クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

「無限」のかっこよすぎるチューニングカー5選

S660の魅力をさらに引き出した一台

S660 無限

デビュー時から各方面から注目を浴びているホンダS660。

無限は発売と同時に数多くのパーツ群を発表して、S660の魅力をもう一段階上に引き上げる提案をしてきましたね!そのパーツはエアロから足回り、そしてより走る気にさせてくれる「音」を出してくれるマフラーまでと多岐に渡っています。

そのスタイリングはさしずめ「ミニスーパーGT」と言ってもいいくらいスパルタンなものに仕上がっているのではないでしょうか。

個人的に注目するパーツは、オープンカーで走るを求めるユーザーが欲しているハードトップをラインナップしている事。これからも数多くのチューニングメーカーがS660を手掛けていくと思いますが、ハードトップだけは無限程の規模がないと開発販売出来ないパーツです。

このパーツでかなり剛性があがる筈!S660ユーザーに限らず、この車に憧れるドライバーなら一度はドライブしたいと思う一台に仕上がっているのではないでしょうか。

約200万円のS660、購入する前に確認しておきたい4点と、”無限”の概要は?

無限らしいSUVスタイルの提案

無限 ヴェゼル

FIT3譲りのゆとりある車内空間、充実した装備、ハイブリットシステム、そしてのその最近のホンダのデザインラインを組む都会的なデザインで、そして昨今のSUV人気に乗ってデビュー以来好評なヴェゼル。

無限はこのヴェゼルをスタイルをより張り出しの強い、さらに都会的なデザインを提案しています。

パーツ点数自体は少なく、ノーマルのエクステリア+αで構成しながら、ノーマルのデザインでは物足りなさを感じる人でも十分納得できる押しの強いデザインに変貌させています。このデザインこそが無限のSUVに対するデザインの現時点での回答だと思わせる1台ですね。

2015年上半期SUVで1位のヴェゼル、なぜ人気なのか?ライバルCX-3との比較も

無限の歴史に残る、初のコンプリートカーMUGEN RR

MUGEN RR

長年市販車ベースのコンプリートカーを夢見ていた無限が、その夢を実現させた最初の1台がこのFD型シビックタイプRをベースにしたMUGEN RRでした!

限定300台が文字通り瞬殺で完売したこの車は、シビックユーザーだけではなく全てのホンダファンの憧れの一台になりましたね。価格は477万7,500円と一見高価なプライスでしたが、エンジンや足回りは専用チューン、高価なドライカーボンを潤沢に使ったエクステリアとそのプライス以上のチューニングメニューでデビューから8年経った今でも色あせない魅力を持つ1台となっています。

ちなみにこの車のパーツで一番高価なのはドライカーボンのフロントバンパーで80万円!!確かに477万円のプライスが安く感じますね。

全灯火がLEDに?!日本にも導入予定の新型「シビック セダン」がかっこいい!

無限のコンプリートーカー第2弾!CR-Z MUGEN RZ

MUGEN RZ

2012年に大幅マイナーチェンジを行ったCR-Zをベースに、誰もが熱い走りを楽しめる車というコンセプトで発表されたのが、無限のコンプリートカー第2弾であるこのCR-Z MUGEN RZです。

この車の最大のトピックは遠心式スーパーチャージャーの投入でしょう。過給器装備によるネガティブな要素を抑える為に選択された、この遠心式スーパーチャージャーによりエンジンパワーは30%引き上げられ、強化された足回りを含めてCR-Zをハイレベルな車に仕上げた1台です。

第1弾のMUGEN RRといい、無限のコンプリートカーはその性能と高品質でユーザーにとって安心出来る車ですね。

ホンダ随一のFRスポーツカーS2000を無限が手掛けると

無限 S2000

1999年から2009年までの10年間数多くの改良を施され発売され、今なお根強い人気を誇るホンダ随一のFRスポーツカーS2000。

当然無限も数多くのパーツを開発しました。しかも力の入れようが他の車と明らかに違って、エアロだけでも3種類、そしてメーカー系列のチューニングメーカーでは例外的にロールバーも用途に応じて3種類も発表しています。

S2000という車は販売終了からすでに6年経過していますが、未だに多くのチューナーが開発を続けて、そして多くのユーザー愛され乗り続けられてますが、そのベースにあるのはこの無限が手がけたS2000であると、筆者は思います。

ステアリングが完全固定?乗っていると女性が振り向く?S2000に関する7つの豆知識とは?


いかがだったでしょうか。

無限がチューンするホンダ車はその魅力をさらに引き上げていますね。今後もホンダユーザーが、そして多くの車好きがワクワクする車を無限には出して欲しいです。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事