クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

ヘッドライトの曇りをDIYで解消!その方法とは

樹脂製レンズカバーの曇り、どうしてますか?

G-COATヘッドライトコーディング

自動車用ヘッドライトのレンズカバーといえば、数年前から樹脂製が主流となっています。樹脂は、複雑な形状にも対応できるだけでなく、軽く安全性にも優れています。その一方で、ある程度の年月が経過すると、ライトカバーが曇ったり、黄色く変色してしまうというケースも少なくありません。

こうなるとヘッドライトの交換、またはショップでの磨き作業というのが一般的でしたが、「G-COATヘッドライトコーディング」なら自宅でヘッドライトの磨きとコーティングが可能。要注目アイテムの効果、使用法をご紹介しましょう。

そもそも、ヘッドライトはなぜ曇る?

G-COATヘッドライトコーディング

最大の原因として知られているのは紫外線。つまり太陽光にさらされるだけでもヘッドライトに使用されるプラスチックなどの樹脂部品は"黄変"や"白濁"など、徐々に劣化していきます。

また、砂ぼこりや洗車による細かい傷も曇りの原因となっており、こうした傷から汚れが入り込み、樹脂が劣化することも少なくありません。つまり、太陽光に当たらないガレージ保管でも、日頃のメンテナンスが悪いと樹脂パーツは劣化するのです。

手軽に曇りを解消できるG-COATヘッドライトコーティングとは

G-COATヘッドライトコーディング

ヘッドライトの劣化を防ぐには、まず第一に紫外線から保護することが重要です。

「G-COATヘッドライトコーティング」は"紫外線カット剤"を配合していることに加えて、抜群の耐久性を誇る本格的なガラスコーティングなので、長期間にわたりその効果を維持することができるのです。

また、雨や洗車時の水分が表面に残らない滑水タイプなので、劣化の原因となる汚れが付着しにくいという効果も期待できます。

すでに劣化しているライトには…

すでに黄ばみや白濁という症状が出ているライトには、専用下地処理剤を施工することで、透明度と輝きを取り戻すことが可能です。

作業は洗車後に、ヘッドライト周辺にマスキングを施し、専用フェルトスポンジに処理剤を数滴つけ、ライトカバーに着いた白濁汚れや黄変汚れを縦横に動かし取り除きます。この下地処理剤は樹脂表面をただ削るだけではなく、汚れを分解して浮き上がらせて除去、そしてクレンザー成分により表面を平滑に整えます。

その後、GCOATガラスコーティング剤を新しい専用スポンジ数滴つけ、ヘッドライト全体に塗り伸ばして、専用クロスで拭き上げて完成です。

次ページ曇ったヘッドライトはどこまで綺麗になるのか・・・。

この記事をシェアする

関連する記事