タイヤの選び方・交換テクニックで、乗り心地・走りが断然変わる!

タイヤの選び方・交換テクニックで、乗り心地・走りが断然変わる!

タイヤ次第で車の乗り心地、走り方が決まる、と言っても過言ではなく、タイヤは走行感に大きく影響するパーツです。まずは良いタイヤの特徴を知ることが大切です。

しかし、「タイヤ」と一言でいっても、その中には「スタッドレスタイヤ」「スポーツタイヤ」や「オフロード用タイヤ」、もちろん普段使い用のタイヤなどとその種類は豊富に存在します。

さらに、現在のタイヤは、様々な国で、多様なメーカーで生産されていますが、その違いとは一体なんでしょうか。またどのように選べば良いのでしょうか?

最新タイヤ情報、それぞれのタイヤの特徴・タイヤ交換の方法だけでなく、明日からのカーライフに役に立つタイヤ雑学もまとめてご紹介していきます!

世界的にミシュランやコンチネンタル製のタイヤは高評価の意見が多いです。高価な分、どの点が優れているのでしょうか?

自動車には欠かせないタイヤ、近年はネットも普及して安価なアジアンタイヤがシェアを伸ばしていますが、タイヤは車が地面と接する唯一の部分なので中には拘る方も多いかと多います。今回は欧州3メーカーのピレリ、ミシュラン、コンチネンタルをそれぞれ比較してみたいと思います。

今から冬真っ盛りという時期ですが、雪国の皆さんもうタイヤ交換は終えましたよね?そんな時期ですが、早くも来春向けの新タイヤデビューのニュースです!

だんだん寒くなってきました。縦長の日本列島、地域によってはそろそろ冬タイヤへの交換を視野に入れなければならない時期にさしかかってきたところではないでしょうか。雪が降り始めてからでは遅いですし、早すぎていたずらに冬タイヤが磨耗するのも避けたいもの・・・。いったいどのタイミングでの交換がいいのでしょうか。

一般的な四輪乗用車が全てチューブレスタイヤとなって久しいですが、チューブ入りタイヤにも利点はあり、未だに販売されています。皆さんの身近な車でも履いている車はあるという事で、それぞれの利点を調べてみましょう。

2015~2016年シーズンの冬は異常気象とも言える暖冬!タイヤ交換の時期を逃したまま夏タイヤの人もいるのではないでしょうか。でも、雪が降らなくてもスタッドレスタイヤに換えておいた方がいいんです!というお話です。

タイヤの呼び方は様々…。スタッドかスタッドレスかはタイヤ表面の状態を表すものです。そして、タイヤの内部構造を表す表現に、「ラジアルタイヤ」と「バイアスタイヤ」と言う言葉があります。最近、ラジアルはまだまだ聞きますが、バイアスは聞かなくなりました。これらのタイヤは何が違うのか。また、バイアスタイヤがあまり見られなくなった理由は何でしょうか。

ハイグリップタイヤとは、その名の通り、「高水準で路面をガッチリと掴むタイヤ」のこと。スポーツ走行もできますし、素早くしっかり停まるタイヤなので安全性も抜群です。しかし、価格は同じサイズのローグリップタイヤよりもかなり高額になります。ハイグリップとローグリップ。違いはどんなことなのでしょう?

「ハンコック」「クムホ」「NANKANG」こんな名前をカー用品店のタイヤコーナーで見かけたことはありませんか?ここ最近、日本でもよく見かけるようになってきたアジアンタイヤ。台湾、インドネシア、韓国、中国などのタイヤメーカーが製造するタイヤで、日本のタイヤ市場でも購入者が増加しています。アジアンタイヤとは一体どんなタイヤなのでしょうか?

安い!安すぎる!アジアンタイヤはその安さから大人気です。安いだけでなく国産タイヤには無いようなサイズまでラインアップしていますし、今やタイヤ選びの選択肢として、当たり前になってきたのではないでしょうか。当然ながら、国産タイヤも依然として豊富なラインナップがあります。違いはどこにあるのでしょう?

最近は、FormulaDやD1グランプリだけでなく、サーキット単位で開催されるドリフトコンテストなども増えています。これからドリフトを始めよう、という方もいらっしゃるかもしれません。ドリフトに必要なのはタイヤ。とにかく消耗が激しいことがポイントです。どのようなタイヤがドリフトに適しているのでしょうか?

一般的にサーキットで使うタイヤはいかに速く周回できるかを目的に作られているため、グリップ力が強く、逆によくカー用品店で並んでいるタイヤは燃費、降雨時の排水性、ロードノイズ低減を主に重視しています。では、両者ともにどのような工夫をしているのでしょうか。

ランフラットタイヤにパンク修理キットと、スペアタイヤの装備義務が無くなってから色々な選択肢が増えてきました。また、一時期に比べると、安全性の事などもあり、バックドアにスペアタイヤを装着する車が減ってきたようにも感じます。さて、そんなスペアタイヤですが、一概にスペアタイヤと言っても種類は様々。どんな種類があって、どのように使えばいいのか?細かく見ていきましょう。

ミニバンの話題で、しばしば取り上げられる問題のひとつが「タイヤの片減り」です。とはいえ、条件によってはミニバン以外でも発生しますし、ミニバンの台数が著しく増加していることによって強調されているといった面もありますが、ミニバン独特のパッケージにも問題があるようです。

タイヤのサイズ選びによる違いは?サイズを変更することによって、どのような変化が生じるのでしょうか?

ピレリタイヤ。大手の国産タイヤメーカーがひしめく日本ではメジャーな存在とはいえないかもしれませんが、タイヤメーカーに詳しくない方でも、一度は耳にした事がある名前ではないでしょうか?F1などでも使用されることのあるピレリタイヤ、果たしてどんなタイヤメーカーなのでしょう?

雪国の人はもうタイヤ交換を終えていると思いますが、まだまだこれから、雪が降ってからという方も多いと思います。ところで皆さんタイヤの保管はどうされていますか?保管方法次第で寿命も変わってきます!

タイヤ交換時に、窒素ガスの充填を薦められたことはありませんか?これ、本当に言われるほどの効果があるのでしょうか。有名店などでは1本540円の料金で、4本に充填するなら2,160円増しということになりますが、はてさて、その見返りとは…。

一般的にした方がよいと言われているタイヤローテーション。では、実際にどれくらいの時期にした方がよいのか、また、駆動方式によるローテーション方法の違いなどについてまとめてみたいと思います。

皆さんは、どのぐらいの周期でタイヤを交換しますか?もちろん、ガソリンスタンドやカー用品店の店員さんの指示に従って替えるのもよいですが、できれば自分でも知識を持っておきたいですよね。一体、どんなタイミングでタイヤを替えればよいのしょう?

車は一度購入すれば長く乗ることができますが、そのほとんどが消耗品で出来ています。安全に長く乗ろうと思うのなら、パーツを定期的に交換しなければなりませんが、乗り方次第で消耗を遅らせることはできます。今回は消耗が目に見えやすいタイヤの減りについてご紹介します。車を運転する上でタイヤの消耗は免れません。タイヤを長持ちさせるにはどうすればよいのでしょうか?

大きなホイールと偏平率の低いタイヤ(大径タイヤ)は、いまやドレスアップの定番になっています。最近の高性能車では、純正で20インチというタイヤ&ホイールも珍しくありません。この大径タイヤにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか?------------------------------------------------------------------------いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。一部記事の内容に誤りがありました。読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。(2017年6月1日)

FR車に採用される前後で幅が異なるタイヤや、MR車で見かけることがある前後異径のホイール。どのようなメリットがあるのでしょうか?

クラウンの様な定番セダンからアリストの様なスポーツセダン、あるいは高級車であるレクサスから輸入車まで「VIP」な仕様に手を加えられた車たちはギョっとするほどタイヤが「ハの字」になっています。いったいどうやってあんなに極端な角度がついているのか!?ナゼそんなことをするの?今回はタイヤが「ハの字」な謎に迫ります。

高級車のホイール付タイヤばかりを狙った窃盗やオートバイ窃盗を繰り返したとして、京都府警伏見署は21日、男4人を追送検する、という事件がありました。同署は74件の犯行を裏付け、被害総額は計約1800万円にのぼったそうです…。

バネ下重量の軽量化は、1キロあたり車両全体でみれば4〜15キロもの軽量化に匹敵すると言われています。そのためタイヤホイールの軽量化により、ブレーキ、コーナーリング、加速、燃費…これらに良い効果があると言われます。 しかしそれも度が過ぎると、全体のバランスを悪化させ、本来の性能を落としてしまうこともあるようです。この、これまでの常識に対してまったく違う「プロに聞いた」意見、偏平化のデメリットとも合わせて、今回の話題の中心にしてみたいと思います。

近年は車体の剛性向上や走行性能の上昇に伴い、車の足元であるタイヤもパッとみて以前とは異なると一目でわかる違いがあります。それはズバリ「扁平率」です。扁平率といえば乱暴に解釈するとタイヤ側面の「厚さ」の事です。以前は高性能なスポーツカーや大排気量なセダンでも16~17インチくらいで大きいと判断されたタイヤサイズが18~19インチが当たり前となりました。社外品においては20インチオーバーも珍しくなく、薄いタイヤは見た目にもカッコよく映ります。今日はそんな低扁平なタイヤを装着したときに感じる事を考えてみましょう。

車には、定期的に交換する必要のある部品が多々あります。エンジンオイルやワイパーブレードなどもその一つ。走っていけば、ブレーキパッドやタイヤの交換が必要になるでしょう。タイヤとブレーキパッドは、走行距離に応じて劣化しますので、走行距離が短いと5年たってもスリップサインが出ない、というケースも。特に週末に乗る程度、というドライバーであればなおのこと。タイヤは、減らなければ何年でも使えるのでしょうか。

タイヤがパンクした、1本だけ減りがひどくて車検に通らない…といった経験がある方は多いかと思います。このような場合、タイヤを1本だけ新品に変えて走行した場合、どんな問題があるのでしょうか?

一時は日本国内流通が無くなったものの、北米で人気を得て2005年に逆輸入という形で復活したニットー。北米嗜好のユーザーから人気が高く、SUVや4WD系から偏平スポーツタイヤまでラインナップするニットーから、同社のフラッグシップ「INVO」を紹介しましょう。

クルマにとって必要不可欠な存在のタイヤ。現在、さまざまな国に、さまざまなメーカーが存在しています。なかでも、ユニークな商品を世に送り出し、多くのクルマ愛好家から注目されているのが「TOYO TIRES」です。今回は、そのTOYO TIRESの製品について、技術に詳しい担当者様にインタビューしてきました。【Sponsored by TOYO TIRES】

タイヤの下部を極端に外側に傾けさせるカスタム、鬼キャン。ドレスアップを目的として行われることも多いですが、今回は鬼キャンどころではない、”超”鬼キャンしてしまったスズキ アルトワークスの走行動画です!

なぜこの対決をしようと思ったのかわかりませんが...とにかく、”ノーマルタイヤ+四駆”と、”スタッドレスタイヤ”、どっちが凍結道で駆動できるかという対決です!どっちが勝つのか!?