クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

そのLEDバルブ、見やすいですか?ドライバー目線での見やすさを強調した、RGのLEDヘッドバルブ!

ハロゲンバルブと比較して明らかになる視認性

LEDバルブとハロゲンバルブではどれほど実際の見え方に差があるのか?論より証拠ということで、RG POWER LEDとハロゲンバルブとの比較動画を見てみましょう。

まずは業界最高クラスの明るさと視認性を誇る「プレミアムモデル」と、実用性とコストパフォーマンスに優れた「ハイベーシックモデル」がラインナップされた12V用です。

点灯した瞬間光がゆっくり浮き出すようなハロゲンと違い、LEDではON/OFFで切り替えたように瞬時に安定。走り出しても、限られた照射範囲をボンヤリ照らすハロゲンに対し、LEDは近くから遠距離までをクッキリ照らし、視認性が大きく向上しています。

市街地に入るとその違いはさらに明らかで、街灯など街の灯りに同化してしまい、ヘッドライトで照射できている部分とそれ以外がわかりにくいハロゲン、どこを照らしているのかハッキリわかるLEDという違いが。

さらにハロゲンで照らしきれない範囲までLEDは照射してくれるので、歩道の茂みの脇に歩行者などがいても、より早く気付くことが可能です。

直進性が高いハイビーム光

24V車での比較動画でも、その違いは明らかです。

ハイビーム時にも配光と明るさを重視しており、直進性の高い光が手前から奥まで全域を照射しているのがわかります。

トラックのように目線が高い車でも、単に明るいだけではなくドライバー目線での見やすさを追求しており、運転していて暗さや照射範囲の狭さから感じる不安をやわらげる、それがRG POWER LEDヘッドバルブの狙いです。

ハロゲンから最大130%アップ!業界最高レベルの明るさ

RG POWER LEDの明るさは5,000ルーメンと、H4サイズハロゲンのロービーム比で最大130%アップした、業界最高レベルの全光束(左右バルブでの明るさ)を実現しました。

最新鋭の極小LEDチップを使い、ハロゲンバルブ同様の違和感無い配光性能を実現しており、もちろん車検対応です。

純正採用基準となるテストも最高レベルでクリア!

RG POWER LED

純正バルブの採用基準である「JIS規格D203噴水試験でも、最高レベルのS2クラスをクリアする高い防水性能を発揮します。

また、ノイズが極めて入りにくいことも国際電波規格「CISPR25」クラス3の達成で証明した低ノイズ設計です。

静粛で低振動、ハイビームインジケーターランプも点灯します!

冷却用ファンベアリングは低振動で静粛性に優れたものを採用し、EVやハイブリッド車のEVモードでも車内にバルブからの騒音が入らない高い静粛性能を誇ります。

高性能定電流回路を内蔵した高電圧対応設計で、12V車用は最大28V、24V車用は最大40Vまで対応可能です。

RG LED

また、HIDやLEDにバルブを交換したことで、ハイビーム時にドライバー側で点灯するはずのハイビームインジケーターランプが不点灯になる不具合も多く、対策している人も多いでしょう。

RG POWER LEDのH4製品はハイビームインジケーターランプ点灯機能が標準搭載と対策されているのも、大きなポイントです。


明るく見やすく、そして運転しやすいRG POWER LED。

皆さんも交換を検討してみませんか?

この記事をシェアする

関連する記事