クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

今が中古買い時 TOYOTA 86(ハチロク) & BRZ 購入後の3ステップチューニング入門

ポテンシャルを活かすために

トヨタ 86 hks

トヨタ 86とスバル BRZはとても素晴らしい出来のクルマです。市販車でありながらノーマルでここまで高い走りを実現出来ているのは、さすがにトヨタとスバルが手を組んだだけの事はあります。

走りの肝はやはり水平対向エンジン。重心が低いため、グリップ感、加速感、カーブ。これらすべてに於いて一味違う走りを楽しめるのですが、チューニングを施す事により、「より一段上の走り」を楽しめるようになります。

そこで、チューニングパーツメーカーのHKSの協力のもと、より良いチューニングを紹介します。

まずはサスペンションを変更

トヨタ 86 hks

ますはサスペンションの変更をすると良いでしょう。86とBRZはノーマルの場合、少々乗り味が固いとも言われています。

「FRライトウェイト」という素晴らしい特徴を備えているとはいえ、自動車メーカーとしては一般道での走りを想定しなければなりません。サーキット専用に販売されていればもう少し柔らかい乗り味にしたのかもしれませんが、この問題はサスペンションの変更によって簡単に解決出来ます。

オススメのサスペンションはこちら

■HIPERMAX MAX IV GT

ストリートにおける快適性と軽快なハンドリングを実現。HKS伝統とも言うべき単筒式で、ダストブーツの採用により外部からの飛び石によるシャフトの損傷を防止します。

減衰力を30段階調整する機構を採用しているため、市街地、ワインディング、高速道路といった走行ステージだけではなく、乗車人数に合わせたセットアップまで可能です。

HKSからは同一車種に対し多様なサスペンションがラインナップされていますが、86とBRZにはこちらが特にオススメです。

マフラーを変えてより良いフィーリングに

トヨタ 86 hks

86とBRZのノーマルのマフラーは口径が少々すぼまっています。ここを変える事により、フィーリングが変わります。

マフラーを丁度良い大きさまで広げることで抜けが良くなり、排気も良くなるためパワーが出ます。また、高回転域での安定性も向上。

一方、吹き出し口を大き過ぎるものにしてしまうと音がうるさくなってしまいますので、その点は注意が必要ですが、HKSのマフラーは「うるさい」という課題を取り除きました。

86とBRZにはこちらのマフラーがオススメです。

LEGAMAX Sports S-Tail

一段上の走りを手に出来るのはもちろん、耳障りでなく高揚感の高まるサウンドをも楽しめます。通常のマフラーとはアイドリングの音から違いますが、一方で車内はとても静か。

決して無駄に揺れているのではなく「走るため」の機能性を重視した上でのサウンドになりますので、周囲に無駄に騒音をまき散らす訳ではなく、かといって物足りないでもない、満足感の高い重低音サウンドを楽しめるはずです。

さらにもう一段上の走りを味わうために排気効率を上げる

トヨタ 86 hks

サスペンションとマフラーを変えるだけでもノーマルの状態からかなりの「進化」を見せてくれるのですが、ここまで来たら欲張りに「もう一段上」を目指しましょう!

実は、86とBRZには4,000rpmあたりにトルクの谷があります。そのため、高速道路巡航から追い越しをかける際など、一瞬「ガクン」とした感じになり、加速に若干のタイムラグが生じる傾向が見られます。

普通に運転している分には気にならないかもしれませんが、どうせならこちらの課題も解消してスムーズな高速ドライビングを楽しみたいもの。実はこの問題もチューニングによって解決出来るのです。

トルクの谷を解消するために、エキゾーストマニホールドを変更して排気効率を上げ、ECUによりエンジン制御関連の見直しを行いましょう。

エキゾーストマニホールドの役割は、エンジンから排出される排気の流れを整えること。エンジンは熱がこもりますので、熱をしっかりと外に出さなければエンジン内にこもったままになります。

熱を帯びた状態ではエンジンのポテンシャルを最大限に発揮する事は出来ませんが、エキゾーストマニホールドを変更する事でエンジンの排気を効率化する事が可能です。

HKSのおすすめエキゾーストマニホールドは SUPER MANIFOLD & CATALYZER GT SPEC

こちらはMT,AT問わず幅広いタイプの車種に使えます。排ガス規制をクリアすると同時に性能向上を果たしていますが、次に紹介するECUのFlash Editor(Phase2 Data)と組み合わせることで、3000〜4500rpm付近のトルク性能を大幅に改善。常用域から高回転域まで気持ちよく回るようになります。



エンジン制御関連を見直すためのFlash Editorとは?

トヨタ 86 hks

HKSでは、先ほど述べたECU「Flash Editor」を用意しています。こちらは下記のパッケージ商品を展開。

GT SPEC ECU PACKAGE

ECUとは、コンピューターを書き換えることによりエンジン制御関連を最適化するシステムです。今の時代はエンジンもコンピューターによって制御されていますが、ノーマルの状態の場合、あくまでも「普遍的」な走りにセットアップされています。

いくら86&BRZとはいえ、街乗りで楽しむ人もいれば、あくまでも一般車としてしか楽しまない人もいるでしょう。

たまに高速道路に乗る程度…という人もいれば、逆にガンガン乗りたいなど、とにかく多種多様なニーズがありますので、標準のECUはいわば「平均的な走り」に合うようにセットアップされています。

HKSのECU「Flash Editor」を使用した場合、標準のECUのセットアップを書き換え、エンジンの点火時期や燃料噴射量、バルブタイミング等それぞれを最適化させることで走りの質を細やかに調整出来るようになります。

サスペンションとマフラーのカスタマイズを活かしたセッティングも可能になり、トルクの谷を解消するだけではなく、ノーマルでは決して味わう事が出来ない走りも楽しめるようになるのです。

マフラーやサスペンションがパーツのカスタマイズなら、ECUは走りそのもののプログラムのカスタマイズ。下記の写真を見ていただければ、その効果の程を理解していただけるのではないでしょうか?

HKS グラフ

紺色のラインがノーマルの状態です。4,000rpmあたりでグラフが落ち込み、ここがトルクの谷であることがわかります。それに比べ、ECUを変更した赤色のラインは落ち込みがなく、スムーズに加速していることがわかります。

ノーマルでも走りを楽しめる86とBRZですが、少し手を加えるだけでワンランク上の走りを楽しめるようになります。

むしろ車のポテンシャルを考えたら何もしないのはもったいないくらいですので、これらを参考に86とBRZをチューニングし「自分だけの走り」を楽しんでみてはいかがでしょう?

関連キーワード

この記事をシェアする