「いたずら」の検索結果(32件)

記事

現代カーデザイン考

クルマやバイクのデザインは、昔の方が良かったとよく言われるが、今のデザインは以前より本当に劣っているのだろうか。厳しくなった安全基準や環境規制がクルマのデザインの自由度を奪っていると聞く。またマーケティングやブランディング、さらに過去のデザインの呪縛も、新たなカタチを生み出す上で...

  
220

青空駐車場でも問題なし!車のボディーカバーにはどのようなメリットがある?

車のボディカバーは、単なるナイロン製の布を縫い合わせたものに見えますが、じつはしっかりと進化していました。青空駐車場などでは、非常に高い効果を発揮してくれるボディカバーの効果と使用時の注意点とは?

  
2759

ガラスを割られたら?当て逃げされたら?被害にあった際の対応法

いたずらでタイヤをパンクさせられたり、車上荒らしのためにガラスを割られたり、または当て逃げなど、愛車が思いもよらない被害にあったらどうしたらよいでしょうか?文・加藤久美子

  
4499

タイヤのパンクの種類とその対策まとめ

春になり気分も高揚し、週末には長距離ドライブに出かけたくなりますよね。冬が終わりすでにタイヤ交換を済ませていると思いますが、ドライブの前にもう一度、タイヤを確認してみてください。いろいろな見落としが、パンクの原因になるのです。

  
5109

femme特集 しなやかに、そして したたかに。犬と生きる英国人女性エリザベス・オリバーさん

大阪で、動物たちの保護活動を続けている一人のイギリス人女性がいる。来日して40余年。70歳を超えてなお、愛車のランクルを自在に操り、精力的に動き回る。動物保護活動というライフワークに取り組み続けるエリザベス・オリバーさんを訪ねた。text:村上智子 photo:長谷川徹 [ahe...

  
31

デザインに現れた「走破力」

ようやくiPhone5発売の狂想曲も一段落してきた。流石に今回のデザインもいい。できることならカバーに入れず、素のまま使いたいものだ。text:河村 大 photo:山岡和正 取材協力:グランデコスノーリゾート [aheadアーカイブス vol.119 2012年10月号]

  
234

2輪部門、日本人初表彰台を目指せ!伊丹孝裕のPIKES PEAKへの挑戦 VOL.2

パイクスピークへ挑戦するにあたって、トライアンフを選んだ理由。それは、並列3気筒エンジンならではのトルク特性だ。text:伊丹孝裕 photo : 長谷川徹 [aheadアーカイブス vol.126 2013年5月号]

  
174

日本人の挑戦はまだ終わっていない ダカール・ラリー2014

南米ダカールの6年目である。2008年、テロの危険により中止。ラリーが全面中止となるのは、この時が初めてであり、ダカールが経験した最大の危機であったことは間違いない。しかしその危機は、重要なブレイクスルーの機会となった。text:春木久史  [aheadアーカイ...

  
94

雪の重みで駐車スペースの屋根が潰れた!自動車保険でカバーできる?

2018年の冬は、日本列島の上空が強い寒気に覆われ、各地で例年よりも多い積雪が記録されています。そのため雪国では、家を守るための雪下ろしが毎日のように行われているといいます。そんな雪ですから、それなりに積もると車の屋根にも影響がありそう。もしも雪の重みで車の屋根がつぶれてしまった...

  
16151

愛車を守るために!車上荒らし対策5選

駐車場に停めてあった愛車に、落書きや10円パンチなどのいたずらをされたら、結構ショックですよね。そこで今回は、愛車を守るためにしておくべきことを考えてみました。

  
8601

どこにある!? 給油口が隠された車5選

現代の自動車の給油口は、一般的にボディサイドの右または左側後方に設置されています。しかし1970年代までは、思わぬところに給油口が隠されていました。現代では考えられないちょっと変わった場所に設置された給油口を持つ車を紹介します。

  
21312

その数10以上!? VWグループのブランドを全部言えますか?

現在、世界販売台数トップの座を争う、トヨタとVWグループ、そしてルノー日産アライアンス。これまでトヨタとVWグループの一騎打ちでしたが、2017年上半期の累計販売台数では、三菱と提携したルノー日産アライアンスが躍進。VWやトヨタとしても無視できない存在感を発揮しまっした。このよう...

  
21531

スノボやスキーなど冬のレジャーに使いたい車5選

車での移動を前提とする冬のレジャーに使用される車種といえば、真っ先に思い浮かぶのはSUVかもしれません。しかし、なんらかの理由でSUVを選べない人もいるはず。ここでは、雪道に不慣れなドライバーにもおすすめできる車両を紹介します。

  
24135

なぜ軽自動車のナンバーには封印がついていないのか?

普通車のリアに付いたナンバーには封印がありますが、軽自動車をみると封印がありません。同じ公道を走る自動車なのに、どうしてこんな違いがあるのでしょうか?軽自動車にはないナンバーの封印ですが、普通車で封印がないと、あなたが思っている以上に厄介なことになります。

  
76275

ベントレー コンチネンタルGTの維持費は?

ベントレー コンチネンタルGTは、イギリス生まれの高級クーペで、伝統の丸目4灯とラジエターマトリックスグリルには、英国紳士の香りが漂います。もし所有したら毎年いくらの維持費がかかるのでしょうか。圧巻の6.0L W12ツインターボ搭載の現行モデルでシミュレーションしてみます。

  
24671

遮断機のバーを押し切れ!踏切に閉じ込められた時の対処法

遮断機のバーが降りた踏切内に、閉じ込められたという経験はありますか?「ない」という方がほとんどだとは思いますが、考えごとをしていたり、思ったよりも踏切の先が渋滞していたりと、トラブルは思いもよらないところで起きるものです。そこで、万が一、踏切に閉じ込められてしまった場合の対処法を...

  
5475

車のシート汚れ、DIYで簡単に落とす方法

どんなにキレイに使っているつもりでも、車内のシートやベルトは汗や脂で汚れます。さらには、飲み物、食べこぼし、泥など、汚れの原因は無数にあります。染みになる前に、DIY的にひと工夫して落としてしまいましょう。

  
15593

ついに新型ジムニー登場か!? 45年間でわずか2回のフルチェン…ジムニーのロングセラーを支えるものと...

日本を代表するクロカンの1台。660ccの軽自動車ながら、悪路走破性能は世界一とも言われ、長年乗り続けているというオーナーも多いスズキ ジムニー。初代デビューは、1970年のことでした。それから現在まで、モデルチェンジが敢行されたのは、1981年と1998年の2回だけです。そんな...

  
15764

いたずらによるパンク…被害にあわないための対処法5選

単なるいたずらでは済まされないパンク被害。経済的、精神的に被害を被るだけでなく、最悪の場合は交通事故を誘引します。そんなパンク被害から、愛車を守るための対処法を考えてみました。

  
13280

ドライブレコーダーで危険運転車を録画!警察は捕まえてくれる?

近年、日本においてもドライブレコーダーの装着率が高まり、交通事故の捜査や過失割合の判断などに役立っています。ところで、ドライブレコーダーに危険運転をする車が映っていた場合、後日、警察に動画を提出したら、警察はどのような対応をするのでしょうか?動画から逮捕につながることはあるのでし...

  
64484
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives