クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

レンタカーとしても借りれる?ジープの伝道師、タイガーオートの提案する楽しさ溢れる「タイガーパッケージ」

ジープを知り尽くしたショップが作るコンプリートモデル。それがタイガーパック。

タイガーオート ラングラー

「プラス3インチ」から始まる、非日常への入り口…

タイガーオート

今回紹介する「タイガーパッケージ」のベースとなったのは、2013年式ジープラングラー・アンリミテッド・サハラ。

3インチアップサスペンションキットを組んでおり、車高アップによる迫力あるアピアランスと同時に、8段階減衰力調整ショックアブソーバーによる、シーンに合わせた足回り設定も可能になっているのが魅力。

乗り込むときから冒険がスタートする「タイガーパッケージ」

タイガーオート ピックUP2

前述のように、足回りのカスタマイズによる走破性とアイポイントの向上がジープの魅力をアップさせている。ただ、車高がノーマルより3インチ(約8cm)アップしており、当然乗降がしにくくなる。

しかしこれはネガというよりは、タイガーパッケージの「個性」と受け止めるべきだろう。

前席・後席には「グラブハンドル」が装備されており、「乗り込む瞬間から冒険が始まる」、そんな仕掛けといえそうだ。

ノーマル以上の実用性も兼ね備えたカスタマイズ…

タイガーオートピックアップ3

ノーマルにはない、リアシートの「リクライニング機構」を追加装備。居住性も向上させている。

また、ノーマルではブレーキペダルとアクセルに段差が付いており、踏み換える際に「距離」があるのだが、これにブラケットを噛ませることで踏み換え易く改善。

このように使い難かった細やかな点も改善しているのも嬉しいところ。

少しでもジープの魅力を知って欲しい…そんな思いからの「価格設定」

タイガーオートピックUP

この「タイガーパッケージ」に追加装備されたパーツ+工賃は約94万円になるのだが、新車販売価格で計算すると、約40万円ほどの上乗せでしかない。つまりこのタイガーパッケージは、非常にお買い得なカスタマイズモデルといえる。

そして「車検対応」というのも素晴らしい。ここ日本で少しでも多くの方に「ジープならではの魅力」を味わって欲しい、そんな心意気が伝わる一台。

「タイガーオート」、なんとも心強いジープの伝道師ではないだろうか。

この記事をシェアする

最新記事