クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

なぜ社外ホイールにハブリングをつけるのか?必要なケースとは?

アドミレイション AMISTADホイール

ホイールハブ径とは?

車輪の中心部に位置する部品であるセンターハブ。このセンターハブは、メーカーや車種によりそのサイズは様々で、ホイール装着時に「センターを出す」という役割を持っています。

その為、純正のホイールを装着する上では、気にする必要のない部品でもあります。純正のホイールと、センターハブはぴったりと合うよう、ホイールハブの径が調整してあるのです。

ホイールは、乗用車であれば4本~5本のボルトとナットで装着しますが、センターハブがあることにより、より正確に中心を保つことができ、またホイール装着が容易になるという利点があります。逆に、この部分が無いと、高速走行時にホイールがぶれる…というような事も発生しかねません。

ハブ径を気にするケースとは?

サードパーティ製のホイールが増えてきたことで、純正ではないホイールへ交換するユーザーの方も増えています。メーカー側はオフセットやPCDなど、色々な車種に合うようにホイールを製造しているのです。

このオフセットおよびPCDは、多種多様である一方で、ある程度限定する事もできる数値。例えば、国産車であれば、多くの場合、PCDは114.3か100ですし、PCDもmm単位で正確である必要はなく、ある程度余裕があり選択肢の幅もあるのです。

しかし、このハブ径が加わるとそのパターンの数は膨大です。結果としてメーカーはさまざまなホイールのパターンを製造する必要が発生してしまいます。これはコストだけが上がる要因。そのため、ハブ径については余裕を持たせて作っているケースが多々あります。

ホイールハブ径に余裕を持たせる理由

PCDが合わないと、ホイールを装着する事すらできませんので、これは余裕を持たせる…という物でもありません。また、オフセットが合わないと、足回りにホイールが干渉したり、ホイールがはみ出すなどして、これまた走れるような状態ではありません。オフセットについては、スペーサーなどを使う事によりある程度調整可能ですが、これについても強度上の問題であまり良いとは言えません。

しかし、ハブ径はハブ側のサイズよりも大きければ入るのは当然ですし、それによって「走れない」と言う事態にはなりません。また、ホイールを取り付ける際に、テーパーナットと言う取り付け面が斜めになっているナットを用いることで、ハブと同様ホイールのセンターを出せるという効果があります。そこでサードパーティ製のホイールは、テーパーナットを利用しつつホイールハブ径については、大きめに作る、という対応を取っていることが多いようです。

ハブリングの有用性

しかし、必ずしもすべての車種でテーパーナットが使えるとは限りません。特に、ドイツ車などで採用されている、ホイールボルトタイプの場合、設計上テーパーになっていない事が多いため、ハブ側でしっかりセンターを出さないと、ホイールを取り付けることさえ一苦労してしまいます。

また、メーカーを超えてホイールを流用するようなケースに至っては、必ずしもホイール側がテーパーナットに対応しているとは限りませんので注意が必要になります。これらのケースでは、ハブリングと言う部品を使ってセンターをあらかじめ出しておく必要があります。

ハブリングは、センターハブにはめて使うリングです。センターハブ側とホイールハブ径側の径の違いを調整し、ぴったりとはまるように隙間を埋めてくれます。これにより、ホイールを安全に装着し、高速域でもぶれないハンドリングを確保する事が可能になります。

DIYも簡単なので、気軽に交換してしまうアルミホイールですが、実は高速走行時の車体のブレなどの原因は、ハブリングがないことによるホイールのズレ。と言う事が原因のケースもよくあります。

ハブ径は、通常気にする必要がないような状況になっているため、あまり気にしない人も多いようですが、わずかなトラブルを見逃していると大きなトラブルになる事も。ホイール交換後はアライメント調整。と言う人は多いように思いますが、同様にハブリングの必要性も確認してみてくださいね。

R34 GT-R!ハブリングの取り付け方

スチール、アルミ、カーボン…ホイールの種類とそれぞれの特徴って?
軽ければ良い、偏平タイヤは性能がいい…これは思い込み?プロに聞いたタイヤ&ホイールの実態とは?
パンクの原因にも…車のホイールに付いているエアーバルブ不良はなぜ起こる?

この記事をシェアする

最新記事