クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

【東京オートサロン 2017】本格的に日本に上陸した新型トゥインゴを携えたルノージャポン

新型トゥインゴは国産車とどこまで勝負できるか…!?

【東京オートサロン】ルノー

日本発売が待たれた新型トゥインゴは2016年から販売がスタート。そして2017年1月にエントリーグレード(171万円~)、ZENがリリースされました。いずれもリアエンジン・リアドライブであり、その走りにも多くの方が期待していることでしょう。

ZENには5速MT仕様も用意されており、まさに「素のグレードが一番たのしい」というルノーファンに大いに訴求するモデルとなっています。

今回、黄色のトゥインゴを持ち込んだルノー、リアのエンジン部は中が見えるようにアクリル板で仕立てるサービス仕様となっていました。

トゥインゴはルノージャポンの未来を切り拓けるか…?

171万円~という低廉な価格で楽しめるコンパクトカーをルノーが提示した意義は大きく、国産のコンパクトモデルにも負けない競争力・ポテンシャルをもっているといえましょう。

果たしてこの新型トゥインゴがどのように日本のマーケットに受け入れられるのか、非常に興味深いところです。またトゥインゴからルノーに入門したオーナーが、ルーテシア、メガーヌにステップアップしていくケースもあるでしょうし、そうした意味でもトゥインゴはルノーにとって非常に重要な戦略車でもあるといえますね。

次ページルノーの画像ギャラリーこちらへ

この記事をシェアする

最新記事