知らない人の自動車税納税通知書がきた!名義変更のトラブルに注意!

車を売るには名義変更は必要なのか?

車を売る際には何が必要なのか?必要な書類が色々とあり、素人には分かりづらい部分でしょう。

車には名義というものがあり、車検証上に使用者や所有者の名前が記載されています。この名義人に、毎年の自動車税が請求されることになるため、車を売る際は、売った先の人に、名義変更する必要があります。

税金以外においても、今現在、車の使用者が誰なのか分からないと、例えば犯罪に巻き込まれた場合、被害者・加害者の特定が難しくなります。そのため、名義変更は必ず行うことになっております。

この名義変更は、必ず自分で行う必要はありません。委任状や住民票などの書類を用意することによって、代行手続きをすることができます。

必要な書類と手続きの仕方

印鑑証明書

では次に、ディーラーや買取店などで名義変更をする際に必要な書類や、手続きの仕方についてみていきましょう。

まず、必要な書類は以下のものが必要になってきます。

・譲渡証明書
買取先からもらえます。

・印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
お住まいの近くにある、市役所や区役所で受け取れますので、お立ち寄りください。しかし、3ヶ月以内の印鑑証明を持って行きましょう。また、軽自動車は認印でOKです。

・委任状
委任状に関しては印鑑証明と同じ実印が押印されている必要があります。譲渡証明書と同様、買取先からもらえます。

・車検証

・自動車税納税証明書
自動車納税証明書は、毎年5月頃に送られてくる自動車税を支払った際に受け取る証明書です。

・自賠責保険証明書
ほとんどの場合車検証のカバーの中に入っていますので、どこに入れたっけ?と思う人は車検証を確認してみてください

自動車リサイクル券の預託証明書
自動車リサイクル券も車検証のカバーに入れいてる方が多いのではないでしょうか?

・新所有者の車庫証明書(1ヶ月以内のもの)

・住民票の写し
※住所が印鑑登録証の内容と変更になっている場合のみ必要となります。


費用は、必要な書類代の各数百円がかかり、それ以外に代行手数料などの費用がかかります。

ディーラーなどに任せる場合は、特に仕方などで気を付ける点はありませんが、書類の有効期間については気を付けましょう。

名義変更を行う際の注意点

名義変更は迅速に行われるべきことですが、個人売買では買った側が忙しさを理由に名義変更に、時間がかかる場合があります。とくに注意すべきは「印鑑証明書」の有効期限です。3ヶ月以内と定められているので、期限切れにならないよう気を付けましょう。

個人売買で車を買った相手がなかなか手続きをしてくれないと、印鑑証明の期限が切れてしまい、車を売った側が再度、印鑑証明書を取り直す必要がでてきます。そんな面倒なことにならないように、しっかり車を売った側も気にかけてあげましょう。

名義変更をほったらかしにしていると、自動車税も前オーナーのところに届きます。新オーナーが駐車禁止やスピード違反をした場合も、旧オーナーのところに通知が来ます。トラブルの元になりかねないので、名義変更の時期はきちんと事前に確認しておきましょう。

買取業者に車を売る場合は、名義変更でトラブルになることはよほどいい加減な業者でない限り問題ないと思いますが、個人売買では要注意ですね!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!