クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

ボディ剛性を高める!? ストラットタワーバーのメリット・デメリットは?

タワーバーを入れるメリット

無題

タワーバーを入れることで、より車本来の性能が発揮されます。まずは、剛性の高いボディになる事により、サスペンション支持部の変形が抑制できますので、おのずとサスペンションの性能をすべて使い切れるようになるのです。使いきれていなかったストロークを使えるようになるという訳です。剛性が低い場合、サスペンションがストロークする前にボディがねじれ、十分にストロークできないことがあります。

またねじれない分、ステアリングの切り始めが速くなります。即ちステアリングのレスポンスが向上すると言えます。

この二つはスポーツ走行に対しては大きく性能向上に寄与してくれるでしょう。また、サスペンション支持部の剛性が上がるため、より減衰力が高くバネレートの高いサスペンションを使うことができるようにもなります。

サスペンション支持部の剛性が低いまま硬いサスペンションを入れると、ストロークを全くしないサスペンションになってしまうため、十分にグリップしません。車高調サスペンションなど減衰力の高いサスペンションを導入したにも関わらず十分にストロークしない場合、ボディ剛性不足が考えられるため、タワーバーを導入する事でしっかりとストロークしてくれるでしょう。

純正導入しない理由は?

タワーバーにもデメリットが存在します。まずは、ストラット左右をつなぐことにより、衝突時に被害を拡大する可能性があります。

大きく硬い異物を踏んだり、少し大きめのキャッツアイを高速走行時に踏んだりすると、タワーバーが無ければ片側の歪みだけで済むのにも関わらず、タワーバーがあるとヒットしていない反対側まで歪むケースがあります。

また、ノーマルサスペンションのようにある程度柔らかい足回りでは、ストロークが増えるためロールの拡大につながります。ロールする=荷重異動量が増えますので、それを受け止めるグリップ力がないと発散する危険もあるのです。

また、ステアリングの切り始めが速くなる代わりに、ねじれが減るためステアリング切りながらさらに切り込んでも曲がらない、アンダーステアになります。これらのデメリットkら、特定のスポーツカーを除けばタワーバーの純正導入しないケースがほとんどです。

ボディ剛性は、走行時のボディの歪みを効果的に抑制し、トラクションをより多く路面に伝えるために必要です。また、自動車の安定性という意味で、運転中のしっかり感、安心感にも繋がってきます。

しかし、これもトータルでの設計が大事。剛性が高くてもストロークしない足回りやグリップしないタイヤであれば、滑るような感覚さえ覚えるようになります。剛性と足回り、タイヤのバランスがきちんと取れていると、コーナーで追い込んでいってもしっかりと路面に食いつき、前に出る車になってくれるのです。サーキット走行などでは前に出るために大事な要素と言えるでしょう。

なお、ボディ剛性と衝突安全性は似て非なるもので、衝突安全ボディ=剛性が高いではないため、注意しましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事