クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

車高調が勝手に下がることはある?その原因とは?

車高調でもバネはへたる

車画像

車高調に限りませんが、いつしか車高が下がってくるのは「バネのへたり」というのはよくある話です。スプリングはスチール製の製品ですが、長く使っていると反発力が鈍り車重に負けて戻りにくくなる事があります。

これにより、車高が微妙に下がった状態になる、という事は十分あり得ます。ノーマルのダンパー、ノーマルのスプリングだったとしても10万キロも乗れば車高は落ちてきます。そう考えると、サーキット走行などより高負荷状態に置かれる車高調サスペンションのスプリングは劣化も速いと考えるのが妥当ですので、当然ですが車高が落ちてきてしまう、という事はあり得るでしょう。

同じくダンパーもヘタる

車画像

サスペンションの構成部品はスプリングだけではありません。ダンパーも大事な要素ですね。ダンパーは、スプリングよりも劣化が早いと考えるのが良いでしょう。ダンパーの構成部品は、ガス又はフルード(オイル)とそれらを封入する筒。またピストンやピストンリングも必要ですし、オイル式の場合オイルの通り道を確保するため小さな穴が開いたピストンが必要になります。

これらの構成部品は小さいものが多く、劣化は比較的早いと言えます。特にサーキット走行が多い場合などは、その劣化も早くなるものです。また、サスペンションブーツが劣化している場合などは、サスペンションに傷が入りそこからオイルが漏れる、というケースもあるようです。

そもそも車高調はオーバーホールが必要なもの

ノーマルのサスペンションは耐久性が高く、場合によっては10万キロ程度のれる、という話を聞くこともあります。しかし、車高調は耐久性よりも性能に重きを置いたものですので、当然ながら劣化も速いと考えたほうがいいでしょう。

そのため、車高調はオーバーホールを前提として作られている場合が多く、そのオーバーホール期間は1年毎くらいと設定されている物もあります。利用状況に応じて変わりますが、きちんとオーバーホールする事が必要。

次ページ他の要因は?

この記事をシェアする

最新記事