買取業者から「あなたの車は修復歴あり!」と言われてしまう基準は?

「修復歴=修理歴、事故歴」ではない?どんな基準?

無題

車の修理には、修復歴や、修理歴、事故歴と呼ばれるものがあります。それぞれ直す箇所や範囲によって呼び方が変わり、査定も変わってきます。それぞれの定義を確認しておきましょう。

・事故歴
「事故を起こした・起こされた車。災害などに遭った車」という意味です。実際に事故に遭遇していても、「修復歴車」に該当しないケースもあります。

・修理歴
特定した部位なしに、修理した経歴。

・修復歴車
車のフレームの修理をした場合など、車の骨格に影響する部分を修正または交換した経歴(日本自動車査定協会が定義)。ドアの交換やバンパーの交換などはこれに当たりません。


ちなみに、交換ってばれるの?と思う方がいると思いますが、バンパーに関しては、もともと塗装が別で行われており、簡単に固定されているため、交換してもわかりづらいです。ただしドア交換に関しては、交換時に工具の跡などがつきますので、顕著にわかる場合があります。

修復歴に当たらなくとも、ドアやバンパーのへこみや傷などは、マイナスポイントとされるので、査定の前に直しておかなければ、と思うかもしれませんが、ドアなどを交換・修理するお金が、査定金額よりも高くなる場合は、デメリットにもなるので、そのままにしておいてもかまわないでしょう。

買取業者は、そのまま流通し、次の購入者が直すかどうか判断する場合もあります。

また、修復歴は、車検証には記載されませんので、事故車を売る販売業者は、購入者に、事故歴があることを伝えなければなりません。

車検証に記載される場合は、改造した場合等に限り、修復歴等は記載されません。

修復歴の具体的例

買取 事故車

修復歴車と定義されているのは骨格(フレーム)部位などを交換、修復したものが対象となります。例えば、以下の部分が挙げられます。

(1) フレーム(サイドメンバー)
(2) クロスメンバー
(3) インサイドパネル
(4) ピラー
(5) ダッシュパネル
(6) ルーフパネル
(7) フロア
(8) トランクフロア

(1)から(8)の骨格部位に損傷があるもの又は修復されている車は修復歴車となります。
※ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。


ちなみに、修復歴があるかチェックする際の具体的な項目は、以下が挙げられます。

・フレーム修正機の使用跡はないか
・ヒンジ・シール剤は新しくなっていないか
・工具を使用した形跡はないか など

修復歴があると査定にどう影響する?

軽くぶつけて修理したからといって修復歴ありとはなりません。しかし、査定士の方から、修復歴ありと言われてしまうと、大幅の減額はまず免れません。

ただし、修復歴があっても、絶版車でマニア的な人気がある車などは、高値で取引される場合もあります。この場合も、修復歴としてマイナス加点されますが、それを上回るほどの査定ポイントや査定金額がつくためです。

車種によっては、半額以上の値段が下がってしまうこともあるそうです。そんな方は、他のアピールポイントを探して、今からでもできる対策をしてみましょう。半分に近い減額査定をカバーできるかは査定してもらわないとわかりませんが、多少の査定額プラスなら期待できますよ!

ぜひ、いろいろな方法を試してみてください!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!