カスタムに凝っていた改造車を買取に出す時は戻したほうがいい?

改造車のまま買取ってもらえるのか?

チューニングカーワールド・ショーダウン

お金と時間と手間をかけてこだわりながら仕上げたカスタムカーやチューニングカー。

これらの改造車は買取してもらえるのでしょうか?タイヤとホイールを替える程度のカスタムから、エアロパーツやライト回りのカスタム、マフラーなど車検範囲内でのチューニングであれば、よほど極端な違法改造車じゃない限り、買取はしてもらえると思って大丈夫です。

買取の際に、重要なことはカスタムをする際、純正のパーツを残しておくこと。

理想的には純正モデルに戻すことですが、純正モデルに戻すために費用がかさんでしまうこともあります。カスタムパーツをつけたままで査定をしてもらい、その際にしっかり純正パーツを保管していることを買取業者に伝えましょう。

もし余裕があれば、純正パーツに戻してカスタムパーツはネットオークションで売りさばく方法もアリかもしれません。

その場合、買い取り業者にはカスタムをしていたことを説明した方がベターです。ネジを外した跡などある場合、事故車と勘違いされる危険もあります。事故車の烙印を押されると査定額も大幅ダウンしてしまいますからね。

カスタムしたままだと値段は落ちるの?

アドミレーション モデリスタ

カスタムといっても様々なパターンがあります。

カスタム車は一般的に同じ車両の標準モデルよりも査定額が下がるといわれていますが、メーカー純正のカスタムコンプリートカーなどであれば(例えば、トヨタ自動車におけるモデリスタバージョンなど)純正以上の価格が付く場合もあります。

また、社外品でも有名ブランドのアルミホイール+スポーツタイヤなど、一般ウケするような人気ブランドであれば査定額に加味される場合もあります。カスタムパーツとまでは言えないですが、スタッドレスタイヤも高額買取が期待できるパーツです。

では、値段が落ちる場合のカスタムとはどんなカスタムでしょうか?
それは、社外品のエアロパーツや、好みが分かれるようなデザインのアルミホイール、LEDライトチューニングなど、といったマニアックなカスタムに当たるのではないでしょうか。

カスタムカーを専門に扱っている以外の一般買取業者では査定額が下がってしまいます。買取業者にとっては「売りやすい車」であるかどうかが重要なのです。

なお、違法改造車はさらに査定額が下がるばかりか、買取を拒否されることもあります。(良いことではありませんが)違法改造をしている人は、純正に戻すか、車検範囲内に収めてから査定してもらう方が良いですね。

どこで買取ってくれるの?パーツだけ買取ってくれる?

プロコンポジット トヨタ86 スバルBRZ カスタム

ではカスタム車を高値で買い取ってくれるのはどんな業者でしょうか?これは、カスタムカーを専門に扱う買取業者か、カスタムカーの中古車販売店などカスタムカーを買い取って、すぐ販売できる流通体制が整っている業者です。

例えば、CPSという買取会社。こちらは改造車、ドレスアップ車、ドリフト仕様や最高速仕様など様々なカスタム、チューニング車の専門業者です。査定はフォームに記入して送るだけでOK。全国無料で出張買取を行っています。

改造車であれば社外品パーツ、車高調、タービン、コンピューターなどの交換履歴、商品の取扱説明書やその他にもチューニング車であればチューニング記録簿やパワーチェックリストなども査定額UPになるとのこと。パーツだけの買取も行っているとのことなので、改造車オーナーにも心強い存在ですね!


カスタム専門ではなくても、全国チェーンの買い取り業者であればどこかにカスタムモデルを欲しがっている次のユーザーが待ち望んでいるかもしれません。なんといっても無料で一度に複数の買い取り業者の査定をもらえるのですから、試してみる価値はありますね。

ただし、一括査定サイトなど、一度に複数の買取業者から査定額が届くシステムの利用だということもお忘れなく。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

    最新記事