クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

ドライバーの死角をマルチVIEWカメラがカバー −データシステムMVC811-

ドライバーの目となって安全を確保する外部カメラ

データシステム マルチビューカメラ

クルマにはモニター装備が当たり前のものとなった現在、バックカメラを装着したクルマも増え、その便利さから、もはやカメラなしでは車庫入れできない、なんて人もいるくらいです。このバックカメラは、とりわけ見えにくい場所の確認に絶大な効果を発揮。安全性を高めていることは、よく知られています。

そんなカメラの恩恵を理解している方はもちろん、まだカメラを付けたことがないという方にも、お勧めしたいのがデータシステムのマルチビューカメラ、『MVC811』です。

事故を未然に防ぐ水平方向180度の視界

このMVC811は、水平方向180度、上下方向120度をカバーするワイドビューと、6パターンもの多彩な表示機能を実現したもので、フロントまたはリアエンドに装備することで、車両の死角や道路の死角を大幅に低減します。

通常、こうした超広角のカメラの場合、両端に歪みが生まれてしまうのですが、MVC811では表示画面の歪みをカメラ側で補正、違和感のない映像をモニターに映し出すようセッティング。耐久性に優れる6層ガラスレンズの採用が、つねにクリアな映像を約束します。

カメラ部のサイズは、たて23mm×よこ23mm×奥行き30mmというコンパクト設計。カメラの角度や高さ、奥行きを調整できるマルチステーにより、フロントグリルやナンバープレート周辺など、ちょっとしたスペースに装着することが可能となっています。

狭い路地から大通りへ出るときに大活躍

データシステム マルチビューカメラ

マルチVIEWカメラ『MVC811』の恩恵をもっとも感じることができるのは、フロント部への装着です。

「前を見て運転してるのだから、フロントにカメラなんか要らないよ!!」と思う人もいるかも知れませんが、実際に装着したクルマに乗ってみると、思っている以上に便利なことに驚かされます。

たとえば、狭い路地や駐車場から道に出て行く時、向かってくる歩行者や自転車、クルマを確認するには、ドライバーが目視できる位置、つまり車体をかなり前まで出さなければ見えません。

そのため、多くのドライバーは、そろそろとノーズを道に出す行為を行うのですが、急に自転車が目の前を横切ったりすと、ヒヤリとしますよね。ところが、MVC811が付いていれば、車体を道路側に乗り出す必要もなく、周囲の安全確認が行えるようになります。

またフロントの直前など、どうしても死角になってしまう位置の確認もできるので、安全性は大幅に高まります。

多彩な画面表示で、ドライバーをサポート。

カメラがとらえた映像は、市販ナビはもちろんメーカーやディーラーオプションナビ(接続には別売のハーネス等が必要です。一部対応できない機種があります)にも映し出すことが可能。

さらに専用モニターを設置すれば、切り替えの手間なく、いつでも、どんな場面でも、前方左右の状況確認が可能。見えないところから近づいてくる自転車や歩行者も、確認できるようになるというわけです。

画面表示はノーマルビューに加え、水平180度のスーパーワイドビュー、左右を同時に表示するコーナービュー、真上から見下ろすようなトップビュー、スーパーワイド+コーナー、スーパーワイド+トップの6パターンが可能。付属のコントロールスイッチで好みや用途に合わせて選ぶことができて便利です。

もちろんリアへの装着の際には、鏡像に切り替えることが可能なので、画面をみて戸惑うこともありませんし、なによりも見下ろしのトップビューとワイドビューを組み合わせれば、スペースのギリギリまでバックすることもできるようになります。

純正カメラとは比べものにならない視野の広さによって、安全性は格段に向上。狭い駐車場でも簡単に車庫入れできるようになるなど、純正品との交換でも高い効果と満足感が得られるでしょう。

ドライバーが目視できない範囲は、外部カメラでカバーする。これこそ21世紀のセイフティードライビングといえるのではないでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事