クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

かつて大型車にも採用されていたトーションビーム式サスペンション…その長所と短所とは?

トーションビーム式サスペンションとは?

一言で言えば、左右の車輪を横に渡した柱でつなぎ、その柱がある程度までねじれる事で、左右輪をリジッド(完全固定)ではなく、多少の自由度を持たせた足回り形式です。「トレーリングアーム式」「車軸式」など、メーカーにより名称が異なる事もあります。

左右輪が全く独立してストロークできる「独立懸架」(ストラット式やマルチリンク式など)ほどの自由度は無く、アライメント調整もほとんどできませんが、少しは左右独自のストロークも可能です。現在では軽自動車やコンパクトカーのFF車用リアサスペンションは大半がこの方式で、業界のスタンダードとなっています。

本当はトーションビーム式でも何種類かあるのですが、日本ではフロントに伸びるトレーリングアームの途中にトーションビームを繋げた「カップルドビーム」と呼ばれる方式が多いので、これに限定した話をさせてください。

「安い」「軽い」「広い」の三拍子が長所

この方式のメリットは何と言っても部品点数の少なさから来る「低コスト」「軽量化」「省スペース」の3点。大雑把に言えば、前後位置決めのトレーリングアームと、ショックアブソーバーとスプリングが左右各1本ずつ、あとは左右に渡すトーションビームが1本あればいいんです。

スズキも現在のアルトをデビューさせる際、それまで30年以上使ってきた「I.T.L(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式サスペンション」から、FF車をトーションビーム式にする事で10kg以上の重量軽減に成功したといわれています。

複雑な構造でショック交換に数時間の作業でメカニックが泣いてしまう足回りまである中、作るのもメンテナンスするのも簡単なのは大きな長所です。

また、部品が少なく床下がスカスカなので、燃料タンクを配置する際のレイアウトが楽で、車室も圧迫されずに広く取れます。小さなボディでスペース効率を最大限に求め、コストや重量も極限したい軽自動車やコンパクトカーには最適なのです。

あとは長所と言えないかもしれませんが、調整用のパーツを組み込む以外、基本的にはアライメント調整ができないので、あまり深い事を考えたく無い人には都合が良かったりします。

次ページかつてはあんな車にも採用?!重く大きいほど目立ってしまう短所

この記事をシェアする

最新記事