クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

オフロードの走破性とオンロードの快適性を両立した軽SUV用タイヤがデビュー!

SUV本来の性能を満喫できるオフロードタイヤ

TOYO OPEN COUNTRY R/T

オフロード用タイヤといえば、荒れた路面での走破性を追求したM/T(マッドテレイン)と、オンロードをメインにあらゆる地形に対応したA/T(オールテレイン)が主流となっています。

その一方で、クロスオーバー車やSUVといえども、メーカーの新車装着タイヤはオンロードタイヤやエコタイヤです。

これには、燃費や乗り心地、メーカーが想定したクルマの使い方などが関係しているのですが、クルマ本来の性能を引き出したいなら、オフロードタイヤへの交換は必須です。

しかし、軽自動車クラスではオフロードタイヤの選択肢が少なく、オーナーの悩みのタネのひとつでした。

オン、オフを両立できるR/T(ラギッドテレイン)とは

TOYO OPEN COUNTRY R/T

トーヨータイヤが新たにリリースした「OPEN COUNTRY R/T(ラギッドテレイン)」は、M/Tの走破性とA/Tの走行安定性を両立した軽クロスオーバーやSUV用タイヤ。

ラギッドとは"起伏の多い"、"でこぼこの"という意味で、M/TとA/Tの中間に位置するモデルとなっています。

オンロードタイヤとは異なる大きなブロックパターンがワイルドな印象。「これならオフロードでも、必要なグリップを発揮してくれるだろう」というルックスですし、ドレスアップ効果も期待できます。

その一方で「街乗りでの騒音とか乗り心地は大丈夫なの?」と思われるかもしれません。

「OPEN COUNTRY R/T」は、ブロック配列を最適化することでノイズを低減するとともに、ブロック剛性を高めてドライ路面での操縦安定性を確保しています。

また、トレッド面のショルダー部とセンター部で異なるデザイン、設計とした"ハイブリットデザイン"とすることで、オフロード性能とオンロード性能を両立しているのです。

タフだけど安定感も抜群

「OPEN COUNTRY R/T」のトレッド面を見ると、両サイドはM/Tタイヤのような大き目のブロックが配され、溝も深くなっています。これによりオフロードでのトラクションと排土性を確保しています。

一方、センター部分はL型のブロックを向かい合わせに配置することで、剛性を高めつつ、操縦安定性を考慮した形状を採用。また、全体のブロックの配列を最適化することで走行中のノイズ低減を図っています。

"軽クロスオーバー車やSUVでも、オフロード走行を楽しみたい!"というオーナーにとっては待望の1本である「OPEN COUNTRY R/T」。オフロードタイヤで愛車本来のポテンシャルを味わってみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

この記事をシェアする

最新記事