クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

あのAC Schnitzerから、BMW M2用パーツが発売!

「レースから最高のマシンが生まれる」AC Schnitzer

AC Schnitzer beyond the M series(M2用・PR案件)

Schnitzer兄弟が1963年に初めてレースに参戦して以来、頑なに守り続けている「レースから最高のマシンが生まれる」というポリシー。

かつてJTCC(全日本ツーリングカー選手権)にも初年度の1994年からBMW 318iで参戦。3年計画でチャンピオンを獲る計画が、初年度から2年連続でチャンピオンを獲得してしまい、サッと撤退してしまうほどその力は圧倒的でした。

モータースポーツチームとしてのSchnitzerと、ドイツ最大のディーラー、コールオートモービルの融合と調和。それが「AC Schnitzer」です。

「beyond the M series」をコンセプトに、ドライビングプレジャー(走る歓び)をさらに引き上げるM2用のパーツは、この冬から続々リリースされる予定です。

フロントスポイラー / フロントウィング(カナード)

AC Schnitzer beyond the M series(M2用・PR案件)

ウレタン製で、純正バンパーにボンドとビスで取り付け(要塗装)。

M2をよりアグレッシブなスタイルに進化させるほか、風洞実験を重ねた最良のダウンフォース効果により、走行安定性を高めてくれます。

フロントバンパー側面にカナードを追加すればダウンフォースもアップし、フロントフェイスにもさらなるインパクトが与えられるでしょう。

リアディフューザー / リアマフラー

AC Schnitzer beyond the M series(M2用・PR案件)

ディフューザーは高品質なドライカーボン製で、車体底面を通過・排出される空気の流れを最適化するだけでなく、テールのイメージに迫力を持たせてくれます。

さらにステンレス製のリアマフラーは、取り付けには純正マフラーをカットして差し込み、バンド止めする加工が必要。

排気効率を向上させるほか、そのエキゾーストノートはより官能的な魅力で満足感を高めてくれるでしょう。

AC Schnitzer鍛造ホイール

AC Schnitzer beyond the M series(M2用・PR案件)

Type5 Forged Monoblock(タイプファイブ フォージド モノブロック)はAC Schnitzer製の鍛造ホイール。

フロント9J×20インチ、リア10J×20インチと大径極太ホイールながら、鍛造ゆえの高強度と、フロント10.9kg、リア11.6kgの軽さを実現しています。

他にもAC Schnitzerの魅力的なM2用パーツが多数リリースされますので、詳しくは取扱店ADVENTのホームページで!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事