車を売る直前に必ず確認すべき契約書の内容

車の売買契約書とは?

ディーラー

車を売却する場合、上述した書類以外にも必要な書類があります。売買契約書がそれにあたります。

その名の通り、売買や下取りにも必要な重要書類です。売買契約書は書式が自由なため、買取店によって様々な契約書の書式が存在します。

売買契約書には、売買した車の金額、支払時期や方法、車の情報(車検証上と同一)、瑕疵担保期間や、契約から引き渡しまで車が破損した場合の文言や、契約途中での解約など、大変重要な事項が書かれた契約書です。

大変重要な書類ですので、契約後もしばらくの間は、紛失や破棄をせずに大切に保管しましょう。

契約書のどの項目を注意して確認すべきなのか?

契約書に書かれている項目は、どれも重要項目ですが、以下の項目は特に重要なポイントです。

・売買する自動車の情報
買い取ってもらおうと考えている、あなたの車の情報に誤りがないかを確認しましょう。例えば、車体番号や登録番号などが当たります。

・売買金額
例えば、車両価格や自動車税、自賠責保険料などを確認しましょう。

・金額の支払い時期と支払い方法
振込なのか現金渡しなのか?、また、いつ振り込んでくれるのか、渡してくれるのか?といった点を確認しましょう。

・車両の引き渡し日
引き渡し場所や引き渡し方法なども合わせて確認しましょう。また、次の車がまだ来ない場合は代車もあわせて交渉してみましょう。

・車両の引き渡しの際の費用負担

・名義変更申請に関わる諸費用の費用負担

・瑕疵担保期間
「引き渡し日より○日間」といったように、トラブルの原因となりそうな箇所に関しては細かく確認しておいた方が良いでしょう。契約書をみても分かりづらかった場合は買取業者に、契約書のどの箇所に明文化されているのかを聞いておきましょう。

・契約後から引き渡しまでの間に車両が破損した場合
契約を結んだ後に、車両の破損がおきた場合、どちらが修理の責任を負うのか、といった内容に関しても同様に確認しておきましょう。

・契約の途中や契約後の解約について
もし契約をした後に「やっぱり買取に出したくない....」と急に考えが変わった場合はどうなるのか、についても予め確認しておきましょう。具体的には、違約金の金額や支払う責任がある者は誰なのか、といったところまで確認しましょう。ただ、キャンセルには違約金が発生する場合がほとんどです。買取金額の10%あたりが目安となります。また、場合によっては、契約を交わして2時間後にキャンセルといったような、短時間の場合では違約金が発生しない場合もありますので確認は必須です。

それ以外にも、口約束などのものも、のちのちトラブルの原因にもなりますので、全て契約書に記載してもらいましょう。

契約途中に関してはもちろんのこと、契約後しばらくたったあとでも、契約書の紛失はさけ、紛失しないようなわかる場所に保管しましょう。

契約を結んでからでは遅いです。間違いや漏れのないようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!