10年経っても色褪せない魅力はあるのか?…リセールバリューの高そうなクルマ特集

人気があるからといって、リセールが良いとは限らない

人気の高いクルマは、その分台数も大量にばら撒かれますから、中古車としてもタマ数は豊富。むしろ場合によってはダブつき気味になってしまうこともありえます。需要に対して供給数が上回るということは大いに考えられます。

中古車の人気というのは、寄せては戻す波のようなところがあって、新車時に人気があったからといって、中古車になってもその人気が持続するとは限らない。むしろ、F31レパードのように中古車になって初めて人気に火がつくこともあるわけです。

一方プリウスの中古車相場は、少し落ち着いている様子も。新車でマークXより少し下の値段のクルマですが、中古になってもマークXの同年式同走行レベルと同じ水準に留まっています。

プリウスの場合、なにより新車こそ最新、最善のプリウスということができる。エコカーであり、最新の技術で燃費を改善されているものを購入してこそ初めてこのクルマに乗る理由が生まれるようなところがあります。もちろん、中古で購入しても充分にいい買い物になるはずですが、新車独自の「旨み」というものがあるのです。

最近の注目はやはりS660

S660の前身ともいうべきビートもなかなか値落ちのしないクルマでしたが、最近ではさすがに20年以上を経過した個体がほとんどで、迫る年波をモロに感じさせるクルマとなって格安車も多いですよね。それに後継機種ともいうべきS660が登場したこともあって、このあたりの影響も無関係ではないでしょう。

さて、このS660。やはりなんといっても小さな本格スポーツカー、あるいは軽自動車のスーパーカーとも言われたりするその明快なキャラクターと走りの良さ、エンジンの素晴らしさでホンダというメーカーを端的に表すような内容の濃い一台。そんなあたりがビートと被るというところもあります。2015年のS660の販売における人気ぶりも、このクルマの値打ちを高めていることは間違いありません。

そんなわけで、S660のリセールは10年後もそれなりに高水準をキープするのではないかな、と想像できます。

次ページお次は「働き者」と「信頼関係」が裏打ちするお値打ちクルマ

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事