「アルファロメオ 147」の検索結果(34件)

記事

カーシェアは新しい!楽しい!

クルマ好きほど、とかく敬遠しがちなカーシェア。でも使い方によってはこれほど便利で、クルマ好きのライフスタイルを豊かにしてくれるサービスもないのである。昨年はじめてカーシェアを利用し、その魅力に気づいたという岡小百合さん。タイムズカープラスを運営するタイムズ24の担当者に話を聞き、...

  
482

午前11時から三浦半島へ

この冬一番の寒さです。天気予報はそう伝えていたけれど、潮の香りと湿り気を含んだゆるやかな風は、アスファルトとコンクリートに囲まれた都内のそれよりも、いくらか温かい心地がした。text:岡小百合 [aheadアーカイブス vol.182 2018年1月号]

  
292

先進技術を体験できる!NISSANのカーシェア e-シェアモビ

『ahead』読者の皆さまのようなクルマ好きにとって、若者のクルマ離れは由々しき問題に違いない。彼らが興味を抱いているというスマホもスマートスピーカーもVRだって、体験できるのは文字通りバーチャルな世界のみ。リアルな五感をともなった非日常感は、クルマを操ってこそ楽しめる世界でしょ...

  
312

ダサいものなら欲しくない

モノとしての魅力があるとはこういうことか。そんなことをあらためて考えさせられた乗り物がある。「BiRO」だ。text:岡小百合 [aheadアーカイブス vol.188 2018年7月号]

  
432

スポーツカーを超える!? パワーウェイトレシオが小さいコンパクトカー5選

クルマの加速力の目安となるのが「パワーウェイトレシオ」。絶対的なエンジンパワーが小さくても、車重が軽ければ、スポーツカーに匹敵する加速力を期待できます。今回は、パワーウェイトレシオに優れたコンパクトカーを紹介します。文・立花義人

  
13237

大の大人のクルマ事情

クルマへの憧れとともに人生を過ごしてきた40代、50代。皆が特別だと口を揃えるあのクルマは今なら買えるのだろうか。なぜ若かった自分はあんなにもそのクルマに惹かれたのだろうか。その昔、誰もが“素晴らしい”と信じて疑わなかったクルマたちの現状はどうなのだろうか。過去を振り返りつつ今を...

  
2992

私を浄化する道 〜お気に入りの場所をもとう〜

クルマに乗りたい。バイクを走らせたい。そう思うことはあっても、私たちはつい、出掛ける理由を探してしまう。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.163 2016年6月号]

  
505

中島みゆきを聴きながら

クルマの中でしか聴けない歌がある。クルマの中だからこそ心に響く歌がある。クルマの中には素直な自分がいるから……。クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルのを聴きながら、あるいはまた、中島みゆきを聴きながら、春の夜、ひとりクルマを走らせてみる。text:岡小百合、若林葉子 photo:...

  
807

定番とは何か

スタンダード、オーセンティック、トラディショナル、そしてクラシック。どれもクルマやバイクのことを表現するときによく使われる言葉だ。言葉の意味はそれぞれ微妙に異なるけれど、どの言葉も一様にそれが「定番」であることを表している。定番がなぜ存在するのか、なぜ人は定番を求めるのか。クルマ...

  
2053

定番を売るということ

親から子へ、職人から職人へと引き継がれ、誰が作っても同じものができる。そんなもののことを「定番」と言うのではないか。ずっとそう思っていた。でもここには、ちょっとちがう「定番」の姿がある。text:まるも亜希子、岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.15...

  
931

クルマとバイクに関する本

30年以上前に当時の若者の心をとらえた片岡義男の小説を現代の若者が読むと、どう感じるのか。かつて雑誌「NAVI」で松本 葉の連載を担当した編集者は彼女のデビュー作をどのように紹介してくれるのか。また、五大陸をオートバイで走破した戸井十月のドキュメンタリーは、旅人でもある山下 剛に...

  
2451

性同一性障害を乗り越えて FIMから表彰されたレジェンドライダー 井形とも

世界中のトップライダーが、凌ぎを削るバイクロードレースの最高峰モトGP。最近のF1では、なかなかお目にかかれなくなった、抜きつ抜かれつのドラマティックな競い合い。ぶつかり合ってでも前に出ようとするライダーの闘志。最後までハラハラさせられる素晴らしい展開に、世界中で年々ファンが増え...

  
1950

春の海へ 熱海 池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家を訪ねて

春の海は格別だ。風はまだ冷たくとも、波は、少しずつ力を蓄えたはじめた太陽の光をたっぷりと湛えて、確実に春が近づいていることを教えてくれる。だから、一足早く春を感じたくなったら海へ向かうのがいい。熱海へ行くのはどうだろう。芸術家が愛した場所でゆったりとした時間に浸るのもいい。tex...

  
347

妥協と無縁のポジティブな中古車選び

最近、住宅の世界ではリノベーションという言葉をよく聞くようになりました。旧い住宅に大規模な改修を加えて、従来以上の価値を見出そうとするものです。そうして周囲を見渡してみると、洋服のリフォームも、靴のリフォームも、ビフォアー・アフターを見比べてみると、もはや「修理」というイメージか...

  
487

私の考えるカワイイ、カッコイイ

どんな人も、自分の好きなクルマに乗るのがもちろん一番だ。でも人もクルマも社会的存在である以上、そのクルマにはどんなイメージがあるのか。そのクルマに乗ると、どんなふうに見えるのか。知っておくのも大事なことだと思う。クルマは移動する道具であるとともに、女性にとっては、大きなアクセサリ...

  
1825

埋もれちゃいけない名車たち VOL.8 白眉の音色「ALFA ROMEO 147」

クルマを走らせる楽しさ、気持ちよさを決定づける無視することのできない要素として、コクピットに流れるエンジンのサウンドがある。text:嶋田智之 [aheadアーカイブス vol.124 2013年3月号]

  
1946

ユーミンを聴いていた頃

ユーミンの曲ほど、ドライブにぴったりな音楽はない。——と、そう語る人は多い。誰もが持っているありふれた出来事や感情を、切ないほどのドラマに仕立てて、昔も今も、ユーミンの歌は色褪せない。text:岡小百合 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.118 2012年9...

  
525

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.31 本質に立ち向かった軽

軽自動車の燃費競争がすごいことになっている。ダイハツが「ミラ・イース」で30㎞/ℓの大台に乗せてきたと思ったら、今度はスズキがアルトに「アルト・エコ」という燃費スペシャルモデルを追加。そのカタログには30.2㎞/ℓという数字が誇らしげに記載されている。text:岡崎五朗  [ah...

  
994

“モモデザイン”のヘルメットを日本に紹介した男 モトーリモーダ 岡林社長 インタビュー

時にバイクのスロットルを、時にクルマのステアリングを握る6輪生活。そんな理想のモーターライフをスタートさせる時、そのキーを手にしただけでは少しモノ足りない。なぜならヘルメットやジャケット、グローブにシューズと身につけるべきアイテムが意外なほどあり、それによって過ごす時間が良質なも...

  
1335

美容外科のプロから見た オンナゴコロ、 クルマゴコロ

何気なく選んだ1台のクルマ。そんなつもりはなくても、クルマは人の心の裏側を映し出し、クルマの素性は人の心に影響を与える。精神分析的な視点からクルマを見ると、これまでとは違った自分の姿が現れてくるかも。精神分析医でもあり、大のクルマ好きでもある藤田博史医師のお話は、私たち...

  
898
     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives