クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

【東京オートサロン 2017】今年もモータースポーツへ精力的な姿勢のSUBARU

2017年のモータースポーツへの取り組み

【東京オートサロン】スバル

2008年からドイツ・ニュルブルクリンクで行なわれている24時間耐久レースに参戦し続けているスバル。10年目という節目となる今年も参戦予定!!今年の開催はは5月25日〜28日にかけて行われ、これまで培ってきた技術を最大限に活用し、WRX STIでチャレンジするとのこと。ドライバーにつては2連覇のメンバーであるカルロ・ヴァンダム(オランダ)、マルセル・ラッセー(ドイツ)、ティム・シュリック(ドイツ)、そして日本人の山内英輝の4人で、メカニックは STI社員と、全国のスバル特約店から選抜された選りすぐりのメカニックたちです。

マシンについてアナウンスされているのは、「量産車の良さを活かしながら更に速くかつ意のままに操る」開発と改良を実施し、具体的には加速性能とトップスピードの向上のためのエンジン出力の向上、パドルシフトの採用、トランスミッションの改良を行い、同時にシャーシジオメトリーの最適化、合成バランスの改善、車体の軽量化、慣性モーメントの低減、フロント。ダウンフォースの向上などによるコーナリングスピードの向上にも取り組んでいくそうです。

また、昨年に引き続きSUPER GTにも参戦予定で、アメリカで人気のグローバル・クロスラリーに参戦するスバル・ラリーチームUSAへの技術支援も本格化するとのことです!

次ページSUBARUの画像ギャラリーはこちら!

この記事をシェアする

最新記事