばインチアップ&ローダウンです。もちろんドライブフィールやサーキットにおける戦闘力アップにも大きく関わるカスタマイズですが、大径ホイールで愛車のエクステリアを個性的に飾りたいとお考えの方は少なくないと思います。ただ、細めのホイールスポークの間から、...

  
16943

アルファード/ヴェルファイア用サスKIT~上質を追い求める人のために~ HKS「HIPERMAX G...

上質で自然な乗り味と優れた静粛性、剛性感を実現した、新しい純正形状単筒式サスペンション「HIPERMAX G (ハイパーマックスG)」がHKSから誕生しました。初期の適合車種は30系アルファード・ヴェルファイアで、今後増える予定。耐久性にも優れ、購入時から3年または6万km保証も...

  
24692

上級ミニバンのホンダ エリシオン プレステージのカスタマイズや燃費、中古市場はどうか?

生産終了になった今でも根強い人気を誇る、ホンダの上級ミニバン「エリシオン プレステージ」。ステップワゴンやオデッセイなどのカスタマイズ色が強い車に比べると大人しい印象の車です。今回は、そんなエリシオン プレステージのカスタマイズや中古市場についてご紹介します。

  
25753

20インチも当たり前…ホイールはいつから大きくなったのか?

最近では20インチ以上のホイールは当たり前のようにあり、軽自動車ですら純正で16インチホイールを採用している車種があります。それにも関わらず未だに「新車のサイズでないと車検に通らない」と思い込んでいる人もいる過渡期ではありますが、ホイールはいつからこのように大きくなったのでしょう...

  
89485

ホイールの「J」という単位は何を表しているのか?インチアップ時の注意点

アルミホイールを購入するときには、様々なサイズを検討するわけですが、「18X8J」などの表記を見ることが多々あると思います。このホイールのサイズ表記にある、「J」という記号…これは何を意味しているのかでしょうか。今回はこの詳細を見てみましょう。

  
265498

ホイールをインチアップすると「乗り心地」が悪くなる!? 乗り心地を確保する方法は?

気軽に行えるカスタムの1つであるホイール交換。インチアップも行えば見た目にもカッコ良くなります。しかし、一般的にホイールのインチアップを行うと燃費が悪化したとか、乗り心地が悪くなったというような声も聞こえてきます。今回はそんなホイールのインチアップを行った際に乗り心地の確保は可能...

  
242260

なぜミニバンのタイヤは片減りしやすいのか?

ミニバンの話題で、しばしば取り上げられる問題のひとつが「タイヤの片減り」です。とはいえ、条件によってはミニバン以外でも発生しますし、ミニバンの台数が著しく増加していることによって強調されているといった面もありますが、ミニバン独特のパッケージにも問題があるようです。

  
64984

車のホイールコーティングはした方が良い?そのメリットは?

近年、アルミホイールの価格も下がってきました。昔はアルミホイールとタイヤの交換で20万…ということもザラでしたが、最近では、国産のちゃんとしたホイールでも4本で10万そこそこから。また、純正装着も増えてきており、あえてアフターパーツのアルミホイールを付けない…という選択も増えてい...

  
96868

車が真っ直ぐ走らない…なぜステアリングセンターはズレるのか?

車を新車で買ってそのまま乗り続けている人にとっては、あまり関係がない話かもしれませんが、車イジりを始めると出てくるのがステアリングセンターの問題です。アライメントが合っていても、ステアリングのセンターがずれているということもあります。大きくずれていると諦めがつくと言いますか、すぐ...

  
237824

ターゲットは「裕福な中高年層」のホンダ レジェンド、どのモデルが人気?

ホンダのフラグシップに君臨するレジェンド。北米市場をメインターゲットとしているだけあって、その佇まいは他の国産メーカーの高級車とひと味違います。そんなレジェンドについて魅力や中古市場での状況について説明いたします!

  
17910

乗り心地は変わる?アルミとテッチンホイール、それぞれの良さは?

車好きなら愛車のカスタムに真っ先に思いつくのがアルミホイールではないでしょうか?性能的にもサスペンション下の軽量化は車体の軽量化の3倍の効果があったり、ハンドリングの軽さなど実用的なメリットがあるほか、外観がカッコ良くなる事も大きなポイントです。費用対効果の高さや満足感からアルミ...

  
43328

タイヤの扁平率と乗り心地の関係。低扁平タイヤの良さとは?

近年は車体の剛性向上や走行性能の上昇に伴い、車の足元であるタイヤもパッとみて以前とは異なると一目でわかる違いがあります。それはズバリ「扁平率」です。扁平率といえば乱暴に解釈するとタイヤ側面の「厚さ」の事です。以前は高性能なスポーツカーや大排気量なセダンでも16~17インチくらいで...

  
234877

軽ければ良い、偏平タイヤは性能がいい…これは思い込み?プロに聞いたタイヤ&ホイールの実態とは?

バネ下重量の軽量化は、1キロあたり車両全体でみれば4〜15キロもの軽量化に匹敵すると言われています。そのためタイヤホイールの軽量化により、ブレーキ、コーナーリング、加速、燃費…これらに良い効果があると言われます。 しかしそれも度が過ぎると、全体のバランスを悪化させ、本来の性能を落...

  
101841

近年増加しているアジアンタイヤ!その性能は?

「ハンコック」「クムホ」「NANKANG」こんな名前をカー用品店のタイヤコーナーで見かけたことはありませんか?ここ最近、日本でもよく見かけるようになってきたアジアンタイヤ。台湾、インドネシア、韓国、中国などのタイヤメーカーが製造するタイヤで、日本のタイヤ市場でも購入者が増加してい...

  
84183

前後で異径サイズのホイールや、幅が異なるタイヤのメリットとは?

FR車に採用される前後で幅が異なるタイヤや、MR車で見かけることがある前後異径のホイール。どのようなメリットがあるのでしょうか?

  
115550
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives