クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

「ハイパーマックスG」に変えたら、ロングドライブが楽しくなった。

HKS「ハイパーマックスG」サスペンションキットとは

HKS ハイパーマックスG (アルファード) 今井さん

チューニングとひと言でいうと、エンジンのパワーアップや足まわりの強化など、とかくハイスピード域での性能向上を思い浮かべる方も多いはず。

たとえばサスペンションなら、スプリングを硬めにセットして、サーキットでのラップタイム向上を…、というスポーツ志向のアイテムが多くなっています。

その一方で、「車高を低めてスポーティな見ためにして、乗り心地も確保したい」とか、「快適性もハンドリングも良くしたい」など、ハード過ぎないチューニングを望んでいるユーザーがいるのも事実です。

そうしたリクエストに応える高品質なサスペンションキットが、HKS「ハイパーマックスG」なのです。

純正形状サスペンションならではコダワリ

HKS ハイパーマックスG (アルファード) 今井さん

マフラーやターボチャージャーなど、多彩なチューニングパーツを展開するHKS。自社生産の『ハイパーマックス』サスペンションには、スポーツ志向の強い「マックスIV」、ミニバン・ワゴン向け「Sスタイル」、上質な乗り心地とハンドリングを実現する「ハイパーマックスG」をラインナップしています。

なかでも「ハイパーマックスG」は、HKSのコダワリである自社生産や単筒式を継承。同時に純正形状とし、ユーザーによるセッティングを不要としています。それにより、ほどよいローダウンスタイルを追求しながら、純正品を凌ぐ乗り心地と走行安定性を実現したのが特徴といえるでしょう。

HKS ハイパーマックスG (アルファード) 今井さん

「追求したのは、"上質"です。タウンスピードから高速道路まで、日常域でのフィーリングを重視して開発しました。ハイパーマックスシリーズでの純正形状は初めてのトライだったこともあり、開発には2年以上を掛けて、数万キロ。アルファード・ヴェルファイアだけでも数千キロの走りこみを行いました」
と話してくれたのはHKS自動車開発部の今井達也さん。

これまで"純正形状"のサスペンションキットといえば、リプレイスパーツやモータースポーツ入門用という位置づけの製品が多く、性能的にも品質的にも純正に準じたものが主流でした。ところが、「HKSのハイパーマックスG」は、高品質で本当にイイ物を目指して設計されています。

研究・開発時には、既製パーツの組み合わせではなく、最適な形状やスペックの部品を製作してベストと思える仕様を追求したそうです。

最高の性能を追い求める姿勢は、出来上がった「ハイパーマックスG」にも生かされており、一般的な素材品質基準よりも厳しいHKS独自基準をクリアした素材のみを使用。さらに高い精度での組み付けで完成されています。

こうしたコダワリの積み重ねにより、「ハイパーマックスG」は群を抜く高性能と高品質を実現しているのです。

「ハイパーマックスG」注目のメカニズム

もっとも注目したいのは、ショックアブソーバー部分に採用されている”単筒式構造”です。

シェルケースの中を、オイルとガス室に分けた構造の単筒式は、純正パーツや廉価な製品に採用される複筒式に比べ、耐久性に優れるほか、作動初期に必要な微細な減衰力を安定して発揮できるのが特徴です。

また、ピストンロッドを下側に配置した”倒立式”であることも注目ポイントです。

正立式よりも剛性を確保しやすい倒立式は、ステアリングからドライバーに伝わる接地感や操縦安定性が向上します。これは複筒式の構造では、採用できないメカニズム。これも単筒式にこだわった理由のひとなんだそうです。

そして、何より注目すべきは”純正形状”ということ。

車高調整式に比べて、サスペンションストロークを大きくとることが出来るので、より細かいダンパーセッティングが可能としています。

また、スプリングも純正形状と同じ不等ピッチを採用。同時にオフセットして装着することで、上質な乗り味と適度なローダウンを両立することができたのです。

その乗り味、スタイルは

HKS ハイパーマックスG (アルファード) 今井さん

「ハイパーマックスG」が装着されたトヨタアルファードに対峙すると、その精悍な佇まいに驚かされます。

前後30mmというダウン量により、フェンダーとタイヤは絶妙なクリアランスとなり、20インチホイールとのマッチングも良好です。

そして実際にクルマを動かしてみると、その驚きは感嘆に変わります。

インチアップ、ローダウンと聞けば、ノーマルよりも粗い乗り味を想像するかと思いますが「ハイパーマックスG」は段差を通過するときに、尖ったショックを感じることはありません。

コーナリングでは腰高なミニバンにも関わらず、上半身が揺すられることはなく、しっかりと安定感のある走りを披露してくれますし、ただ真っ直ぐな道を走っていても、路面のアンジュレーションに過剰な反応をみせることもなく、落ち着いたハンドリングと乗り心地を味わうことが可能です。
 
その上質な乗り味は、2列目、3列目シートでも変わることなく、ミニバンの後席特有のゆらゆらした感じが抑えられいてる。そんな印象でした。

HKSが研究を重ねることで辿り着いた、純正形状サスペンションキットの最高峰「ハイパーマックスG」は、HKSの主催イベントや、ハイパーマックスパートナーショップで体感することができます。

この記事をシェアする

関連する記事