クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

シャコタンはクルマ好きにモテても女性にはモテない!? その理由とは…?

「ローダウン」と「シャコタン」は別の文化!?

平成7年に行われた規制緩和により、自動車のボディサイズが車検証の数値に対して「高さ±4センチ、幅±2センチ、長さ±3センチ」までであれば、届け出が不必要となり、日本でも合法的に足回りのカスタマイズが楽しめるようになりました。

実際、アフターマーケットパーツでも「車高調」は様々なクルマに対応したモデルが販売されています。品質も非常に上質な乗り味のものが増えており、ノーマルより少し低め、固めのセッティングにすることでロールを抑え、むしろ乗り味、居住性が良くなったと体感するものも出ています。

しかしこうしたカスタムの「ローダウン」と、いわゆる「シャコタン」はカスタム文化として少々違うといえます。

ドレスアップに加えて乗り味の変化を楽しむのが本来のローダウンの意義。しかしシャコタンは「とにかく低くする」というのがその志向。走行性能は二の次、とにかく車高を下げ「やんちゃなアピアランス」にすることが重視されています。よく言えば「ドレスアップ」に主眼を置いたカスタマイズといえるでしょう。

もちろん、クルマの楽しみ方は人それぞれであり、低い車高を楽しむ、というのも否定はできません。他方で、前述のように「違法改造」に該当する蓋然性が高い事も指摘しておきます。しかしそれでもこうした「シャコタン」カスタムを愛する人々も存在しております。仲間たちの間でそのドレスアップ具合を見せ合う、といった楽しみ方はクルマ好き共通のものがあるでしょう。

次ページ果たしてシャコタンは女性ウケするのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事