「アルトワークス」の検索結果(26件)

記事

馬力だけじゃ速さはわからない?見るべきは、パワーウェイトレシオって知ってました?

クルマのスペックを語る際、やはり最高出力をついチェックしてしまいます。これはそのクルマの運動性能を計るわかりやすい物差しだから、といえましょう。しかし、クルマが走る上では、パワー以外にさまざまな要素が影響します。そのなかでも大きな影響を及ぼすものが、車重なのです。

  
10833

【東京オートサロン 2017】K-CARの魅力と可能性を引き出す「シュピーゲル」

軽スポーツカーのカスタマイズを専門に行っているSpiegel。今回のオートサロンには2台のスポーツモデルを出展しています。

  
3016

初代から現行5代目まで今買うべきアルトワークスはどれ?

軽ホットハッチの代名詞として一世を風靡し、現在まで続く軽自動車64馬力自主規制も作ったスズキ アルトワークス。最近は「いま、マニュアルに乗る」のキャッチコピーと共に5代目が復活していますが、歴代モデルの中で”今買うべき”なおすすめモデルはどれでしょう?

  
17453

2016年度、自動車メーカーの各代表車種はどれだと思う?

今年も早いもので、残すところあと3ヵ月ほどとなりました。そんな中、2016年を代表する国内各メーカーのクルマは何か…ふと考えてみましょう。

  
6288

一度乗ったら純正には戻れない!?モンスタースポーツのアルトワークスは何が凄いのか?

モンスター田嶋率いるモンスタースポーツと言えば、スズキ車チューンはお手の物。新型アルトワークスでも、得意のコンプリートカーを製作・販売しています。長年の経験と実績を活かした最高のモンスターチューンコンプリートカーとは、どのようなクルマでしょうか?

  
42848

新橋20代OLが選ぶ!これでデートに来られたら帰りたい車5選

かつて女性を誘うのに必須アイテムでもあった「クルマ」。しかし時代は様変わりしているのも事実…。トレンドに敏感なイマドキ20代OLがクルマに対してどんな印象を持ってるのか気になるところ。そこで新橋20代OLに「デートでこれはないわ」というクルマについてヒアリング!?してみました。

  
42044

スズキ カプチーノの後継車は本当に出るのか!?発売を可能にする5つの要素とは?

ダイハツ コペンが無事モデルチェンジを果たし、ホンダはビートの後継たるS660を世に放ったことで軽スポーツが再ブレイク。元祖平成ABCトリオの再来か!?の様相で、マツダは軽から手を引いてるけれど、スズキにはかつてカプチーノがあり復活の噂で賑わっています。本当にカプチーノは復活する...

  
12820

再販したら売れること間違いなし!? バブル期前後のスポーツカー7選

「あの頃は良かった」の「あの頃」は人それぞれだと思いますが、クルマに関してはバブル景気の頃にデビューしたあのクルマが良かった、という人は結構いるでしょう。その中でも、現在ではコンセプト的に全く断絶した、あるいはあの頃の姿をもう1度という事で再販して欲しいというクルマもあると思いま...

  
107741

アルト対決!アルトターボRSとアルトワークス、買うならどっち?

同じ車でもより多くのニーズに対応するため、複数のグレードが用意されているのが一般的。スズキを代表する軽自動車のアルトも同様、スポーツグレードにはアルトターボRSとアルトワークスの2車種が用意されています。どちらもスポーツを前面に押し出したモデルのため、その違いがやや分かりづらい方...

  
14614

ランチア ストラトスは購入できる!?伝説のランチアストラトスは何が凄かったのか?

ランチアストラトス。スーパーカー世代の方や、WRCラリーなどお好きな方などにとってはまさに伝説のマシーンの一つかと思います。ランチアのラリー黄金期を支えた1台で、その希少性から現在では手に入れるのも難しい車です。そんなランチアストラトスについて今回は紹介したいと思います。

  
69422

フェラーリやポルシェにも負けない!? 250馬力を発揮するホンダ・トゥデイの正体とは?

数年前から「ポルシェとタメ張れる軽自動車」として話題になったホンダオート岡山のトゥデイ。その走りにホンダスピリットの真髄を感じた人も多かったと思いますが、2015年のレースでクラッシュして、現在は再起にかけているそうで、2016シーズン前にひとつおさらいしておきましょう。

  
26516

なぜシルビアはドリフトに多く使われるのか?ドリフトに使いやすいFRとは?

現在もドリフトイベントに行けば健在の日産シルビア。兄弟車の180SXも含め、地方のイベントでは旧式のS13まで多数が走っています。その理由とは何でしょうか。

  
19460

懐かしの魅力的な軽スポーツカーといえば??ビート、カプチーノ、AZ-1、コペンを比較!

スポーツカーは高価でなかなか手が出ませんが、軽自動車なら維持費も安く、セカンドカーとして持つことも夢ではありません。そこで、中古車でも入手できる軽自動車のスポーツカー4車種の特徴を紹介していきましょう。

  
10482

10,000回転を超えるエンジンを持った車はどの程度存在したのか?

超高回転までブン回すエンジンで一つの「山」とも言えるのは1万回転でしょう。よほど高回転までまわるエンジンでも、タコメーターの数字は10000~12000回転ほどですが、実際にそこまで回るエンジンを積んだ車というのは実在するのでしょうか?

  
35507

K6AターボやRB26等…チューニングベースとして多く使われる国産エンジン9選

世の中には数多くのチューニング・エンジンがあります。元々の2倍、3倍のパワーを絞り出すのは当たり前。スペシャルパーツとの組み合わせは無数に存在します。しかし、そのベースとなるためには「素質」が必要。その素質を持ち、数々のチューニングエンジンのベースとなった国産エンジンを9つほど紹...

  
41474

かつてはラインナップが豊富だったMT車…現在、運転の練習に向いている車とは?

皆さんも日々、混雑している首都高や街中を運転している中で、「自分のスキルがどれくらいなのか」という事を考えた事もあろうと思います。やはりサーキット等で、MT車でどれくらい速く走れるか、というのもひとつの判断基準といえます。現在でのこうしたスキルアップ向きのMT車事情を考えてみまし...

  
59785

「スパルタンなリアルスポーツ」と呼ばれたNSX…スパルタンなクルマとはどんな車なのか?

「スパルタンな車」あるいは「スパルタンなスポーツカー」と呼ばれる車があります。ホンダの初代NSXに設定されていたNSXタイプRやNSX-Rもそう呼ばれた車の一台でしたが、人によって解釈は様々だったりします。

  
14272

KF-VETターボ搭載のキャスト スポーツ…圧倒的な応答性を持つ「7速CVT」の実力とは?

3種類が用意されていた「ダイハツ・キャスト」の3番目のモデル「キャスト・スポーツ」は、7速CVTをはじめとした「走り」のモデルです。積極的に宣伝されていないとはいえ、「ソニカ」以来の「軽グランツーリスモ」であるキャスト・スポーツの魅力に迫ります。

  
25972

現在の軽自動車のチューニング効果が低い理由とは?昔と何が変わった?

私たちの日常の大切な移動手段である軽自動車。アルトワークスやミラ ターボと言ったホットハッチな軽自動車で走り回っていた方も少なくないかもしれません。以前の軽自動車は、コンピューターのチューニングや吸排気の改造によりハイオク仕様にできたり、パワーアップさせることが比較的難しくない車...

  
18245

2017年に登場?S660のタイプRが100馬力超えで追加される可能性は?

S660に続いて新型シビックタイプR、新型NSXを発表しようとするホンダ。スポーツカーラインナップへの明確なテコ入れを感ずるところ。そんな中、S660にタイプRが追加される、という噂があるのです。

  
47036