クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

釣り好きに朗報!釣り専用キャンパー『つれるんだー』ってナンダ?

ベースはエブリィ / NV100、リフトアップ仕様で釣り場にGO!

ツレルンダー(PR)

軽キャンピングカー製造・販売カスタムショップとして、おもに軽1BOX車をベースとしてキャンピングカーを作っているオートワン。

用途に合わせて製作される同社の車両は、まさに痒いところに手の届く車です。

ベースとなっているのは、スズキ エブリィおよびOEM供給されている同型車日産 NV100の商用バン仕様です。

釣りと言えば、絶好のポイントに達するまで悪路をガンガン走破しなければいけないことも想定し、オプションで30mmのリフトアップサスも準備しました。

それぞれベースグレードに対して12万円アップで4WD仕様が選択できますし、オプションのフロントアンダーガードまで装着すれば、これまで遠くに車を止め、重い荷物を歩いて運んでいた釣り場にもらくに到着できますね!

長い室内空間が活きる!ロッドやルアーも楽々収納・出し入れ!

ツレルンダー(PR)

軽1BOXバンベースですから、狭い道にも入れるうえに室内空間は広大。

ルーフは長いロッドを天井から吊り下げ収納するのにも最適。しかもテールゲートのリアガラスをノーマルのハメ殺しタイプから、横方向に開ける引き戸式「リアゲートアクリル二重窓」に換装可能です。長尺物を車内に出し入れする時には、とても便利ですね。

その他ルアーや釣り道具を収納できるオーバーヘッドキャビネット、ライフジャケットなど吊り下げるためのハンガーステーも充実していますから、荷物や着替えが多くとも就寝スペースを圧迫しません。

ルーフ上の2mもの長さを誇る「ノセルダフラットルーフキャリア」には、ボートや大型のクーラーボックスが載せられますから積載能力も十分です。

就寝スペースは広々と2名分確保

ツレルンダー(PR)

早朝や夜釣りに欠かせない車中泊の準備は、1BOXベース軽キャンバーの真骨頂。最大1,980mm×1,260mmの就寝スペースには就寝マットとミニクッションを標準装備。走行充電システムと38Aのサブバッテリーも準備されています。

体に無理をかけず、気軽に釣りを楽しむための、快適移動空間としてはうってつけですね

ツレンダーヒッチカーゴで広がる使い方

ツレルンダー(PR)

リアにオプションで装着可能なのは「ツレルンダーヒッチカーゴ」。写真では懐かしい折りたたみバイク、モトコンポが載っていますが、あなたならここに何を載せますか?

釣りを趣味にしているユーザーならば、そのスタイルに合わせてさまざまな使い方を思いつくはず?

他にヒッチメンバーも取り付け可能ですから、軽自動車で牽引可能な超軽量カーゴトレーラー「ワンカーゴ」と組み合わせることで、さらに大人数で釣り&レジャーを楽しむことも可能でしょう。

釣りをするのにもっと便利な軽キャンパーが欲しい!という要望に応えたオートワンの『つれるんだー』で、あなたのフィッシングライフをもっと素晴らしくしちゃいましょう!

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事