「インチアップ」の検索結果(62件)

記事

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.9 夫婦円満のワザ

発売されたばかりの『カーズ/クロスロード』のDVDを見ながら、娘と私が盛り上がっている横で、夫はなにやらスマホを睨み、せわしなく画面をスクロールしていた。こりゃ始まったなと、私はその画面になにが映っているのか、うすうす感づいている。text:まるも亜希子 [aheadアーカイブス...

  
29413

インチアップ、インチダウン…タイヤは標準サイズと違っても問題ないの?

標準装備されたタイヤのサイズは、メーカーがその車にもっとも適していると考え選んだものです。しかし、ドレスアップを目的として、メーカー推奨とは違うサイズのタイヤを装着している人もいます。今回は、標準タイヤと違うサイズのものを装着してもいいのか?車検の時や、安全面に問題はないのか?に...

  
3248

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープが...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族の横槍をかわしつつもオーナーも納得する最新カスタマイズ手法を探るべく取材を敢行。トピー実業とガレージベリーの協...

  
340

17インチと18インチ、タイヤサイズが選べるならどちらがいい?

クルマの購入の際、「オプションでインチアップできますよ」とか、「タイヤはどちらがいいですか?」などと聞かれたこと、ありませんか?多くの市販車は、オプション料金を追加することで標準よりも大きなサイズを選択できるようになりますが、格好を優先してサイズ選びを行うと、痛い目にあってしまう...

  
36518

新旧乗り比べてわかった、旧型ジムニーの楽しい部分

ヒット街道を爆走し、今年のカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しそうな勢いの新型ジムニー。でも、納車まで1年以上待つという狂おしい状況も。そこで、考えたい選択肢があえて旧型に乗るということ。新旧ジムニーを比較して、JB23/43型ジムニーの良さを検証してみました。文・山崎友貴

  
4857

BBS RE-Xをポルシェマカンに装着 モータージャーナリスト五味康隆氏の評価・インプレッションは?

BBS初のSUV向けアルミホイール「RE-X」が発売され、数ヶ月。各メディアでの発表への反響は非常に多く、大きな期待が寄せられています。しかし、高価で知られるBBS鍛造ホイールです。購入検討には色々な判断材料が必要かもしれません。そこで、CarMe編集部ではモータージャーナリスト...

  
6993

ドイツ車にはやっぱりBBS鍛造ホイールだよな?俺たちのBBS鍛造ホイール愛

ブランドの起源もさることながらドイツ車との親和性が高いBBS鍛造ホイール。その組み合わせは30年以上ファンに愛されています。そこでCarMe編集部ではBBS鍛造ホイールをジャーマンカーに履かせる、なんとも羨ましいオーナーたちに取材を敢行し、その思いを伺ってきました。憧れだけじゃな...

  
9222

ばね下の軽量化は、クルマに悪影響って本当?

ばね下の軽量化を”正義”と考えている方は多くいます。昔から、「ばね下1kgの軽量化はばね上○kgの軽量化に相当する」などと言われてチューニングに励んできたのですが、じつはばね下の軽量化にはデメリットもあるのです。そこで今回は、ばね下の軽量化によるメリットとデメリットについて紹介し...

  
24637

車のホイールの最大インチ、最小インチっていくつ?

年々、大径化が進む車のホイール。確かに大きいほうが足回りが引き立って見え、車の印象が変わりますよね。また、カスタムのなかでも手を出しやすく、見た目にもわかりやすいというメリットがあります。ところで、現在販売されている車のホイールには最大で何インチが用意されているのでしょうか?乗用...

  
23094

軽自動車に24インチ!? これっていいの?

車のホイールは、ひと昔前に比べて大径化の傾向にあります。軽自動車でも、大きなホイールを見かけることもあります。とくにドレスアップでは、18インチというサイズを装着する猛者もいるようです。そんな軽自動車に24インチの大径ホイールを装着することは可能なのでしょうか?

  
41109

いまさらだけど…タイヤのインセットとは

タイヤ選びはクルマの基本と、かつてあの近藤真彦さんも仰っていました。その大切なタイヤを装着するホイールは、車の走行性能を左右する重要なパーツのひとつです。しかし、いざホイールを選ぶとなると、分からない用語や数字が出てきて、ホイール交換を断念したという方もいるのではないでしょうか?

  
17652

ブレーキをいじってたら本物!? デキるヤツと思われるチューニング箇所3選

車のカスタムは無数にありますが、改造したことがあからさまにわかるほうが、周囲へのアピール度は高いと言えます。一方でブレーキやエンジンチューンなど、見た目にはっきりわからない改造は、見てくれよりも、性能を追求する通なカスタムとも言えます。今回は、見た目だけではない、機能性重視のデキ...

  
20372

【東京オートサロン2018】グッドイヤー、静粛性を究めた2種のコンフォートタイヤを出展

グッドイヤーはアメリカ生まれのタイヤメーカーで、1898年に米国オハイオ州アクロンにザ・グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーとして設立されたのがその始まりです。今年で120周年と大変長い歴史を持っています。自動車用タイヤ以外にも、飛行船(ブリンプ)製造のメーカーとして...

  
3126

【東京オートサロン2018】コンパクトカー、ミニバンにも光る個性を…トピー実業のホイール達

最新の鋳造解析技術を駆使してホイールを製造する確かなブランド、トピー実業。東京オートサロンにもその技術力とデザイン力を魅せる出展をしており、オススメの新作を聞いてみました。

  
3044

エアロパーツが車の燃費に与える影響とは?

一般の自動車ユーザーにとって、エアロパーツはドレスアップの手段であることが多いのですが、本来のエアロパーツは”エアロ=空気”を意味することでもわかるように、ボディまわりの空気の流れを整えることが主たる機能で、目的は空気抵抗の低減、ダウンフォースの増強、エンジンやブレーキの冷却など...

  
20842

トピーから新ホイールリリース!大人のカスタムはDILUCE(ディルーチェ)で決まり

大人のためのカスタムホイールとして新たに市場投入されたトピー実業の新ブランドが『DILUCE(ディルーチェ)』です。ワンランク上のデザインと質感を備えながら、気軽にドレスアップを楽しめるサイズ展開とリーズナブルな価格をコンセプトとしたDILUCEの第1弾。それが特徴的なスポークデ...

  
3139

7万円のオンボロ軽自動車でアジアンタイヤの是非を問う クムホECSTA HS51インプレッション

これまでCarMe編集部では、世間一般の"アジアンタイヤ=粗悪品"というイメージに対して、本当にそうなのか?と疑問を抱き、クムホタイヤ協力のもと、「実際のところ」を体当たり企画でレポートしてきました。しかし、タイヤに精通したジャーナリストのインプレッションも実施し...

  
19881

タイヤの組み換えと交換の違いとは?

関東では木枯らし1号が吹き、北の大地では積雪が観測されています。そろそろ冬ですね。この時期気になるのは、スタッドレスタイヤに履き替えるタイミングをいつにするかということです。ところで、タイヤ交換とタイヤ組み換えの違いって知ってますか?

  
33267

質実剛健を具現化したアルミホイール「アヌヴィアス」

トピー実業がアフターパーツ向けに展開しているブランド「アヌヴィアス」は、デザイン性を重視した同社のアート系ブランド。他車とは違った個性を愛車の足もとに求めるオーナーには、お勧めのホイールなのです。

  
3824

クルマにつけまつげ!これってメリットあるの?

車の定番カスタムといえば、ローダウンやホイールのインチアップ、マフラー交換などが主流ですが、最近、ヘッドライトに「つけまつげ」がついた車を見かけることはありませんか?以前は見かけないカスタムでしたが、近年は定番カスタムのひとつとなりつつあります。このつけまつげ、何かメリットがある...

  
29602
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives