ジープ ラングラーで沖縄をドライブってかっこよすぎません?

沖縄でジープ ラングラーをレンタルしたら最高の男旅になるかも?

エクセルレンタカー ジープ

1941年に軍用4輪駆動車として誕生したウィリスMBをルーツとするジープラングラーアンリミテッド。現在はフィアットクライスラーの1ブランドとして、アメリカを始め、世界各国で人気のあるモデルで、伝統的で武骨なスタイリングも特徴の一つです。

初代ラングラーは1987年にデビューし、その後モデルチェンジを重ね、現在のモデルは3代目となります。(2007年発売)

当初2ドアモデルのみの発売でしたが、3代目になって、4ドアモデルが発売されました。そのことは、さらにジープラングラーのファンを増やすこととなった要因の一つでもあります。

ラングラーアンリミテッドは、数少ないオープンに出来るSUVモデルとしても有名です。ただし、フルオープンにするには、特殊工具が必要で、脱着に大人2~4人は要することから、時間など気にしないような、いい意味でアメリカのおおらかさに触れることもできるモデルです。

一度オープンにしてしまうと、屋根を置いている場所に戻らない限り、元には戻せないので、雨なんて気にしない、というのんびりとした気持ちも重要。

ラングラーは、かなり武骨なスタイリングですので、女性などには好みが分かれるところですが、男同士の旅にはうってつけの車で、かなりワイルドな気分で旅を満喫することが出来るはずです。

実際にジープ ラングラーを沖縄でレンタルしてみました。

エクセルレンタカーさんで、ジープ ラングラー アンリミテッドサハラをレンタルした場合の金額についてです。
当日のみのレンタルですと、16,400円、1泊2日で20,670円、2泊3日で32,800円、3泊4日で44,780円、5日目以降は10,340円/1日となります。(全て税込み)
 ★保険、免責補償、ガソリン満タン返し不要のオールイン価格になっています。

エクセルレンタカー ジープ

実際には、ラングラーをオープンにすることはなかなか手間もかかり、ボタン一つで開閉させることもできないので、今回はオープンにはせずに旅をしましたが、アメリカ文化も多く存在する沖縄には、ぴったりのモデルでした。

例えばA&Wのハンバーガーを、アメ車のジープラングラーで食べに行く。これだけでも、もうアメリカの感じでお腹いっぱいになりそうです。ドリンクホルダーにおいたルートビアもいい感じ。A&Wにて撮影した写真はかなりインスタ映えしますし、旅の思い出にぴったりです。

アメリカンな街の雰囲気だけでなく、沖縄の海岸線や、自然や絶景の中をドライブするのも、ものすごく似合うラングラー、最高の思い出作りになるのではないでしょうか。

ラングラーは5人乗りですので、男5人という、通常では暑苦しい感じも、沖縄ドライブでは楽しい思い出となるでしょう。のんびり、おおらかに沖縄を旅するには、アメリカンなラングラーは、間違いない選択となると思います。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事