気になるあの車の維持費は?

気になるあの車の維持費は?

ランボルギーニ ウラカンやポルシェ911、GT-Rなど…気になるあの車の維持費って、いくらかかるの?

トヨタ自動車とヤマハ発動機の共同開発によって、日本初の本格的なスポーツカーとして1967年に登場したのがトヨタ 2000GTです。海外オークションでは、1億円以上の価格で落札されたこともある超の付くプレミアムな旧車。そんな車を持てるしたら、維持費にどれぐらいかかるのでしょう?

BMW i8は、1.5L直3ターボエンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドカーです。スタイリングは、完全にスーパーカーですが、EVのみで約40kmの走行が可能というエコカーでもあります。都市部で使うなら、きっとお得に維持できるはず!ということで、BMW i8の維持費はどれくらいかかるのか、見ていきましょう。

電気自動車の概念を覆し、2017年現在では定番モデルとして定着、さらには進化を続けているテスラ モデルS。そんなモデルSを購入した場合、維持費はどれほどかかるのでしょうか?

国産スポーツカーとして、現在でも人気のあるマツダ(アンフィニ)RX-7。なかでも「FDに乗りたい!」という方は多いかと思いますが、維持費はどれくらいかかるのでしょうか?日常的にかかるメンテナンス費用から、いざという時の修理費用まで、ひと通り調べてみました。

2014年に発売されたランボルギーニ・ウラカンは世界中で大人気となっているモデルです。ウラカン人気のおかげもあり、2016年のランボルギーニ世界新車販売台数は過去最高の3,457台を記録。このうち、2,353台がウラカン、残りはアヴェンタドールとなっています。大人気のスーパーカー、ウラカンを購入した場合、維持費はどれくらいかかるのでしょうか?

フェラーリといえば、ポルシェやランボルギーニと同様、車好きが憧れる代表車です。そんなフェラーリの維持費やメンテナンス、保証はどうなっているのでしょうか?

多くの車好きが、一度は憧れるポルシェ911。ポルシェを代表する車種であり、スポーツカーといえばコレ!と、車に詳しくない人でもすぐに思い浮かぶほど有名な車でもあります。さて、そんなポルシェ911の維持費は、どれくらいなのでしょうか?

日本が世界に誇る、スポーツカー日産 GT-Rは多くの車好きにとって憧れの車。年間の維持費はどれくらいかかるのでしょうか?※2017年3月時点での情報です。

国内だけでなく海外で現在も人気のトヨタ80スープラ。その美しいスタイリングはもちろん、数少ない2Jターボエンジン搭載のスポーツカーとして未だ絶大な人気を誇っています。ですが、2002年の新排ガス基準をクリアできず、RX-7やR34スカイライン等と共にその歴史に幕を閉じました。現在では中古車価格も50万円台~300万円台後半と、とても幅広く、また人気のターボ+6MTモデルに至っては10万キロオーバーでも150万円台~と、中々値落ちしないのが人気の現れです。そして、最近公開されていた「ワイルドスピード7」のラストでも、故ポールウォーカーの所有していた白いスープラが登場し話題になったのは記憶に新しい所です。そんな80スープラに昔から憧れている方々も多いと思いますが、今回はそんな80スープラを購入してから実際維持するのにいくら位かかるのかをご紹介していきます。

購入するためには審査が必要なブガッティ ヴェイロン。世界で最も高い車のひとつであり、そのお値段はなんと1億7900万円(2009年11月以降)にも上ります!購入するだけで莫大なお金が必要なこのクルマですが、維持費は一体いくらかかるのでしょうか?

日産GT-Rの維持費については諸説飛び交うところで、ネットで検索すれば軽く100万円ですという人もいれば、いえいえ普通のクルマと変わりませんという声まで多数あります。ただ、見ていると「どこからどこまでを維持費と見ているか」によっても解釈が異なってきますので、ちょっと条件を限定して見ていきましょう。

クルマを所有するうえで、一番気になるのが維持費です。現実的なことを考えれば、車体価格よりもウェイトが重いともいえるでしょう。今回は、それなりの車体価格ながら、維持費が軽い、そんなお買い得なクルマを見ていきます。

なにかと維持費の高いGT-R。インターネット上でも、80万円超えという高すぎる車検代が話題になりました。どうしてこんなにも高くなってしまうのでしょうか?GT-Rのメンテナンスの詳細を見て行きましょう。