クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

FUJITSUBOのロードスター用のマフラーAUTHORIZE RM(オーソライズ・アールエム)とは?

東京オートサロン2016で披露されたAUTHORIZE RM(オーソライズ・アールエム)

藤壺(ホイール)

フジツボ(藤壺技研工業)は、東京オートサロン2016にて、NDロードスターに装着したAUTHORIZE RM(オーソライズ・アールエム)を出展しました。純正ではマフラー片出しのNDロードスターに左右4本出しのマフラーを装着することにより、ロードスターのスポーティーな側面をさらに引き出すことが可能になっています。チタンテールには鮮やかなブルーグラデーションの発色加工を施し、スラッシュエンドにすることでよりレーシーなリアビューを演出しました。

マフラーにはステンレス、テールエンド=チタニウムを採用。ストレート構造のサイレンサーや排気効率を重視したレイアウトは、軽量化とスポーティさの追求に貢献しています。 KENSTYLEとのコラボレーションにより、テールエンドとリアディフューザーの極上のフィッティングを実現しているようです。

4500rpm以降の中高回転域でパワフルなレスポンスを得られる性能の高さは、大きな魅力の1つと言えるでしょう。

「オーソライズRM」のスペック

AUTHORIZE RM(オーソライズ・アールエム)は排気効率やパワー&トルクを重視したオーソライズシリーズのハイエンドモデルです。そのスペックを見てみましょう。 

【商品スペック】

()内は純正数値

排気騒音:65(62)
近接:90(88)
回転数:5250
加速:79(72)
最高出力:[kw]88.7 [rpm]6880
最大トルク:[N・m]146.0 [rpm]4550
重量:8.7(10.3)kg

※マフラー、リアディフューザーセットでの販売(現在マフラー単品での販売は予定していません)。
※純正リアバンパー要カット加工
※プロダクションモデルとは製品仕様が異なります

関連キーワード

この記事をシェアする