クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

マフラー交換なしで音が変えられる?その方法とは?

とりあえず自分で鳴らしてみよう

マフラーを交換する予算が無いのであれば仕方がありません。ここは一発、自分で鳴らしてみましょう!

世の中にはボイパ(ボイスパーカッション)という技があり、打楽器の奏でる音など、音であれば何でも口で疑似再現するテクニックです。

皆さんもクルマ好きなら、幼少時代には口で「ぶぉぉぉぉっぉーん!」とカワイイ爆音を奏でてみたり、大人になってフジテレビでF1中継が始まった頃には、「ぷぁぁぁぁぁぁぁぁぁん、ぱぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ、ぷおっ、ぷおっ(シフトダウン)」など、F1サウンドを宴会芸で持っていた人も少なからずいるかもしれません。

今こそ、かつて培ったその芸を生かすその時です!

単に口でボイパするより、動画のように空き缶を使うと迫力倍増!今日は何回転まで回しちゃいますか?エンジンはフェラーリのV12?渋くV8のDFV?ヤマハのV10なんかもいいですね。

F1だと少し煩いという人は、お好みで変えてみましょう。「プッシャァァァァァァァ!」など、ブローオフバルブの音でもOKです。

さあ、あの名車のサウンドをあなたの口から!

もう少し予算をかけて、別なものを鳴らしましょう

運転しながらのボイパは危ないので、助手席の人に手伝ってもらった方がいいかもしれませんね。

そこで、もしも助手席の人が楽器を演奏できるなら、吹奏楽の力を借りるという手もあります。例えばトロンボーン。少し長めの大きい楽器ですが、後ろから響いてきた方がマフラーの音っぽいので、ミニバンの3列目シートあたりから鳴らしてもらうのもいいかもしれません。

ただ、音はどうしても単調になりがちですので、早めに飽きてしまうかもしれません。楽団を編成してその日の気分で3列目に乗る楽者を変えたり、長距離ドライブの場合では何人も載せていれば飽きにくくなるでしょう。

そこまでいくと立派なバンドになりますが、大江千里氏の「We are Traveling band」という歌を思い出すと、胸が熱くなりますね。

次ページ次は真面目に考えます

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事