カスタム・チューニング・ドレスアップ特集

カスタム・チューニング・ドレスアップ特集

クルマの楽しみの一つ、クルマの改造は「カスタム」「チューニング」「ドレスアップ」に大きく分けられます。そもそもこれらの明確な違いとは何なのでしょうか?それぞれの魅力や特徴をご紹介します。

あまりごてごてしたくはないけど、やはり愛車には少しこだわりが欲しい…そんな方にピッタリのアルファード用エアロパーツが登場しました!AVANZARE(アヴァンツァーレ)の最新30系アルファード用エアロパーツ ADESSO は「貴品ある次世代へのこだわり…NEXT STYLE」がテーマ。そのテーマに相応しい上質感が魅力です!

HKSの『HIPERMAX G』は、これまでチューニングやカスタマイズを散々楽しんできたユーザーはもちろん、家族ができてセダンからミニバンに乗り換えたというユーザーにも、ぜひ性能を味わっていただきたい、上質な乗り心地を実現したサスキットなのです。

来年の市販化が待ち遠しいレクサスのフラッグシップクーペ、LC500。そのカスタムモデルが、11月1日から開催されているSEMAショーのLEXUSブースでお披露目されました。

ボディとタイヤ・ホイールのツライチ化を手軽に実現できるパーツといえばワイドトレッドスペーサーです。クルマのトレッドを拡大して走行性能を変化させるとともに、ファッションといった観点でも魅力のパーツ。それがKSPエンジニアリングの「REAL」ブランドから発売されるワイドトレッドスペーサーなのです。

気軽に行えるカスタムの1つであるホイール交換。インチアップも行えば見た目にもカッコ良くなります。しかし、一般的にホイールのインチアップを行うと燃費が悪化したとか、乗り心地が悪くなったというような声も聞こえてきます。今回はそんなホイールのインチアップを行った際に乗り心地の確保は可能なのか検証してみたいと思います。

クルマのカスタムも世につれ人につれ…。時代の流れの中で様々なカスタム文化が生まれてきました。現在にも定着している定番から、なんとなく廃れてきてしまったものまで様々あります。今回は10数年前あたりに静かなブームとなったカスタム文化に触れてみましょう。

スバルのアイサイト搭載車など、自動ブレーキ装着車の説明書にはサスペンションの改造や交換で自動ブレーキが正常に動作しない旨が書かれています。となると車高調どころかローダウンスプリングも入れられない事になりますが、実際はどうでしょう?

「今乗っている車は、かなり凝って改造しているカスタム車だけど、買取に出す場合パーツは外したほうがいい?」「もし買取の際の査定額に影響するとしたらどのくらいなのか?」車のカスタムにこだわりだしたら、案外、お金がかかるもの。でも、とうとう車にガタがきて、「そろそろ買い替えたい!」と思っている人もいるはず。もし、改造車を買取に出したら、減額査定?それとも高額査定?そんなカスタムカーマニアの疑問を解消していきます!