クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

値段の差は最大10倍も?アジアンタイヤと国産タイヤはどう違うのか?

安く乗るならアジアンタイヤ!

「タイヤは国産、よくわからないメーカーの激安タイヤなんて。」という風潮は今は昔、現在では純正タイヤにアジアンタイヤも使われるようになった時代ですから、タイヤは国産じゃなければいけない、などという時代ではありません。

サーキット走行で絶対的なグリップを求めるならいざ知らず、そんな走りをする人はそうそういませんし、シチュエーションに応じて国産でも欧米製でも好きなタイヤを履けば良いだけです。普通の人が街乗りで使うタイヤにアジアンタイヤを使ったとしても、走行性能自体にそれほど問題が出るはずはありませんし、出るようであれば、差が出るような走りは危険という事です。

そもそもアジアンタイヤというのは最初は韓国や台湾で生産しているタイヤが多かったのですが、今では韓国のハンコックタイヤがポルシェ純正タイヤとして供給されているくらいですから、この両国のタイヤは既に世界水準、それもスポーツカー向けに達していると言って差し支え無いでしょう。

現在の激安アジアンタイヤの生産国は主に中国やインドネシアとなっており、それらにしたところで世界中のクルマにタイヤを供給しているのですから、大きく性能が劣る、ということは無いと言えそうです。

国産メーカーも実は激安アジアンタイヤを作っている

それでは国産タイヤや有名ブランドのタイヤの立場が無いじゃないか!とお怒りになる方もいるかもしれません。しかし、国産タイヤメーカーのタイヤも全て日本国内で生産されていると思ったら大間違いです。

実際のところ、国産タイヤメーカーはライバルメーカーに発注してタイヤの生産を委託する事もよくある話で、つまりはもっとも効率のいいところや工場の都合等に合わせてタイヤを生産しています。

となれば、日本国内でタイヤを作る必要性は必ずしも無いわけで、国産タイヤなども安いタイヤは海外で作っている事も少なくないのです。

安心の国産タイヤ!国産なのに安いから満足!と思ってオーダーしてみたら、「Made in vietnam」などと刻印してあるのを見つけて唖然とした…というのもよくある話ですから、今の世の中ブランドだけでどこの製品と決め付けるのは早計、と言えます。

次ページスタッドレスやスポーツ用途では違いも出る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事