クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

ローライダー、キャルルック、USDM…かつて静かなブームを呼んだカスタムとは?

西海岸ルーツ、ストリートから生まれたローライダーカスタム

異常なまでに車高を落としたアメ車を見たことがあると思いますが、それはいわゆる「ローライダー」と呼ばれるカスタムの可能性が高いといえます。油圧式の車高調を搭載することで、低い車高ながらある程度の実用性ももたらしています。

ローライダーのルーツは1950年代の北米西海岸。もともとメキシコ系移民が始めたカスタムとされ、決して裕福でない当時の彼らが、安価な中古車(旧型のシボレー)を新車に負けないよう華やかにする…といった流れの中で生まれたカスタムともいわれています。

このスタイルは日本でも80年代後半ごろに根付いたとされています。クルマのカスタムカルチャーではありますが、音楽、ファッション、ライフスタイル…これら統合的なカルチャーとも相関があり、そのバックボーンがあまりにも違う故、日本で大ブームとまではいかなかったと考えます。しかし、こうしたスタイルを愛する人々は現在も存在するのも事実。スタイリッシュなカスタムカルチャーと捉える事もできますね。

聞き慣れない「キャルルック」とは…

「キャルルック」カスタムをご存じでしょうか。

もしかしたら聞き慣れないかもしれませんね。「CAL LOOK」、つまり「カルフォルニア風」というようなニュアンスのカスタマイズ。

90年代にカリフォルニアでちょっとしたブームになったカスタムスタイルで、ブルーやオレンジ等、華やかな原色系のカラーリングを施し、ローダウンやチョップド仕様にするカスタマイズ。

これもファッショナブルなカルチャーと言えます。ベースはVWビートルやVWバンなどが多く、絵になるものが多い印象。とはいえ、自分で乗るにはなかなか勇気がいるかも…というくらい派手なカスタムとなっています。

現在でも日本の軽自動車を「キャルルック」のコンセプトで仕立てるショップもあるようですし、カスタムカルチャーとして定着している部分もあるといえますね。スズキのハスラーやダイハツのアクティバのエクステリアにも少し、このキャルルックのファニーなテイストがあるような気もします。

あえてUS仕様に!?USDMカスタム

「USDM(United States domestic market)」は、読んで字のごとく、日本メーカーのクルマをUS仕様のパーツ、あるいは北米のアフターマーケットパーツ等で決めるカスタム。

いってみれば、アメリカで流行していた日本車チューニングを日本で真似てみる、といったところでしょうか。カスタムポイントとしては、前後バンパーを北米仕様に交換、灯火類の変更、エンブレム交換、などなど。中には左ハンドルの現地仕様を逆輸入するケースまで。また、北米仕様と国内仕様で異なる微細な点(アンテナ位置、ドアミラーの注意書き、サンバイザーのラベルの英文化などなど)に拘ったカスタムを行うユーザーもいます。

今回紹介している他のカスタム同様、USDMカスタムを行う人々も現地のファッション、ライフスタイル等に影響を受けているケースが散見され、単なるクルマのカスタムにとどまらない部分もありました。

デジタルネイティブはどんなカスタムカルチャーを生み出すのか…?

クルマのカスタムカルチャーも多様であり、クルマのカスタムだけではなく、その「ライフスタイル」をひっくるめたものも多く存在していました。これはカーライフを楽しむ、という意味でも素晴らしいと考えます。もちろん、そこに掛かるコストや労力は大変なものがあるわけですが、それもひっくるめてエンジョイする、という風潮があったのは事実でしょう。

スマホ世代、またデジタルネイティブの世界となる中で、この先はどんな斬新なカスタムカルチャーが生まれていくのでしょうか。

バブルカー

2代目ローレル
マツダユーノスロードスター

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事