「アウディ A1」の検索結果(30件)

記事

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。今回は、特徴的なグリ...

  
14609

デジタルライテク元年

2輪用の電子制御システムは、スポーツライディングを愛するライダーにとって無用の産物だと思われていたが、システムの進化によって状況は変わってきている。その進化は、ライディングテクニックにまで、影響を与え始めているのだ。text:丸山 浩、世良耕太 [aheadアーカイブス vol....

  
379

小さいクルマなのにどうして最小回転半径が大きいの?

「うっかり曲がるべきところを間違えてしまった、いま来た道をUターンして戻りたい」、皆さんもこんなシーンに出くわしたことが一度はありますよね。そんなときに気になるのが、「一発でUターンできるのか?」ということ。こういった車の小回り性を表す性能として『最小回転半径』という数値がありま...

  
4210

埋もれちゃいけない名車たち VOL.23 70年代の存在感。スポーツカー感覚の“サニトラ”「日産サニ...

時代はいつも、動いてる。目に見えなくても、絶えず変化を続けている。そんな中にあって、頑として変わることを拒み続けるものもあれば、時代を読んで器用に変貌を繰り返すものもあり、また時代が変わっちゃったから仕方なく後追いで調子を合わせてるようなものもある。長く在り続けられるのは、どれだ...

  
1913

岡崎五朗のクルマでいきたい VOL.37 幼稚園バスのシートベルト

シートベルトは全席装着が基本中の基本。だが、幼稚園バスにはシートベルトの設置義務はない。国土交通省が、火災時の避難のしやすさや、異なる体型への対応の難しさを理由に特例扱いしているからだ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.117 2012年8月号]

  
154

岡崎五朗のクルマでいきたい vol.68 参戦する理由

今年、ホンダが7年ぶりにF1に復帰する。しかもタッグを組むのはマクラーレン。マクラーレン+ホンダの黄金コンビは23年ぶりの復活だ。text:岡崎五朗 [aheadアーカイブス vol.148 2015年3月号]

  
504

ひこうき雲を追いかけて vol.50 みなとみらい

今号の撮影で、みなとみらいにある8つのショールームを半日で回った。フェラーリとロールス・ロイス、ポルシェとBMW、MINIはそれぞれ隣り合った場所にあるので、実質5ヵ所。text:ahead編集長・若林葉子 photo:長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.165 2016...

  
77

埋もれちゃいけない名車たち VOL.11 ポルシェの絶滅危惧種的意欲作「PORSCHE 924」

〝ポルシェ〟という名を持ちながら歴史に埋もれそうなクルマなんてあるの?と疑問を抱く方もいらっしゃることだろうが、「ある」と答えるしかない。text:嶋田智之  [aheadアーカイブス vol.127 2013年6月号]

  
2120

待ってました!最も心地よく感じられた『フォルクスワーゲン パサート TDI』をご紹介!

本当なら、もっと早い時期に味わうことができるはずだった……。フォルクスワーゲン パサートに追加設定されたディーゼル版「TDI」の素晴らしい出来ばえに触れた瞬間から、そんな思いが脳裏をよぎってしまった。文・武田公実/Takeda Hiromi

  
3622

オートバイメーカーの手掛けたスーパー・スポーツカー

オーストリアのKTMがオートバイのメーカーであることは先刻御承知であろうが、自動車、それもかなりリアルなスポーツカーを作っていることを御存知ない方もおられるかも知れない。text:嶋田智之 photo : KTM [aheadアーカイブス vol.132 2013年11月号]

  
1145

トライアンフ モーターサイクルズジャパン 新社長インタビュー

先頃、トライアンフ・ジャパンがトライアンフ・モーターサイクルズ・ジャパンへと名称を変更。同時に、新社長として野田一夫さんの就任が発表された。これによって、今後のトライアンフの展開に新しい風が送り込まれるのは間違いない。text:伊丹孝裕 photo:長谷川徹 [aheadアーカイ...

  
101

東京エスプリ倶楽部 vol.8 イタリアンベーシックカーとは

土曜日にローマ市内をうろつき、日曜日に空港まで行ってレンタカーを借り、フィレンツェまでドライブした。土曜日の夜、ネットでrentalcar.comというサイトを見つけ、借り出し地と返却地をローマ・フィウミチーノ空港、期間は日曜日の朝10時から火曜日の朝7時まで、と入力すると、フィ...

  
175

埋もれちゃいけない名車たち vol.63 常用ヨンクの世界的先駆者「スバル・レオーネ」

その昔、ヨンク(=四輪駆動=4WD)というのは圧倒的にワイルドな乗り物だった。それは野山を移動するためのモノであり、道なき道に分け入るためのモノであり、平凡とはいえない自然環境の中で暮らすためのモノであり、そうしたシーンの中で働くためのモノであった。ヨンクの持つタフさそのものに、...

  
2116

お勧めの1台。流行のコンパクトSUV市場に投入されたアウディQ2

2017年6月より日本導入が始まった、アウディのコンパクトSUVがQ2です。ポリゴンを取り入れたエクステリアは、これまでのアウディデザインとは一線を画するもので、新しい世代の始まりを感じさせるもの。さらにもっとも廉価なモデルは、299万円と、この手の輸入車としては手頃な価格も魅力...

  
2266

新型1シリーズ、内装一新!どのように変わった?

BMWのエントリーグレードとして評価の高い1シリーズが、内装をはじめとした一部改良を行い、販売を開始しました。どのような改良となったのでしょうか?

  
7970

日本に正規輸入されなかった幻のアウディA2とはどんな車?

アウディといえば、人気のA4をはじめとしたAシリーズがラインナップの軸となっています。このAシリーズは、A1からA8まであるわけですが、カタログをみると1と3の間、A2が欠番となっています。A2は、どうしてないのでしょう?

  
9026

MINIのライバル?新型SUV、アウディQ2の型破りな魅力に迫る

”型破り”をキーワードにSUVの新しい価値観を提案するアウディQ2。A3などと同様のモジュラープラットフォームを採用していますが、アウディのバッジを背負うのに恥じない仕上がりとなっているのでしょうか?また、ライバルとされるMINIクロスーオーバーとの違いとは?----------...

  
8190

Aセグ、Cセグ…いまさら聞けない、セグメントについて

クルマ関連の記事や解説でよく使われる「セグメント」。Aセグ、Cセグ…などと言われていますが、実はわかっているようでよくわからない…、という方もいるかもしれません。今回は、そんなセグメントについて説明してみましょう。

  
22127

アウディA、S、RSの違いとは?グレードヒエラルキーを考える。

アウディには多くのラインナップがありますが、その頭文字は「A」、「S」、「RS」などシンプルなローマ字に数字を組み合わせたものとなっています。このラインナップの違いを読み解いてみましょう。

  
45029

ロータリーエンジン、なぜマツダのみが作り続けるのか?他社が作らない理由とは

マツダの新車販売が好調です。「魂動」コンセプトの美しくアグレッシブなデザイン、世界一クリーンなディーゼルエンジンなどが理由として考えられます。そしてロータリーエンジンの存在がマツダのスポーツイメージを強めています。他メーカーはなぜロータリーを生産してイメージ造りに役立てないのでし...

  
94978
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives