マフラーは1本と2本どちらがいいの?その違いとは?

そもそもマフラーの役割って?

マフラー

内燃機関には、必ずといって良いほど必要なマフラー。その役割は、排気ガスが排出される際に発生する音を低減し、エンジン特性の調整に用いられます。

特に消音は、エンジンから排出される排気ガス段階的に膨張させ、圧力波を干渉させるなどの方法によって、圧力と温度を下げて騒音を抑えます。そのため、草刈機や大型船舶などにもマフラーがついています。

一般的にマフラーと呼ばれる部分は、クルマのリアバンパーまわり、またはバンパー部分に見える金属のパイプのことです。このパイプを辿っていくとエンジンにつながります。

ざっくりマフラーと呼ぶこともありますが、エンジン直後の部分はエキゾーストマニホールド、そこからエキゾーストパイプにつながり、最後にサイレンサーにつきます。

このサイレンサーが、一般的にマフラーと呼ばれる部分で、ここで音を共鳴させて大きな排気音を消音しています。排気音は、それぞれの車種に合わせた音にチューニングすることも可能です。

ちなみに、スポーツマフラーと呼ばれるものは、これらのパイプが曲がりやつぶれの少ないもので、より直線に近い形状にして排気の抜けを良くしたものが多く、ターボ車では、車種やマフラーの種類によっては、過給圧が上昇して大きな出力アップを狙うこともできます。

そんなマフラーは、車種によって1本出しや2本出しのものがあります。本数によってどのような違いがでるのでしょうか?

次ページ1本マフラー、2本マフラーどっちがいいの?本数による違いとは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事