クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

このサスキットの良さが分かるのは、本物を知った大人だけだろう。

上質な走りを達成するために必要だったこととは?

HKS試乗会

HKSから発売された新型サスペンション『HIPERMAX G(ハイパーマックス・ジー)』は、リプレイス用サスキットの常識をくつがえす製品となるかもしれません。

これまでリプレイス用サスキットと言えば、調整機能を持った車高調タイプ、もしくは純正交換用のノーマル形状のいずれかでした。

そのため乗り心地や走りの改善、ドレスアップを目的とした場合、サスキットは必然的に車高調という選択になっていました。ちなみに、車高調整機能の本来の目的は4つのタイヤに均等に荷重を掛けるために使います。

しかし、せっかく車高調整機能を持っているサスキットを装着しても、車高や減衰力を調整するのは最初だけで、後は車を手放すまで固定されたままという使い方がほとんどです。

それなら車高、減衰力を固定式と割りきって設計すれば、より良い製品ができるのでは?と開発されたのがHKSの『HIPERMAX G』なのです。

大人のユーザーなら分かる上質な乗り心地

HKS HIPERMAX−G

一般的に純正のショックアブソーバーは、低速域での性能が出しやすい複筒式と呼ばれる構造を採用していますが、『HIPERMAX G』は単筒式を採用しています。

減衰力の微調整が可能で、かつ安定した性能を発揮できることが単筒式の魅力ですが、その半面、ひとつひとつのパーツや、組み上げには高い精度が求められるため、生産にはコストが掛かります。

単筒式のショックアブソーバーが、高級車やスポーツカーなど、足回りにある程度のコストを掛けることができる車種に多く採用されているのにはそんな理由があるのです。

HKSは、その上で車高や減衰力を固定式とし、アブソーバーのパーツ精度や剛性を向上。高性能を目指しました。

車高を固定式としたのは、前述した理由のほかに、乗り心地を向上させる上で、最適なストローク量とロール量を確保するためでもありました。

さらにスプリングは、冷間成形や粉体塗装など、純正スプリングと変わらない品質。オイルシールに関しても、国内生産の高品質なタイプを選んで採用しています。

設計や組み付けにもこだわっており、フリクションを低減する工夫も随所に見られます。

そうして完成した『HIPERMAX G』は、一般的なサスキットよりも長い3年6万kmという保証期間を実現しているのです。

すべてを理解した大人のユーザーにこそ選んで欲しい

HKS試乗会

『HIPERMAX G』に求められた性能は、本当に上質といえる乗り味です。

それは、まずステアリングから伝わるフロントまわりの剛性感と接地感で感じられます。

フロントサスは、アブソーバーを倒立式(ストラット式のみ)としたことがポイントで。路面の段差を乗り越えたときなどのサスペンションの動きとあいまって、ドライバーが上質なハンドリングと感じる部分です。

また車体のロールは、ノーマルとほぼ同等ながら、ロールスピードが巧みにコントロールされています。これにより、アルファードやノアといったミニバン系でも、コーナリングやレーンチェンジに不安がありません。

乗り心地に関しても、大人のユーザーが満足できる性能を確保しています。路面の凸凹をたくみにいなし、突き上げ感も皆無、極低速域でもしっかりと仕事をしてくれている印象です。

その快適さは、ミニバン系の3列目でも実現されており、ワインディングなどでは、むしろ『HIPERMAX G』のほうが安心して乗車していられるのではないかと思うほどです。

HKSショップのほか、一部トヨタ系ディーラーでも購入可能

HKS試乗会

成り立ちがスポーツサスではないため、サーキットを本格的に攻める、車高を目一杯落としたい、というユーザーには不向きですが、一般道で快適にかつ高い安心感を求めるのであれば、『HIPERMAX G』は絶対にお勧め。

本物のドライビングプレジャーを知っているドライバーにこそ、使ってほしいサスキットなのです。

性能もさることながら、一般的な車高調キットよりも抑えられた価格も魅力。

現在のラインナップは、アルファード/ヴェルファイア、ノア、86。それにプリウス用が間もなく加わる予定。

全国のHKSショップのほか、一部のトヨタ系ディーラー(ネッツトヨタ東埼玉、三重トヨタ、神戸トヨペットなど)でも購入できます。

興味のある方は、HKSショップまたはトヨタ系ディーラーにお問い合わせください。

この記事をシェアする

最新記事