クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

インテリアドレスアップの定番になるか?!シートベルト交換は何が良いのか?

チューニングカーの必須アイテム・4点ハーネス

シートベルト交換と聞いて真っ先に思い浮かぶの4点ハーネスへの交換。本格的なサーキットモデルであれば、5点ハーネスもありますが、箱車であれば4点ハーネスは、便利で安全性も兼ね備えたアイテムです。

サーキット走行する場合のであれば必須品。シートにしっかりと体が固定されるので、ロールケージで守られた車内であれば横転時にも体を固定し、安全性を高めることができます。

フルバケットやセミバケットなどのスポーツシートと組み合わせて使うのが定番。Sabeltやwillansなどが4点シートベルトの有名どころでしょうか。赤やブルーのハーネスが、スポーツカーとしての魅力を際立たせてくれますが、公道での使用については危険も伴います。

特に、シートに完全に固定されるため、路地から出る時に体を起こして視認できないことや、エアバッグが搭載されている場合は、きちんと効果を得られないなど。そのため、サーキット以外では単なるファッションアイテムになってしまいます。

シートベルトパッドは手軽なアイテム

シートベルトは保安部品であるため、簡単に手を加えるわけにはいきません。仮に4点などのシートベルトに交換したとしても、公道での使用については危険もあります。

そこで、そんなスポーツテイストを取り入れつつも純正シートベルトを活かす便利なアイテムが、シートベルトパッドです。本来はフルハーネスのショルダー部分に取り付けて使う物ですが、これをシートベルトに取り付けます。

3点でも同じく擦れやすい肩の部分などに取り付けることによって、服とシートベルトが擦れるのを保護し、見た目をファッショナブルにすることが可能になります。純正シートベルトはそのままなので、リスクなしのファッショナブルなアイテムと言えます。

次ページ新しいトレンドはシートベルト交換

この記事をシェアする

最新記事