「イタズラ」の検索結果(19件)

記事

なぜ昔のクルマには、給油口に鍵がついていたの?

昔は、ガソリンを入れるとき、車の鍵をスタンドの店員さんに渡す必要がありました。当時の車の給油口の蓋(フィラーキャップ)には、鍵がついていたからです。しかし現在は、そんな手間をかけずに給油が可能になっています。なぜ昔は、フィラーキャップに鍵が付いていたのでしょうか?文・吉川賢一

  
12498

どこにある?ドアノブに鍵穴が消えた理由

最近はスマートキー搭載車が多くなり、鍵穴にキーを差し込んで解錠&施錠することが少なくなりました。外見上も鍵穴が目立たなくなり、鍵穴が無いクルマも増えています。ここでは、消えた鍵穴の行方と、スマートキーで操作ができなくなったときの対処法を解説します。文・赤井福-----------...

  
6945

事故やいたずらでナンバープレートがボコボコに…どうしたらいいの?

ぶつけられたのか、いたずらされたのか。道を走っていると、ナンバープレートがボコボコになっているクルマをたまに見かけます。表面に傷などがついているくらいならまだしも、なにかにぶつかったり、引っ掛けたりなどで、プレートが変形してしまったら、どうしたらよいのでしょうか。どの程度なら、そ...

  
5409

どこにある?ドアハンドルが隠れた車5選 ー輸入車編

普段、車に乗り込む際に何気なく触れているドアハンドル。移動のための道具として車を見たとき、ドアハンドルは一目でわかりやすいほうが便利ですが、車のデザインや空力を語るうえでは、非常にやっかいな存在となります。今回は、使い勝手よりデザインや空力を優先して、ドアハンドルを隠した車を紹介...

  
18569

LAST CHANCE 憧れのままでは終わらせない

いつか、そのうち、貯金ができたら…。人生の折り返し地点を過ぎても若いころと同じ理由をつけてやりたいことを先延ばしにしていませんか。もしくは、仕事が忙しいとか子供がいるからと仕事や家族のせいにして自分をごまかしていませんか。text:小沢コージ、山下敦史、まるも亜希子、伊丹孝裕、p...

  
1761

買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷…そんな時の対応手順

愛車に乗り込もうとしたとき、駐車時にはなかった見覚えのない傷や凹みを発見したら、どのような対応をすればいいのでしょうか?対策と合わせて紹介します。

  
18667

めざせ!転ばないバイク

「バイクは自立しないからいいんじゃん!」そうかも知れません。いえ、でも世の中には「転ばないならバイクに乗ってみたい!」という人もいるのです。自立する2輪のバイクは今のところまだ実現していません。でも2輪より安定感のある3輪バイクはすでに存在しています。ヤマハの3輪バイク〝トリシテ...

  
1603

冬にボディカバーをかけた方がいい理由

夏の日よけや雨などによる汚れ防止として用いられるボディカバー。雨水や砂ぼこり、紫外線など、外の世界は車にとって過酷な環境です。そういった状況から車を守ってくれるのがボディカバーの存在なのですが、じつは冬場にも役立つアイテムであることをご存知ですか?

  
15607

Letter From Mom 夫と子どもとクルマたち Vol.7 秋のトスカーナとロードスター

普段はなんとも思わないのに、ひんやりとした秋風が肌に触れるこの季節になると、急に恋しくなるのがオープンカーだ。日頃乗っているミニバンはアイポイントが高く、こんなときは街中でつい、遠くを走るオープンカーにまで惹きつけられる。ああ、いいなぁと心から思うのは、自分だけの空、風、音を全身...

  
631

気づいたら細かいキズ多数…見つけたらどうするべき?

愛車のボディがどうもくすんでいるように見える…雨が降ったり、洗車してすぐはピカピカだけど、乾いてしばらくすると、なぜかシャキっとしていない。そんな感覚は意外と大事なもので、よく見ると、小さいキズが無数に付いていることがあります。では、そんな時はどうすべきでしょうか?

  
19880

ボンネットが熱いうちにボディカバーを被せても大丈夫?

大切なクルマを維持する上で、悩ましいのが駐車場事情。月極の場合は、毎月の出費が痛いところですし、屋根がない駐車場の場合、風雨や紫外線といったクルマへのダメージも気になるところ。そこでボディカバーの使用を検討する方もいるかと思いますが、効果や使い勝手はどうなのでしょうか?

  
27116

ソフトトップのオープンカーが減っている?その理由とは?

PHVやEVの社会への浸透スピードは非常に速く、BMW i8のようなスポーツカーにまで浸透してきています。そのi8に、ロードスターモデルの追加が発表されました。ルーフはハードトップです。最近、ソフトトップのオープンカーが少なくなりましたが、なぜなのでしょう?

  
29583

クルマ好き必見!すっきり取り付けが可能なコンパクトドラレコ。

近ごろ、急速に普及しているカーアクセサリーといえば、万がいちのアクシデントを映像で記録するドライブレコーダーですが、これまで多くの製品はカメラと本体が一体となっていることから、取り付けるとどうしても目立ってしまうという欠点がありました。その欠点を補うべく開発された製品、セルスター...

  
19511

瞬時に愛車の盗難トラブルを知らせてくれる画期的なアプリとは?

車やバイク、自転車など、愛車を持つ人にとって心配なのは盗難被害。セキュリティシステムは多々あれど盗難された後にはどうにもならないというものが多いのですが、なんと盗難を未然に防ぐ画期的なアプリがありました!

  
18194

車のボディがザラザラする...一体これは何?対策は?

愛車の洗車を怠っているとあまり気づきませんが、洗車してから触ってみると何かザラザラ、トゲトゲしている事がありませんか?場合によっては、ポツポツと錆が点在している事も。その原因は一体何でしょうか。対策と合わせてご紹介します。

  
42537

パンクの原因にも…車のホイールに付いているエアーバルブ不良はなぜ起こる?

タイヤの空気が抜ける原因の代表はパンクですが、他にもエアーバルブやその中の「ムシ」と呼ばれる部品の劣化が原因で抜けたりします。簡単に交換はできるのでしょうか?

  
92494

憧れのオープンカー。ソフトトップの良さとは?どんなデメリットがあるのか?

いつの世も、オープンエアクルージングはクルマ好きの憧れの的です。オープンカーの屋根を開けて風を切って走る爽快さ、満天の星空を堪能する充足感、鮮やかな紅葉を味わう奥深さ。ちょっとしんどい時期もあるけれど、日本であればこそオープンカーを楽しめるとも言えます。最近は電動式ハードトップも...

  
149230

ハイエースが7年連続、最も盗まれた車1位になってしまう3つの理由

日本国内外問わず様々な場面で活躍中のトヨタのハイエース。なんと7年連続、盗難件数第一位と泥棒にも大人気!?一体なぜ、ハイエースばかりが盗まれるのでしょうか!?

  
121987

損害数十万円!? 車にイタズラされない為の6つの対策

時には数十万円、数百万円の損害をもたらす車へのイタズラ。万が一被害にあってしまったら嫌ですよね。車へのイタズラを防ぐにはどうするのがいいのか?万が一起こってしまったら?そんな時に使えるノウハウをまとめてみました。

  
224914
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives