クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

タコメーターすらない車が普通なのに、追加でメーターを付ける意味ってあるの?

それでも必要な時もあるタコメーター

マツダ ロードスター タコメーター

現在でも、タコメーターが必要な車種があります。 それはもちろんスポーツモデルで、特にMTやセミAT(クラッチは無いのですが、機械的には手動変速車)の場合は、商品性を高めるため、そして速さを追求するためにも重要です。

厳密に言えば、これもコンピューターがエンジンを操作していますが、こうした車で速く走るためにはエンジンがその能力をもっとも発揮する回転数をドライバー自身が判断してそこに合わせる必要があるため、タコメーターは不可欠な計器となります。

また、何かトラブルの際には、その元凶がエンジンであるのか、またはそれ以外にあるのかが、ざっくりながらわかります。 そうした情報は、コンピューターの診断によってドライバーに警告を出せば良いのですが、タコメーターの回転数とその動きのほうが、ドライバーが素早く直感的に事態を察せます。

そうしたことまで考える必要がある車種、あるいは用途の場合は、今でもタコメーターがあった方がいいですね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事