タイヤ・ホイールに関する豆知識

タイヤ・ホイールに関する豆知識

タイヤ・ホイールの雑学まとめてに関する豆知識を紹介します。

愛車のホイールを覗くと、ほとんどのクルマで内側部分に四角い鉛の板が付いています。これはバランスウェイトといって、いわゆるおもりです。これを目にして、なんのために付いているのか気になったことがある方もいるのではないでしょうか?今回は、ホイールのおもりの謎に迫ります。

関東では木枯らし1号が吹き、北の大地では積雪が観測されています。そろそろ冬ですね。この時期気になるのは、スタッドレスタイヤに履き替えるタイミングをいつにするかということです。ところで、タイヤ交換とタイヤ組み換えの違いって知ってますか?

黒く艶を出し足元を引き締めるタイヤワックス。使用したことがある人も多いかと思いますが、正しい使い方をしないとタイヤの安全性を損ねたり、劣化を早めてしまう可能性があります。そんなタイヤワックスは、トレッド面に使用しても問題ないのでしょうか?

冬の雪道と言えば、スタッドレスタイヤがマストアイテムですが、住んでいる地域によってはタイヤチェーンだけで冬を乗り切るというドライバーもいるかもしれません。また、スタッドレスタイヤを装着している車でも、やむを得ずタイヤチェーンを巻いて走らなければならないこともあります。その際、タイヤチェーンを装着した車は、時速何キロまで出してよいかご存知ですか?

道路を走行中、前を走るクルマのリアタイヤが2重になっているのを見たことはありませんか?ダブルタイヤと呼ばれるタイヤの装着方法のひとつで、おもにトラックやダンプでの採用されています。この方式のメリットやデメリット、さらに面白い機構も紹介します。

本来はサーキットなど限られた場所で行うドリフトですが、ときおり峠道や広い駐車場で意図的に残したと思われるタイヤ痕をみることができます。タイヤを路上で滑らせる運転をするので、タイヤ痕が残るのですが、一般道でタイヤ痕を残しても問題ないのでしょうか?

夏タイヤからスタッドレス、スタッドレスから夏タイヤへ履き替えた際、多くの方が悩むタイヤの保管場所。ガレージや物置に保管できるという人もいれば、集合住宅でベランダなど屋外保管という人もいます。タイヤは、保管の状態によって劣化を早めてしまうこともあるといいます。では、どのようにして保管するのがよいのでしょうか?

車のタイヤは、決まって黒ですよね?ボディカラーに合わせたり、アクセントに別の色にできたらカスタムの幅がより広がりそうですが、タイヤは黒でなくてはいけないという決まりでもあるのでしょうか?カラータイヤを履かせるのは違法なの?

オーバーフェンダーは、フェンダーに収まりきらないワイドタイヤを使用する際、保安基準に適合させるために装着されていたパーツです。自動車メーカーなら保安基準を遵守すれば、最大2.5mまでボディを拡幅できますが、後付けの場合、どのくらいまで拡幅が可能なのでしょうか?

最近はコンパクトカーやミニバンであっても、17や18インチといったホイールを履いていることが珍しくありません。なかには大径ホイールを装着している車も見受けられます。しかし、昔の車を見てみると、ホイールはかなり小さかったことに気付かされます。そんななかでも、小さかったのが10インチというサイズ。今回は、標準で10インチのタイヤを装着していた車を紹介します。

近年、ホイールのデザインとして、輸入車では5本ダブルスポークが人気です。日本車にも高級車を中心に増えつつあるデザインですが、輸入車に多いのはなぜでしょうか?また2〜3年前から、5本ダブルスポークから枝分かれしたスタイルのスプリット5スポークと呼ばれるデザインが人気上昇中です。

車のホイールは、ひと昔前に比べて大径化の傾向にあります。軽自動車でも、大きなホイールを見かけることもあります。とくにドレスアップでは、18インチというサイズを装着する猛者もいるようです。そんな軽自動車に24インチの大径ホイールを装着することは可能なのでしょうか?

年々、大径化が進む車のホイール。確かに大きいほうが足回りが引き立って見え、車の印象が変わりますよね。また、カスタムのなかでも手を出しやすく、見た目にもわかりやすいというメリットがあります。ところで、現在販売されている車のホイールには最大で何インチが用意されているのでしょうか?乗用車用として国内販売されている、大径ホイールと小径ホイールを調べてみました。--------------------------------------------------------------------------いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。一部不適切な表現があり、記事内容を修正いたしました。読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。(2018年3月12日)

2018年1月22日から23日にかけて、日本各地が大雪に見舞われ、道路も鉄道もマヒ状態に陥り、さまざまな方面に影響をおよぼしました。なかでも路上では、積雪によるスリップ事故や立ち往生が相次ぎましたよね。ところが、ニュース映像をよく見ると、夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行していた車両もあり、それも交通マヒの要因になっていたようです。しかし、この雪道を夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で走行する行為そのものが違反なのです。

もうすぐ春。現在、冬用タイヤにしている方々も、3月にはそろそろ夏用タイヤに交換の時期。なかには、これを機に新品タイヤに履き替える方も多いかもしれませんね。その新品タイヤには、黄色と赤の丸いペイントが施されています。それぞれどういった目的でペイントされているのでしょう?

最近、流行りのエコタイヤ(低燃費タイヤ)。交換によって燃費が向上するともいわれ、現在では販売店で消費者が購入する夏用タイヤの約80%がエコタイヤになっています。なぜエコタイヤは、燃費に良いのでしょうか?またエコタイヤに変えると、燃費はどれくらい向上するのでしょうか?調べてみました。