「アルミホイール」の検索結果(200件)

記事

お金はないけどこれなら買える!? 現行お手頃国産スポーツカー4選

スポーツカーといえば、流麗でカッコいい2ドアクーペで、"走る歓び"や"所有する歓び"を与えてくれる存在。そんなイメージで、どうしても高価な車だと思われがちです。実際、ホンダ NSXや日産 GT-Rなど高級路線で販売されるスポーツカーもありますが、そ...

  
7856

自動車のプロがおすすめする洗車グッズ17選!これでもう迷うことなし!

洗車は面倒な作業だが、愛車を長持ちさせるには必要なもの。普段気持ちよく乗るためにも、洗車や磨きは定期的に行っておこう。洗車や磨きを少しでも円滑に行う上で大切なのが、その専用グッズだ。今回は、便利で優れモノのおすすめ洗車&磨きグッズをご紹介していきたい。

  
5053

新型フォレスター、マイルドハイブリッド「e-BOXER」と2.5L NAエンジン車どちらを選ぶべき?

SUBARUのグローバル販売台数は年間約100万台で、そのうち1/3を占めるのがSUVのフォレスターだという。なお、フォレスターのグローバル販売台数は2016年には28万台強。2018年6月20日に発表された新型フォレスターのうち、日本での受注台数(初期受注)で約4割を占めている...

  
21280

私の永遠の1台 VOL.23 いすゞ ピアッツァ ハンドリングbyロータス

幼少期は誰でもクルマに興味を持つが、私は小学校に入ってもその熱は冷めるどころか更にエスカレートしていった。休みの日には両親にお願いしてディーラーでカタログ収集。更に少ないお小遣いをやりくりしながら自動車雑誌を買うようになった頃、あるクルマに出会った。「いすゞ ピアッツァ」である。...

  
1128

エンケイの不思議

エンケイと言えば年間2400万本ものアルミホイールを生産し、グローバルな市場にホイールを提供する世界トップクラスのホイールメーカーだ。しかしエンケイは不思議な会社である。text:ahead編集長・若林葉子 [aheadアーカイブス vol.181 2017年12月号]

  
175

最新SUV CX-8カスタム シンプル且つラグジュアリー感漂うホイール トピードルフレン・ビゲープが...

2017年9月のリリースから一年たち、そろそろカスタム欲が湧いてきたマツダCX-8。なんだかんだ言っても3列シートだし、ファミリーユースであることは否めない。そこで、家族の横槍をかわしつつもオーナーも納得する最新カスタマイズ手法を探るべく取材を敢行。トピー実業とガレージベリーの協...

  
1771

6年で80万円の差になることも!? 現金VSローン…どちらがお得?

クルマを購入する際、多くの方は分割払いを選択していると思います。しかし、ローンには毎月払い続けることになる金利があり、実際には車両価格以上の金額を支払うことになります。とはいえ、現金の持ち合わせがあればよいのですが…。ここでは、現金一括かローンか、それぞれのメリットとデメリットを...

  
6839

レーシングドライバー藤波清斗がBBS鍛造ホイール RI-Aをプリウスに装着 エコカーでも感じれる性能...

私たちCarMe編集部では、BBS鍛造ホイールの性能を追求すべく、様々な企画に挑戦してきました。新たな糸口を探していたところに、レーシングドライバーの藤波清斗氏が自車にBBS鍛造ホイールを装着する情報をキャッチ。早速密着して、ビフォーアフターを解説してもらいました。

  
3608

羊の皮をかぶった狼!? 速そうに見えないけど速いクルマ5選

フェラーリやポルシェのような派手な外見は持ち合わせていないけれど、ほんの少しフェンダーが膨らんでいたり、エクステリアやインテリアの意匠がわずかに違っていたりと、ただならぬオーラをまとった特別なセダンやハッチバック。それらは、いつの時代にも存在し「羊の皮をかぶった狼」として、クルマ...

  
15992

平成の名車といえばこれだ!国産車5選

2019年4月で「平成」という時代の幕が降ろされることになりました。金融危機、震災、グローバル化といった激動の平成時代には、技術の進歩とともに数々の名車が誕生しました。今回は、そのなかでも特に印象深い5台を紹介しましょう。文・立花義人

  
15109

横浜ゴム『ADVAN Racing TC-4』を8月10日から販売スタート

横浜ゴム(株)は、スポーツ系アルミホイールの新商品「ADVAN Racing TC-4(アドバン・レーシング・ティーシーフォー)」を8月10日からカー用品販売子会社の(株)YFCを通じて発売することを発表しました。

  
6726

ポルシェデザインが手がけた「レガシィ ブリッツェン」とは?

現代のスバルを代表するアッパーミドルクラスがレガシィです。ツーリングワゴンが代名詞的な存在ですが、セダンやワゴンをベースにしたSUVモデルといった派生モデルも高い人気を博していました。そんな歴代レガシィのなかで、あのポルシェデザインが手がけた限定車が販売されていたことをご存じでし...

  
6374

100万円オーバー!? 車が買えるレベルの高額オプション5選

自動車には、かならずオプションパーツが用意されています。メーカーがオプションを用意する理由は、ユーザーのさまざまな好みにできるだけマッチさせることですが、世の中には、コンパクトカーよりも高額なオプションなんてものが存在しています。今回は、そんな高額オプション5つを紹介します。知れ...

  
9692

ハイエースの乗り心地を根底から改善するカスタム TRDが作る新しいチューニングの形 試乗会レポート

荷物を運ぶためのクルマとしてはもちろん、キャンピングカーのベースとしても大人気のハイエース。ミニバンでは真似のできない圧倒的な積載量と使い勝手の良さは大きな魅力である反面、“業務用”ならではの乗り心地の悪さは、仕事などで毎日乗る人には、どうにかしたい部分ではないでしょうか? そん...

  
24986

BMW M3専用設計の最軽量鍛造アルミホイールはもちろんBBSジャパン製。BBS FI-Rとは?

BBSホイールを選択する理由はさまざまあるでしょう。そのブランドに裏打ちされた信頼性やプレミアム性はもちろんのこと、モータースポーツの世界で鍛え上げられた性能を理由に挙げるユーザーも少なくありません。今回紹介する「FI-R」は、鍛造アルミホイールでありながら、BBSが世界に先駆け...

  
4996

これはマスト!? 新車購入時につけておきたいメーカーオプション8選

新車を購入するとき、上位グレードでは標準装着となる装備が、下位グレードになるとオプションとなっていることも少なくありません。その際に、オプションを選択するのか、後日、アフターマーケットで販売されているものを付けるのか、悩むところです。そこで今回は、新車購入時に付けておきたいオプシ...

  
18617

ホイールの素材はアルミが最適って本当!? そのメリット・デメリット

一般的にタイヤホイールの素材は、鉄よりアルミのほうが価格が高いと思われがちです。しかし、アルミ合金には無数の種類があり、ものによってはアルミのほう安いことがあります。ホイールの素材は何が最適なのでしょう。

  
5336

かつての憧れを今こそ実現したい!英国紳士の気分が味わえるイギリス車5選

かつての輸入車は、いま以上に生産された場所のお国柄が反映されていました。なかでもイギリスの自動車メーカーが手掛けてきたクルマは、歴史の重みがあるぶん、どこか違った雰囲気が漂います。今回は、そんな英国車を厳選して紹介。ステアリングを握れば、英国紳士の気分が味わえるかもしれません。文...

  
4142

野生であれ、紳士であれ

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」フィリップ・マーロウの台詞の意味が分かりかけてきた。相反するWild=野性とGentle=紳士。タフなだけではない。優雅なだけでもない。人生の折り返し地点を越えた今だからこそ、自らを安らぎ、鼓舞するクルマが求めら...

  
559

BBS RI-Dは世界初の超超ジュラルミン鍛造ホイール 航空機にも使われる軽量金属の秘密とは?

BBSの鍛造アルミホイールと言えば、レースの世界で磨かれた鍛造技術を駆使して作り上げた軽量、高剛性な鍛造ホイールが知られるところです。しかし、そのホイールの素材のアルミニウム合金の中でも航空機にも使用されるほど高性能な素材を使用しているモデルがあることをご存知でしょうか?

  
3786
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives