クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン 2017】あのモデルもターボ化…気になるBLITZの新作は!?

まさかのニューモデル「C-HR」も…

【東京オートサロン】ブリッツ

BLITZブースにはターボチューニングの施された86等、イメージカラーのホワイトのスポーツモデルが並びます。

そのなかで意外な驚きをもって迎えるべきはやはり「トヨタ C-HR」でしょう。リリースされたばかりのモデルながら、早くもローダウン、エアロカスタムを施し展示。気になるターボですが、1.2Lのダウンサイジングターボ仕様のファインチューンではなく、ハイブリッドモデル用のターボユニットも開発中とのこと。このあたりがBLITZらしいというべきか、頼もしいところでしょう。

新型ロードスターRFもターボチューニング!

【東京オートサロン】ブリッツ

美しい造形が好評のマツダ ロードスターRFにもターボチューンを施し展示しています。出力は未計測とのことですが、軽量ボディに2.0Lエンジンを積み込んだRFをさらにパワーアップすれば痛快なハイパワーハンドリングマシンになるのは請け合い。製品化、リリースが楽しみです。

こうしたニューモデルでも素早くカスタマイズ、商品開発するBLITZのフットワークと技術力は称賛に値します。今後のチャレンジに期待しましょう!

次ページBLITZの画像ギャラリーはこちら!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事