クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

今さらながら東京モーターショーレポート タイヤブランドの枠を超えた独自の世界観を表現するファルケン

タイヤブランドなのに飛行機?

無題

今回のモーターショーで、ファルケンはタイヤブランドにも関わらず、タイヤをメインテーマとはせずに、スポンサーとなっているエアレースの機体(モックアップ)の展示をメインに押し出しておりました。

今年は、スポンサーをしている日本人のエアレースチャンピオンも誕生したことから、かなり広告的な効果はあったのではないでしょうか。

2015年から、ON  THE PULSEというスローガンのもと、若々しいイメージ戦略できたファルケン。エアレース展示と、ともにイメージ戦略は成功してそうな気がしました。

多彩な商品ラインナップ

無題

ファルケンは2015年からオールシーズンタイヤも発売しております。
※画像右側

オールシーズンタイヤとは冬タイヤと夏タイヤをいいとこ取りさせたもので、冬タイヤ規制のある道でも、冬タイヤとして十分に性能を発揮でき、なおかつ夏タイヤとしてのドライ面での性能も両立させたタイヤです。

年に数回しか雪道を走ることがないようなドライバーには、うってつけの商品ではないでしょうか?

まだまだ市販タイヤが少ないクラスですが、ファルケンは早い段階から、手をうってきた感じがしますね。

無題

それ以外にも、ファルケンの担当者一押しなのが、AZENIS FK510というタイヤです。こちらのタイヤはまだ国内販売されてはいませんが、ポルシェやメルセデスのAMGなどにととても合うタイヤで、アウトバーンなどの高速域での性能が高く、高性能スポーツカーや高性能セダン向けに作られたタイヤです。

国内発売時期はまだ未定だそうですが、国内のハイパフォーマンスカーユーザーに向けて、発売が待ち遠しくなるモデルです。




これからも更に知名度と若々しさをアピールし続けていくファルケン、エアレース優勝とともに、売り上げにも拍車がかかると思います。

無題

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事