クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

高級ブレーキメーカー『ブレンボ』は何がすごいのか?

創業は1961年

ブレンボは1961年イタリアで創業しました。ディスクブレーキが実用化され始めた時期とほぼ同じです。

1970年代に入るとその卓越した技術力が高性能車を製造する自動車メーカーに認められるようになり、ポルシェやフェラーリなどのスーパーカーをはじめ、イヴェコ、ルノートラック、メルセデス・ベンツ、ボルボの商用車(小型から大型まで)にまで装着されています。

国産車では日産GT-Rや三菱ランサーエボリューション、スバルWRXなどがおなじみです。もちろん、F1、WRC、ITCなどのモータースポーツやアフターマーケットにおいても高いシェアと絶対的な性能を誇っています。

ブレンボの何が魅力?

ブレンボ

ブレンボの魅力は安心感のあるストッピングパワーに、高い耐久性などディスクブレーキとしての機能もさることながら、少々無骨な印象ながら華々しいデザインと存在感でドレスアップという目的も同時に果たせてしまうことです。

ホイールのむこうにちらっと見えるブレンボブレーキはとても魅力的です。

ピストン以外に作動部品がないためブレーキ剛性を高くとる事が可能で、シリンダー面積を広くとれて強い制動力を発揮する事ができます。ブレンボがハイパフォーマンスカーやレーシングカーで採用される理由は耐久性もさることながら、大口径ブレーキディスクを使用することに幅広く対応できるため、高い放熱性を発揮できるのです。

ポルシェのとてつもない要求にも対応

ポルシェは通常ブレーキに、その車両のパワーの約4倍近いブレーキ性能を与えます。360馬力のGT3やカレラSクラスでは約1500馬力近いスペックをブレーキに要求することになります。

ブレーキ関係で申請した国際特許の数は300件以上。

ブレンボはこれらのポルシェのブレーキを共同開発しています。ポルシェの課す要求は相当なもので、ブレンボにとってもポルシェとの共同開発はチャレンジとなっているようです。993時代に最強と言われたポルシェのブレーキですが996、997では冷却、ブースターの制御、ABSの進化など一段と磨きが掛かっています。

見た目にも美しいキャリパー

ブレンボのもう一つの魅力は、デザインの美しさです。さすがデザインの国、イタリアのブランドだけあります。

純正ブレーキを装着している車が大口径ホイールや鍛造ホイールを履いた場合、ブレーキのサイズが小さいため、ホイールを通して見える風景はすき間が大きく空いて、少々貧相に見える場合があります。(放熱性は良さそうですが)

これが口径の大きなブレンボキャリバーであれば、そのすき間の大部分は埋まり、さらに赤や黄色などビビッドな色のキャリパー&ブレンボのロゴもチラ見できて、ブランドをアピールするには十分。スカスカ感もなくなり見る人が見れば、ひとめで「ブレンボだ!こだわってる!」と分かってもらえることでオーナーの満足感もアップしますね。

 
ブレンボのブレーキキャリパーは新しいうちは赤や黄色の鮮やかさが目立ちますが、サーキットなどで全開走行を繰り返すと、カバー部分が焼けただれたような色になるそう。鮮やかさはないけれど、不思議な美しさを生み出すのもブレンボの魅力ですね。

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事