店頭価格は査定額にいくら上乗せして販売されているの?

「査定額」の構造は、率直言ってマチマチです。

買取査定

一言で言うとその店の運営形態にあると言えます。下取りや買取をしたクルマを「中古車オークション」に出す方針の店とそうでない店に分かれると考えるとシンプルです。

オークションに出す店の場合、まずオークションの出展費用というものが発生し、またオークション会場への回送にも人件費、ないしは陸送費がかかります。もっというと、オークションで思うような値段がつかなかった時のための保険の意味合いで、査定額をやや低めにすることもないとは言いきれません。

そうでない場合というのは、その店がオークションを介さずに「商品化」する想定の場合。つまり「直販」可能な体制を採っているかどうかということ。下取り、買取りをしてすぐに自社店頭に並べることができるなら、車本体へのコストとしては「仕上げ」のための人件費とケミカル類の材料費、場合によっては小規模な板金などの修繕費程度ではないかと思います。

つまり、「直販」が出来る店は「強い」。ライバル店に対しても「強気」の金額を提示出来たりできるのはそこが所以です。

まず、上記のような事情があることを踏まえて考えると整理しやすいかと思います。その上で、たとえば複数のお店で査定を受けたときに、それぞれに差が出るのかを考えると、もう一つ重要な要素としては、「売れるアテがあるか」という問題。これは中古車査定士の相場観の一つですが、「これは売れる」と思えば「値段を挿す」のに躊躇いはありませんよね。

すぐに現金化できる、たとえオークションでも、直販でも、そのアテや行けるという自信があれば高値をつけてくるでしょう。

売却時には複数で査定を受けるのがよいかと思います。そのクルマを欲しがっている店に出会えるのがベスト。だけどもっとも安定的に高額査定を引き出しやすいのは、実は、新しいクルマを購入する先への下取りです。この場合、新車であろうと中古車であろうと、店は新しく販売するクルマの側にも、下取りする車の側でも、それぞれに儲けを出すことができるような値決めをしていることが多いです。

つまり値段の調整幅を複数持つことが可能であるということ。驚くような額がでる可能性はありませんが、相談できる幅は広くとれると思っていいでしょう。

次ページ査定額と店頭価格の乖離の「中身」とは

関連キーワード

この記事をシェアする

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!